2009年02月11日

泥棒の片棒は担がぬように…

ちょくちょくおもろメールを送ってくる母ミキヨ。

先日のメール。
「崖の上のポニョ友達に焼いて貰って来て 先程見たら 二人程人が横切った。これどカイドク版わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)画面が小さくて見にくかったわわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)疲れた。」

いやいやいや、あかんから。
まさか、こんな身近なところで映画泥棒の恩恵に与っている者がいようとは。

映画くらいレンタルしたらええがな、と返すと

「まだレンタルしたことが無いけど これから考えるわわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)またね」

ときたもんだ。


みなさん、
「NO MORE 映画泥棒」で、お願いします。

posted by しがない物書き椿屋 at 19:04 | Comment(5) | TrackBack(0) | 母ミキヨ
この記事へのコメント
カイドク版(笑)撲滅の黒い涙の女の子は、子供が泣くと言う理由で、今のビデオマン(テーマ曲:でででででででででの人)に移行しましたが、ビデオマンは宴会芸の物まねで重宝がられているようだ。ビデオマンから、ピクサーの電気スタンドに物まねが移ればカンペキです(笑)
昔は映画と言えば、ライオンが吠えとったものですが…
Posted by 大河屋朝虎 at 2009年02月12日 21:07
最初の“崖の上のポニョ友達に焼いて貰って来て・・・”ってところを読んで、ある種の魚をポニョと呼んでらっしゃるのかと思いました!こないだの鯛の映像が頭にポンと浮かびましたよー。
DVDに焼いたってことですね。失礼いたしました。^^;;
Posted by riccio at 2009年02月12日 23:36
お〜!「ブルータス!お前もか!!」という気分でしょうか?即の対処、お疲れ様でございます。
「カイドク版…」ってあたり悪気がのうございますな。まるで“ポニョ”が暗号であるかのようですね。かわいいけど…ですな。
Posted by りんご at 2009年02月13日 01:40
おっと!
解毒版とはここは東南アジアですかってか!?
なかなか無いですよスクリーンの前人が横切っているようなレア物、、、。
なかなか見事に消費されつくしてますな。
崖っぷち。

Posted by ミック兄さん at 2009年02月13日 04:53
>大河屋朝虎さま
あの、でででででででででの人は初回かなりのインパクトでしたがね。
意図としては、黒い涙の方が伝わると思うのですが。
ちなみに、いまでもときどきライオンが吠えてますよ〜。


>riccioさま
どんな魚か興味あります(笑)
うちの母ミキヨが、「CD(DVD)に焼く」という表現を知っていたことに驚きです……


>りんごさま
そう、なぜそこがカタカナでしかも間違える?!と(笑)
しかもこんなおいしい間違え方…敵いません。


>ミック兄さんさま
まあ、確かにある意味レアもの…。
昨今、解毒版もクオリティが上がってますから。
さすが、崖!というべきか(笑)

Posted by 涼 at 2009年02月13日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック