2014年08月31日

6000マイルでフリーパス!

念願の1ヶ月フリーパスをやっと手に入れた。

DSC_1228.JPG

まずは、仮パスを発行してもらい、
映画を観ている間にラミネート加工されたパスが出来上がってきた。

1409392663666.jpg

TOHOシネマズで公開される映画を制覇する!くらいの勢いで
早くも昨日2本、今日も2本☆
さて、一月で何本観られるでしょうか?
posted by しがない物書き椿屋 at 11:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | アフターシアター
2014年08月14日

夏の東北旅 3日目

(昼間、投稿をクリックしたら全部消えて折れた心を立て直して…)
最終日。
朝、ホテルまで迎えに来てくれた友だちの車に乗り込んで
まずは、目当ての盛岡の城跡へ。城壁ラブ☆

DSC_1023.JPG

すっかり公園と化してはいたものの、緑が多くて和む。
広場では間近に迫る「さんさ踊り」の練習風景も。
しばし見入ってしまう。

DSC_1017.JPG

園内を散策して、お腹を空かせねば!

DSC_1012.JPG

なぜなら、人生一度きりかもということで
わんこそばに挑戦しようと目論んでいたから。
有名店なので、けっこうな賑わい。

DSC_1024.JPG

かなりの数のスタッフが忙しそうに働いていて
うちの担当になったお姉さんは
隣の家族連れの若いパパと一緒に3人に
せっせとそばを放り込んでくれる。
「はい、じゃんじゃん」「がんばってー」という掛け声に励まされ
とにかく噛まずに飲み込む。

DSC_1032.JPG

そばは食べ放題。
15杯で約一人前、女性の平均は30〜40杯だと言われ、
昨日の寿司屋でも男性でも50いったらいい方だと聞かされるも、
100杯超えたら手形をくれるっていうから
やんわりヤル気を出して挑む。
60杯くらいは余裕だったので、こりゃいけるか?と思ってたら
落とし穴は、豊富な薬味たち。

DSC_1028.JPG

単調になりがちな味を変えるため
ついつい手を出してしまう。
と、お腹が膨れていくという落とし穴!
80すぎたくらいから、唸りつつ闘ってましたよ。
先に100杯を達成したのは、隣の若パパ。
次になんとかワタシがゴール。
専属となったお姉さんに応援されながら
同行者も同じく101杯を完食☆

DSC_1033.JPG

そばは味がついていて、
溜まっていく汁は桶に捨てながら食べる。
もう無理!ってなったら、さっと蓋を閉めるのがルール。
まあ、100超えたらお姉さんも笑顔で様子を伺ってくれますけどね(笑)
こうやって机に椀を積み重ねて数えてくれるのが主流だが、
少し安いメニューだと自分で数えるシステムになってる。
せっかくなので、もちろん数えてもらいましたよ♪

20140726_135347.jpg

食後は、文学の香りを求めて
宮沢賢治ゆかりのスポットへ。

DSC_1038.JPG

風情ある空間にはカフェやら雑貨店やら。

DSC_1036.JPG

ゆったりした時間の流れの中、のど元までそばに埋もれるティータイム。

DSC_1039.JPG

そこから、同行者の希望で小岩井牧場

DSC_1043.JPG

同行者は牛舎まで探検に行ってたが、
ワタシの目当てはソフトクリームのみ。
あと、荒川弘著「百姓貴族」で知ったレトロなサイロを見られて満足。

DSC_1040.JPG

臭いに降参してとっとと車に戻って涼んでましたよ。
一日、岩手を満喫してあとは空港まで新幹線で移動するのみ。

DSC_1045.JPG

そうそう、前回の出張帰りに花巻空港で買った
南部鉄の急須はとっても重宝!
同行者にも薦めたのに、「重いっスよ」と拒否された(笑)

DSC_1044.JPG

なので、記念撮影のみ。
(おわり)
posted by しがない物書き椿屋 at 20:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ紀行

夏の東北旅 2日目

朝から岩手へ移動。
通勤・通学の時間帯に
向かい合う席でもないのに
駅弁食べる旅の恥はかき捨て二人組。

DSC_0995.JPG

大船渡に住む友だちが迎えにきてくれて
まずは、楽しみにしていたジンギスカンを求めて遠野へ。

DSC_0996.JPG

運転手の友に許可取って、昼ビア☆

DSC_0998.JPG

民族学スキーなワタシのリクエストで
「とおの物語の館」へも寄り道。

岩手に来たからには……と

DSC_0999.JPG

奇跡の一本松も遠目から拝見。
んー、これレプリカなのよねぇ。
なんでも1億くらいかかってるんだとか。
保存プロジェクトには賛否両論あるでしょうが……
瓦礫と化した建物もそのままやったり
そのモニュメント化にも様々な意見があるでしょうし。
なかなか複雑な問題があって、
現地だからこそ口に出せないこともあって、
復興の難しさを目の当たりにする。

車内でいろいろ語り合い、
メインイベントでもある寿司屋へ。
行く前に、ホテルにチェックイン!
その名も「ホテル椿」☆
小上がりの和室がついたツインルームで快適でした♪

ほっと一息つきながら、
仙台と水沢で買っておいたご当地フォルムカード
せっせと暑中見舞を書く。
(どうせなら岩手の消印で出したいけど、酔っ払うと書けないのでいまのうち!)

DSC_1010.JPG

ロビーに来たお迎えの車で、友だち夫婦のおすすめ店へ。

DSC_1001.JPG

この寿司屋さんも津波で店舗が流されたので
この仮設で営業されているとのこと。

DSC_1009.JPG

壁一面に手書きのメニュー。
日本酒も東北の酒蔵を中心に、かなり豊富。
あれこれ試してみて、ほろ酔いに。

口開いたばっかの雲丹がもー!美味しくてもー!

DSC_1003.JPG

あと、衝撃的だったのはこはだのガリ巻き。

DSC_1004.JPG

ほかにも、東北ならでの食材も堪能して
もちろん〆は握ってもらって。
いやー、食った食った。
(つづく)
posted by しがない物書き椿屋 at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行

夏の東北旅 1日目

北海道へ向かう関空で、激安ピーチを予約して
2泊3日の東北へ行ってから早3週間。
お盆休みに、旅を振り返っておきましょ。

早朝のフライトゆえ(安いから!)
交通手段がなく、MKが我が家に来たのは
なんと3時50分!!!
前日の夜中までカラオケ行ってたので
睡眠時間1時間、起きてシャワー浴びて
スッピン&メガネで車に乗り込んだら
途中のPAで水買おうとした自販機の前で
危うくマーライオンになるところでしたよ。
トイレが広くてきれいでよかった……。

そんなこんなで、仙台に着いて真っ先に向かったのは仙台朝市

DSC_0971.JPG

ネットによれば(便利な世の中!)
地元の人たちが集う市場で、海鮮丼が食べられるとのこと。
まぐろ丼500円。
味噌汁がカラの胃袋に沁みたわ。

それから、一番の目的である城跡へ。

DSC_0976.JPG

戦国BASARAの影響で、渋い銅像でさえも
中井voiceで脳内妄想(笑)
↑分かる人だけ共感してください。

そこから、日本三景「松島」へ。
(これで三景制覇!)

DSC_0982.JPG

遊覧船に乗っちゃったりして。
約50分の優雅なひととき。
+600円払って、2階グリーン席へグレードアップ☆
大人ですもの。
下船してからは、歩いて「五大堂」まで。

DSC_0984.JPG

すけすけの板張りの橋がこえーこえー。
透かし橋というらしく、なんでも縁結び橋だとか。
ほんまかいな。
戻ってきてからは、牡蠣焼きで一杯。
このあたりからビールが旨く感じられる。

DSC_0985.JPG

この後、ソフトクリームやせんべい、笹かまなど
寄り道しまくって、約7分の道を1時間かけて駅まで戻る。

えっちらおっちら鈍行で仙台駅まで帰って、チェックイン。
夜は、ホテルすぐのお店で目当ての牛タン!!!

DSC_0991.JPG

DSC_0994.JPG

テールスープも美味であった。
欲張ってあれこれ頼んで、のどまで肉詰まらせつつ
ホテルに辿り着いたら、寝落ちしたのは言うまでもない。
(つづく)
posted by しがない物書き椿屋 at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行