2008年03月03日

『チーム・バチスタの栄光』

奇跡と呼ばれるバチスタチームが立て続けに手術に失敗。
術中死は果たして殺人なのか?

バチスタチームの面子は個性的な役者かつ豊かなキャラクター設定なのに、中途半端な感じが否めないのは、キャラの描き方が浅いから。
それぞれをもう少し掘り下げないと、単なる紹介止まりで、犯人探しの結果が響いてこない。
残念。

敗因は、大いに竹内結子。
彼女がどうこうというよりは、原作では中年男性の医師をあえて若い女医にする意味が薄い。
ま、個人的に好きじゃないってこともあるが。
それでも「薔薇のない花屋」では見直してたんやけどなぁ。

期待しすぎたのか?


★★☆☆☆
posted by しがない物書き椿屋 at 00:33 | 京都 | Comment(13) | TrackBack(0) | アフターシアター
2008年03月02日

執事の秀逸なツッコミ

執事を四条通を歩いているときのこと。

ワタシ「あ、本屋行きたい」
執事「トイレか!」

確かに。
「トイレ行きたい」の音程で「本屋行きたい」って言うたな、いま。
と、妙に納得してしまった。
たまたま前方に書店の看板が見えたから口をついて出た言葉だったので、
それくらい自然(?)だったのだろう。

もちろん、執事は本屋につきあってくれました。

posted by しがない物書き椿屋 at 00:20 | 京都 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2008年03月01日

別名「場末もみ処コリトール」

仲間内では場末のもみ処コリトール(笑)と命名された
リラクゼーションを目的としたマッサージ店
『和み処 くをん』が3月6日にオープン。
なので、一足先にオープン祝いの酒盛りを。

うちの執事やら、デザイナーさんやら、友人やらで
3日でつぶしなや〜と乾杯する。
そう、ここ店主が友人。
しかも、この店主がマッサージ師になったのは
ワタシが人に頼まれて紹介したのがきっかけ。
そして今回の店舗に関してもデザイナーを引き合わせ、
今後、広告面でもバックアップをするとなれば……

「持つべきものはコネっていうか、ワタシよな!」
と、ワタシが友人に言うのも的を得ているというわけで(笑)
まあ、ここでもお店の紹介です。
このブログを見て訪れてくれはる方は、
「椿屋ブログ見て来ました〜」と言ってください。
そしたらきっと手心が…(笑)

200803012048000.jpg

中央がその友人。
ちなみに、左は弟子という名の友人で、出逢いはプーケット旅行。
右は、元同居人。



『和み処 くをん』
075・213・3809(予約優先)
京都市中京区堀川通四条上ル カステッロロッソ2F
10:00〜20:00(受付終了)
水曜定休


posted by しがない物書き椿屋 at 23:57 | 京都 | Comment(8) | TrackBack(0) | お知らせ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。