2008年04月30日

かわいいあの子が我が家へ!!

200805011237000.jpg

ええ、ええ。
世界の亀山モデルくんですとも。
シャアもびっくりの美しい赤!
でかすぎるか?と危ぶんだものの、
もう一回り大きくても大丈夫やったな、32型。

嗚呼……
これからは毎日これでドラマ&アニメが見られるのね。
なんて、しあわせ!!!




ちなみに、いまのツメはこちら↓

200805011240000.jpg

最近買ったオレンジのジャケット&サンダルに合わせて。
こういうの、いつのまにビタミンカラーって言うようになったのかしら?
タグ:ネイル
posted by しがない物書き椿屋 at 12:45 | 京都 ☁ | Comment(10) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2008年04月29日

『京都現世美術館』2008.5.1〜6

image.jpg

祇園・建仁寺山内南西「禅居庵」にて
今年のG.W.も開催される合同美術展。

お寺で芸術を愉しむ、をコンセプトとする
「京都現世美術館」では、
期間中さまざまなワークショップも企画されていて、
入場料500円で1日遊べる空間に。

わたしは執事と5日に行こうかな、と。
いろんな作家の作品が一度に見られてお得なだけでなく
観光地・祇園とは思えない静けさが心に沁みる展覧会なので。

個人的には、
イラストレーションの玉村升一氏の作品が気になるところ。

この連休、京都に来る予定のあるひとは
訪れてみてはいかがでしょう?



【開催期間】 5月1日(木) 〜 5月6日(火)
【展覧時間】 10:00 〜 18:00(入館は〜17:30)
【入場料金】 500円
【展示会場】 禅居庵 京都建仁寺境内南西

posted by しがない物書き椿屋 at 21:47 | 京都 | Comment(13) | TrackBack(0) | お知らせ
2008年04月28日

これ、な〜んだ。

200804242201000.jpg

答:茶碗蒸し

わたくし仕様の(笑)
どんぶりにたっぷりの茶碗蒸し、具はなし、上にのってるのは梅肉。
梅干と紫蘇を叩いて細かくしたものをど〜んとのっけていただく。
さっぱりとして、飲兵衛にはかなりオススメ!
出汁が勝負ですな。



posted by しがない物書き椿屋 at 22:22 | 京都 | Comment(21) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2008年04月27日

今春のドラマ&アニメ講釈

「被取締役(とりしまられやく)新入社員」

第1回ドラマ原作大賞受賞作。
安藤祐介原作。森山未來主演。

森山、いい。
彼に目をつけたのは「さよなら、小津先生」にて。
うん、やっぱりワタシの目に狂いはなかった。
と、確信。



「週刊真木よう子」

真木よう子、さすが舞台出身だけあってうまい。
個人的に好きな顔やし(笑)

テレビ大阪は映らんので、友人に毎週録画してもらっている。
そうしてでも見ようと思う程度には真木よう子がいい。




「バッテリー」

2回目数分で断念。
やっぱヘタな演技は我慢できひん。




「あまつき」

一迅社の漫画をアニメ化。
期待したよりはいい出来。
声優も違和感ないし。




「東京ゴーストトリップ」

冬水社の漫画をドラマ化。
サンテレビでの放映なので、これまた友人に録画を頼む。
初回と2話のDVDをもらったものの、未見。




「SPスペシャルアンコール特別編」

ご存知、連ドラ「SP」のスペシャル。
これは久しぶりに楽しめたドラマやったなぁ。
スペシャルは、新たに差し込まれたところだけ見て
あとは仕事しながらのBGM。

いまから映画が楽しみ。




「ロス:タイム:ライフ」

前クルーからのまたぎ。
これもなかなか。
基本的に、オムニバスが好きなのもあって。
ヨーロッパ企画の上田くんも脚本担当してたしね。

毎度の役者もそれぞれ味があって正解。
でも舞台化したのは、どうやろ。

個人的には、瑛太と大泉洋の回が好き。




「絶対彼氏」

はなから興味なし。
なぜなら、もこみちと相武が嫌いやから。
原作者も。

相武って、ポスト上戸って感じで出てきたのに
結局気づけば勝てへんまま進んでる感じ。
「アテンション・プリーズ」では同僚やったし。
意外と主役も張ってるのに、いまいちパッとせん。




「無理な恋愛」

初回10分程度でパス。
岡田の脚本、最近ハマらんくなってきたなぁ。
暑苦しいから?




「クリスタルブレイズ」

略して、クリブレ。
何気なく見たのに、予想以上に面白い。
主人公を三木眞一郎がやってるからってのもある(笑)




「ラスト・フレンズ」
略して、ラスフレ。
ドラマ好き仲間が褒めるから、頑張ってみたけど
やっぱり初回で息切れ。
長澤まさみがあかんからなぁ。
樹里はかわいいんやけどなぁ。
樹里は絶対いまの髪型にして正解!!
が、錦戸がケータイチェックするシーンで苛々して停止、そして消去。




「7人の弁護士」

前回で懲りた。
これは無理。




「剣客商売スペシャル 春の嵐」

ああ、安心して見られるわ〜。
連ドラも欠かさず見てたし、原作も全部読んでるので
何の問題もなく楽しめた。
やっぱいいなぁ、時代劇。




「Around40」

略して、アラフォー。
まだアラサーのワタシでもリアルな話(笑)

でもまあ、つくりは80年代バブルな感じ?
とはいえ、あの面子だからこそ見られる仕上がり。

ドラマ好き仲間曰く、
「将来に不安を感じる女のドラマ主題歌には必須なのかしら?
ってか、そーゆーのを見る世代のOLから共感得そうね。
程よく夢がある歌詞で。
みゆきじゃ身につまされちゃうし、ユーミンじゃバブリーな感じでムカつくし(笑)」
とのこと。
なるほど、納得。




「キミ犯人じゃないよね?」

貫地谷×要のコンビが意外といい。
ストーリー展開に斬新さがあるわけでなし、
目を引くような演出があるわけでもなし。
でもまあ、だらっと見るにはアリなドラマ。




「オトコマエ!」

時代劇ってだけでチェック。
これは、30分だからもつドラマ。




「トップセールス」

とりあえず初回は録ったものの、2回目から「ごくせん」とかぶったので、気づけばスルー。
意外と面白い、との話を聞いて少しばかり後悔。




「純情ロマンチカ」

ボーイズラブが大手を振ってアニメ化される時代がくるとは…。
いくら深夜放送とはいえ、なんとなく世も末な感じ(笑)
すごい好きな漫画なんで、うれしくないことはないが。
声優がちょっと違和感。
とくに攻めの。
あ、腐女子っぷりが表に出てますな(笑)

でも、初回のキスシーン見て、ちょっと胸きゅんした自分がこわい…




「いたずらなKiss」

まさか、この漫画のアニメ化がいまごろされるとは!
しかもアニメで決着がつくらしいし。
多田かおるの訃報聞いたときは叫んだなぁ。
ドラマもけっこう好きやったなぁ。
なんて、いろんな甘酸っぱい記憶が頭を過ぎった(笑)




「ホカベン」

初回見逃したら、ドラマ好き仲間がDVDに焼いてくれた!!
そして、わざわざ送ってくれた♪

どうしようかな、と思いつつ2回目を見て、まあ続くかなと。
北村一輝がビックリするくらいいい。
嫌いな役者なだけに驚きも倍増。
彼がいままでやった役の中でもダントツちゃうかしら。




「新・科捜研の女」

欠かさず見ているシリーズ。
手堅い。
安心して見られる。




「パズル」

若干、ダルいところもあるものの、概ねアリ。
いまのところは。
そのうち、早送りしながら見そう(笑)




「ROOKIES」

原作は好きやけど…どうするべ、と思っていたら
「オトコマエ!」とかぶったのでパス。

役者の割には、残念な感じっぽい。




「×××HOLiC◆継」

CLAMP原作「×××HOLiC」の続編。
やっぱ、いい。
声優も、いい。




「猟奇的な彼女」

一応、と思って録ったものの、田中麗奈が電車で吐いたくらいで断念。
って、数分やけど(笑)
やはり、剛があかんかった…。

映画は面白かったから、ちょっと期待したけど、見事粉砕。




「図書館戦争」

有川浩原作のアニメ化。
月刊LaLaで連載中の漫画もいいし、アニメもいい。
さすが“ノイタミナ”枠の作品だけはある。
信頼度が高い。

※“ノイタミナ”とは、アニメーション(animation)を逆読みしたもので、「連ドラを見るように大人が楽しめるアニメを」というコンセプトでアニメの常識を覆す作品づくりを行っている放送枠の名称。




「おせん」

初回、録画ミス。
痛恨!!

蒼井優好きとしては、要チェック作品。
しかも、毎回キモノもかわいいしね☆

サイトの「おせん流着道楽」というコーナーは見逃せない!




「ごくせん」

毎度のことながら、ベタい展開。
とはいえ、脇が堅いので安心して見てられる。
でも、シリーズを重ねるごとに生徒役の質は落ちるな。

個人的には、最初の松潤とヤンクミの微妙な関係が好きやったからなぁ。

あ、放送後からアップされるサイトでの「スピンオフ」が意外とおもろい。
最近、こういう連動ほんま多いねぇ。




「二十面相の娘」

これも“ノイタミナ”枠のアニメ作品。
初回、様子見。
これからに期待。




「瞳」

「ちりとてちん」で毎朝15分の習慣(とはいえ、録画だけども)がついたので、
引き続き見ている朝ドラ。

榮倉どうよ、と思っていたものの
見続けていると段々かわいく見えてくるのが朝ドラマジック。
いや、改めて静画見たらふつ〜やけどね(笑)




嗚呼、疲れた……(苦笑)

posted by しがない物書き椿屋 at 23:00 | 京都 | Comment(26) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2008年04月26日

今月前半の覚書

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

「石油!」(アプトン・シンクレア著)を脚色した作品。
石油採掘によって富と権力を手に入れた山師の破滅的な人生を描く。

全米では、公開と同時に
『市民ケーン』『ジャイアンツ』と並ぶ古典的名作
と、絶賛されたのだとか。

4.26〜全国順次ロードショー。

★★☆☆☆




『ハンティング・パーティ』

国連にもCIAにも捕えられない重要戦争犯罪人への取材に挑んだ
たった3人のジャーナリストたちの奮闘を描くこの作品、
「エスクアイア」誌に掲載された驚愕の実話を下敷きにする。

注目すべきは、リチャード・ギア!
甘いマスクの気障男が似合う彼だが、
今回はかつて戦場リポーターとして頂点にいながら
とある事件をきっかけに破滅し、どん底でもがき
何とか再起を図ろうとする主人公を演じている。

個人的には、『愛と青春の旅だち』でクラっときたが
こういう泥臭い役も意外とハマるな、としみじみ。

5.10〜ロードショー。

★★★★☆




『P2』

久しぶりに、さぶいぼ(鳥肌)出るホラー映画を観た。

ひとりだけの残業。
深夜の地下駐車場。
P2とは、地下2階駐車場のことだ。
そこを舞台に、若い女性が誘拐・監禁され
いかに生き延びるかというリアル・サスペンス。

生々しいストーカーの狂気。
迫り来る死の恐怖。
叫べども届かない声。
携帯電話も圏外の密室。

そして、何より背筋がぞくりとするのは
一切の言葉が通じないという現実。
同じ言語を使っているのに。
言葉がすれ違っていく。
彼女懇願は聞き届けられず、
自分の想いを成就させようとする犯人。
そこに生まれる齟齬こそが、真の恐怖を突きつける。

この作品、日本のホラー映画監督にこそ見せつけたい。
中田秀夫が支持されているうちは日本のホラー映画界に未来はない。

5.10〜全国順次ロードショー。

★★★★★




『ラスベガスをぶっつぶせ』

圧倒的な数学力を誇るMITの学生がチームを組んで
ラスベガスで人生を切り開いた実話を映画化。

ある教授のもとでBJ(ブラックジャック)の必勝法を編み出した
MITの選ばれた学生たちが、卓越したその頭脳を持ってして
隙のないチームワークでラスベガスの攻略に挑戦する。

数学の天才VSラスベガス。
その勝敗や、いかに!?

頭いいって素晴らしい才能。
それをただ学校のテストだけでなく、使いこなせることこそが
本当の才能なんだとつくづく思わされる作品。

ハラハラドキドキしつつも、最後はスカッ!と爽快。
エンターテインメントってこういうこと。

5.31〜ロードショー。

★★★★☆




『王妃の紋章』

ビバ!コン・リー。
この映画は彼女のためのもの。

絢爛豪華な宮殿の美術力だけでも観るに値する作品だが、
そこに渦巻く人々の愛憎こそがもっとも気高く、美しく、毒々しい。

チャン・イーモウ、やってくれる。
この映画における彼の最大の功績は
王妃役にコン・リーを選んだこと。
これに尽きる。

★★★★☆




『モンゴル』

浅野忠信主演の、話題の?映画。

壮大。
自由。
プライド。
愛。
仲間。
壮絶。
命。

そういったものがリアルに描かれている。
のに、
何か足りない。
でもそれが何か、ピタリとはまる言葉が見つからない。

悪くなかったんやけど…。
けど、何?って感じ。

何やろなぁ。

★★☆☆☆




『クロサギ』

ご存知、連ドラの映画版。
相変わらず、堀北はワタシをイラッとさせる。
ドラマの決着が映画で着くのかと思って
まあ、1000円やしと観に行ったものの。
まだ引っ張るのか?ってラストに脱力。
もうええけどねぇ。

連ドラのときも思ってたけど、
なんでみんなあの変装に騙される?
どっからどう見たって、山Pやん!
一般人でももう少しうまく化けるんじゃね?

至近距離で話もしてて気づかないって相当間抜け。
本作の場合、最大の間抜け者は竹中直人。

常に舞台口調、舞台芝居の大地真央に苦笑。
板の上だといい役者なんやけどなぁ。
映画やとやっぱ大振りすぎるねんなぁ。残念。

テレビのスペシャルドラマならなんら問題なし。

★☆☆☆☆



posted by しがない物書き椿屋 at 22:52 | 京都 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | アフターシアター
2008年04月25日

4/24OPEN!「リストランテ ラ・リサータ」

image.jpg

ホテルグランヴィア京都15階に
新たにオープンしたイタリアンリストランテ。
「ラ・リサータ」では、
最近流行りの和風テイストな〜というのではなく
本場イタリアの味・手法に注目した料理を提供。
本格派志向のイタリアン好きにオススメ。

イタリアで修行を積んだという「パスタのスペシャリスト」と呼ばれるシェフは、なんと100種類もの手打ちパスタのレパートリーを持ち、随時5〜6種類の打ち立てが食べられるのが目玉。
さらには、国際カフェテイスティング協会公認のバリスタ(この資格、現在日本では11人しか持ってないらしく、そのうち3人が京都にいるのだとか。ちなみに、同店に女性2人。もうひとりは、彼女たちの師匠でもある京都三条・小川珈琲のスタッフで、近頃行われた日本大会で2位になった男性…豆知識でした♪)が入れるエスプレッソもご自慢。

パーテーションで区切ればプチパーティも可能だし、
夜景を眺めながら食事ができるエリアにはカップル席も。
まあ、なによりアクセス良好なので
京都駅で食べるものに困ったら、意外と重宝かも。

200804211549000.jpg

写真は、レセプションでいただいた
「豚肉と春キャベツのタリアテッレ」。

「ホロホロ鳥の菜の花とアンチョビー詰めロースト、ローズマリー風味のソース」もめっちゃ美味しかったけど、写真撮るの忘れた。
粗相です。

posted by しがない物書き椿屋 at 12:15 | 京都 ☀ | Comment(15) | TrackBack(0) | お知らせ
2008年04月24日

マリィと酒盛り

ちょくちょく登場する、マリィ
広島出身、デザイナーでもありレポーターでもあり。
おもろいブログの持ち主でもあり。

出会いは3年前のフリーペーパー取材。
あまりにナイス☆キャラだったので、まあ口説きました(笑)
そしたら、気づけば3年!はや3年!!

ときどき、仕事を頼んだりもしつつ、
ときには、酒盛りに出かけたり。

近所に沖縄料理の店が出来たら行こうぜ〜と誘っておきながら
いざ行ったら定休日だったという…調べとけよ!って話ですわ。

で、急遽、これまた近所の居酒屋へ。
前に行ったとき「からすみ」が絶品やったのが印象的で
もう一回行ってみたいなと思っていた店。

200804231927000.jpg

剣先いかのお造りに、生うに舟盛りで。

200804232006000.jpg

豚肉と新キャベツの炒めもんなんかも。
この時季、キャベツはほんま美味しいねぇ。
味噌汁に入れてもいいし、焼きそばに使ってもええし、
コンソメでスープにしても合うし、浅漬けでもありやし、
すだちポン酢で食べてもいい箸休めやし。

200804231703000.jpg

夕方、仕事で歩いていた祇園にて。
新緑に惹かれて写メる。

新緑と深緑は、
似ているようで全く違う魅力を放っていると
常々思う。
優劣つけがたい美しさ。
posted by しがない物書き椿屋 at 00:10 | 京都 ☔ | Comment(16) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2008年04月23日

昨夜の酒盛り面子

なかなか予定が合わなかった女子3人。
やっと酒盛りが実現する。


200804222251000.jpg

関西では超有名!某料理専門雑誌の編集者
のんべえで日々へべれけで新婚さん♪
この日の店セレクトは彼女に一任。

200804222252000.jpg

もうひとりもこれまたのんべえなライターさん。
テレビ関係の仕事も多く、ワタシとは「おは朝」つながり。
そしたら実は、このふたりが4年ほど前に一度会っていたという!
いや〜、ほんま世間は狭いですな。

200804222252001.jpg

急遽、お呼び立てしたオジサマ☆
「ボトルキープの焼酎呑んでもええよ〜」とのことで
女子3人で遠慮なくいただいていたのだが、
「せっかくやし呼ぼっか♪」ということになった。
そしたら、ほんとに来てくれはりました(笑)
フットワーク軽い!ステキ!!

で、また新たにレアな焼酎をご馳走になりました〜。
いや〜、へべれけつながりってほんま面白いですな。


というわけで。
料理の写真はありません。
あしからず。

posted by しがない物書き椿屋 at 14:08 | 京都 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2008年04月22日

「食いすぎたら胸焼けするで」

と、もっぴ〜から注意されたのは
北海道土産でくれた「ROYCE」の
ポテトチップチョコレートについて。

200804231822000.jpg

ヨメ経由で確かに受け取った。
ちなみに、モルディブ土産はマンゴーチョコでした。

…そんなにチョコに飢えてるように見えるのかしら?(笑)

posted by しがない物書き椿屋 at 18:38 | 京都 ☁ | Comment(11) | TrackBack(0) | 外から
2008年04月21日

季節ごとに行きたくなるフレンチレストランがある。

先週行ったものの、すっかり放置していたネタ。


200804171931000.jpg

12時から時計回りに。

カリフラワーのムース、北海道羅臼産の雲丹を添えて。
富山産白海老の天ぷら。
ほうじ茶でスモークした穴子。
鳥貝とうるいの胡麻酢和え。
小鯛のささ漬け。

200804172135000.jpg

手前から。

ルビーグレープフルーツとパパイヤのゼリー。
ほうじ茶のケーキ。
苺の焼き菓子。
ヨーグルトのシャーベット、フランボワーズソースがけ。



祇園にある京懐石のテイストがベースになったフレンチがいただける
「レストラン 田むら」は月1とは言わずとも
季節が変われば訪れたくなる1軒。
(詳細データはリンク先HP参照のこと)


posted by しがない物書き椿屋 at 21:27 | 京都 | Comment(20) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2008年04月20日

粟津温泉に来てます。

200804201111000.jpg200804201130000.jpg

本日、6時出発で粟津へ。
「恋人の聖地」の名に相応しい温泉街で、カップルに突撃インタビュー中!

お昼ごはんは、名物「弁慶そば」を食べる。
あったかい生そばに、7種の薬味(大根おろし、かまぼこ、鰹節、ネギ、ほうれん草、錦糸玉子)を好みで投入していただくスタイル。
あっさりした出汁が美味しくて、完飲。



ちなみに、昨夜は……

200804192237000.jpg200804191943000.jpg

椿屋執事の生誕を祝う会であった。
翌朝のため、涙を飲んで早めに帰宅。
といっても、1時くらいだったけども。



さらに

200804201302000.jpg

一緒に行ってたカメラマンさん、公園の遊具に夢中の図↑(笑)


タグ:粟津温泉
posted by しがない物書き椿屋 at 11:45 | Comment(27) | TrackBack(0) | しごと帖
2008年04月17日

『都をどり』

200804171637000.jpg

京都に移り住んで8年。
はじめての都をどり

知人にチケットを手配していただいたので
観劇前にお茶&菓子を頂戴する。

200804171640000.jpg

今年は「源氏物語千年紀」にちなんで
春からはじまって夏、秋、冬、そして春と
舞台はテンポよく様変わりしていく。
個人的には夏の「夕顔」の一幕が好み。
芸妓さんの着物も夕顔柄に源氏香の帯で素敵でした♪

他の花街のをどりも観てみたいところ。
タグ:都をどり
posted by しがない物書き椿屋 at 17:58 | 京都 ☁ | Comment(24) | TrackBack(0) | アフターシアター
2008年04月15日

恰好いい午後のひととき

image.jpg
遅めのランチをいただいたガーデンレストランにて。
店内の禁煙席から見える場所で、ひとりの女性が食事中。
ざっと50オーバーで、あったかいとはいえノースリ。煙草をぷかりぷかり喫みながら、グラスビールで一息。見るからに、ひとりの食事とゆるやかな時間の過ごし方に慣れている様子。
ときどき料理をつまみながら、気づけば新たなビールがテーブルに。

ええなぁ。
優雅で自堕落な午後が似合うオトナになりたいものだ。

店員を呼ぶのに軽く手を挙げる仕草も様になっている。
posted by しがない物書き椿屋 at 15:25 | 京都 | Comment(10) | TrackBack(0) | 外から
2008年04月14日

お世話になってます、KBS京都。

とはいっても、仕事ではない。
アニメだ。

今春から、何かと深夜アニメがアツイ。
いまアニマックスに加入したいのを泣く泣く我慢している身としては、ありがたい限り。
テレ東もアニメには強いが、テレ大が映らないため涙を飲んで耐えている身としては、
ほんまにありがたい。

あと、サンテレビ。
こちらも深夜アニメをチェケラ!
これは神戸の友人に録画を頼み、テレ大の「週間真木よう子」は大阪の友人に録画を頼み、WOWOW初の連ドラは京都の友人に録画を頼み、残りは我が家のHDDがフル活動中。

連ドラは初回必ずチェックするのが習慣なので
4月はなにかと忙しい時季なのである。



ちなみに、いまのツメ↓ テーマは「葉桜」
200804142207000.jpg
posted by しがない物書き椿屋 at 22:41 | 京都 ☀ | Comment(19) | TrackBack(0) | 外から
2008年04月12日

たまには暢気な昼下がりを

御所で花見。
枝垂桜が満開♪

200804121459000.jpg

みんなで食べもの持ち寄って、桜の下に陣取って
ポカポカ陽気の中でのんび〜りお昼ごはん。

200804121229000.jpg


陽が傾きかけると風が寒くなってきたので
近くのカフェに移動してガールズトークに熱中。

18時すぎに解散して、ワタシはチャリで西陣へ。
写真家・石川奈都子嬢の個展「さくらのしつらい展」を拝見。

image.jpg
見惚れた2種類のポストカードを2枚ずつ購入♪



その後、友人と合流して円町のお気に入りイタリアンへ。

200804122011000.jpg

モッツァレラとキッシュ。
紅茶スモーク鴨とか、ピクルス&セロリのマリネとか。

200804122013000.jpg

必須オーダー、アンチョビトースト。
絶品。

200804122124000.jpg

「野菜いっぱいのリゾット食べたい♪」と頼んでみたり。

200804122140000.jpg

「ケチャップあるならナポリタンつくって〜」とお願いしたり。
(運がよければありつける裏メニューなり)

200804122209001.jpg

デザートは、いちごのジェラート&パンナコッタ!
ここのパンナコッタはほんまに美味。
スプーンを弾くくらいの弾力がたまりません。

いや〜、しあわせなひとときでした。
posted by しがない物書き椿屋 at 23:38 | 京都 ☔ | Comment(24) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2008年04月11日

大事件

というタイトルで、メールが届く。

開いてみると、
「昨日の朝起きたら車がありませんでした。(-_-#)」

なぬexclamation&question

起きぬけやったし、目ぇ覚めたわあせあせ(飛び散る汗)

「[警官]に来てもらって」

絵文字って、どれが互換性あるのかないのか
ときどき分からなくなるのは、まあ納得。
しかし、〓(ゲタ)はくんじゃなく文字でフォローしてくれるって親切やな。

「腹立たしいし悔しいやらショックから立ち直れない 落ち込んでる二日目です(∋_∈)」

二日目かいっexclamation×2



クルマは新しい方ので、保険に入ってなかったから
どうにもならんみたいですな。
運が悪いでは片付けられない憤り。

そういえば、
先日某TV局のディレクターが遅刻。
訳を聞けば、ガレージに停めていたクルマのタイヤが4つともなくなっていたのだとか!
しかも、ご丁寧にブロックがかませてあって、見事にバランスをとっていたらしい(笑)
明らかにプロの犯行。
すごいと感心していいものか……。

posted by しがない物書き椿屋 at 17:55 | 京都 ☀ | Comment(13) | TrackBack(0) | 母ミキヨ
2008年04月10日

劇団四季インタビュー

本日は、『ウェストサイド物語』を観劇した後、
同ミュージカルに出演中の「団こと葉」さんのインタビュー。

前作『コンタクト』で気になっていた役者さんで
『ウェストサイド物語』でも物語の鍵ともなる人物を演じている。
手足がすら〜りと長く、8歳からやっているダンスも上手で、
不思議と目を引く存在感を醸し出しているひと。
ついつい目で追ってしまうんよねぇ。かわいいし(笑)

そういう役者さんと直にお会いできるのは
この仕事の役得なところ。
板(舞台)を降りた役者さんたちの素顔が垣間見られると
仕事だというのに、ただのミーハーになってしまいそうで
慌てて気を引き締めたり、引き締められなかったり?

楽屋への移動中、エレベーターの前で
オットコマエな役者さんとすれ違って
テンショングッド(上向き矢印)とか(笑)

ちなみにこのインタビューの記事は
5月1日発売『京都CF!』に掲載されます。
もっぴ〜のコラムと一緒にぜひぜひご覧になってくださいませ!





200804092231000.jpg

写真は昨日いただいた、桜海老の釜飯。
静岡産の新鮮桜海老は甘くて香り高くて、美味でしたぴかぴか(新しい)
タグ:劇団四季
posted by しがない物書き椿屋 at 22:05 | 京都 ☔ | Comment(27) | TrackBack(0) | お知らせ
2008年04月09日

手慰み 第二弾

image.jpg
牛に豹にワニ。
その他、虎に象にキリンなど。
動物園も任せとけ!(笑)
posted by しがない物書き椿屋 at 01:45 | 京都 ☁ | Comment(20) | TrackBack(0) | 外から
2008年04月08日

手慰みに

image.jpg
深夜に友人と折り紙(笑)
ワタシ、けっこう器用ですな。母ミキヨ譲りですから(笑)
posted by しがない物書き椿屋 at 02:04 | 京都 ☔ | Comment(13) | TrackBack(0) | 外から
2008年04月06日

オンナ花見 in 宇治

オンナ5人で花見。
つながりは、とある専門塾の事務仕事。
本業で食べられなかったときにバイトしていたところで、
元同居人ともその仕事場で出会ってシェアすることに。

いまや、大学院生、デザイナー、小学校教諭、
マリンバ&パーカッション奏者、しがないモノ書きと
立場もさまざまになったものの、不思議と縁は持続。

200804061556000.jpg


三室戸に最近できたイタリアンでランチをして、
ぷらぷら平等院まで移動して、
中村藤吉でティータイム。

200804061409000.jpg

「生茶ぜりぃ」、ぷるっぷるで美味でした♪
タグ:宇治
posted by しがない物書き椿屋 at 18:43 | 京都 ☀ | Comment(23) | TrackBack(0) | 外から
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。