2009年04月11日

ふたりイチゴ祭

NEC_0101.jpgNEC_0103.jpg

友人Yの「ひとりイチゴ祭」予選を勝ち抜いたさまざまなイチゴがテーブルにどどーん!!

熊本から、
さがほのか
ひのしずく
つよのか

長崎から、
さちのか

博多から、
あまおう(←一番食べ慣れた味!)

奈良から、
ゆめのか

香川から、
さぬきひめ


ワタシ的、優秀賞は「さぬきひめ」!!
まあ、時季的なものから九州勢を押し退けたのかも。
ちなみに、イチゴにはシャンパン、という分かりやすい某映画での刷り込みもあり、先日差し入れとしていただいたモエ様を持参。

そして、後半は味に飽きないようにと、チョコフォンデュも用意されていて感激☆

残りはジャムにしてお裾分けしていただく話になったものの、ほぼ完食してしまったので、まあ仕入れに行ってくれるとか。
くくく、楽しみ♪


金額的には決して高額ではないものの、出費の何倍もの精神的贅沢さ!
愉快なお祭りでしたー。
posted by しがない物書き椿屋 at 01:33 | Comment(5) | TrackBack(0) | 外から
この記事へのコメント
なかなか楽しい祭ですね〜そんなに種類がでてるんですね。友人の実家が苺農家で「さがほのか」「紅ほっぺ」というのを作ってます。いつも安く分けていただいております。たくさんの苺に囲まれるとなんか幸せ〜な気分になりますよね
Posted by しっか at 2009年04月11日 06:40
苺って 幸せになれますよねぇぇぇ。
「さぬきひめ」は知りませんでした。
ジャムには 何の苺が最適かしらん?

苺も甘く大きくなりましたよねぇ。
昔は すっぱくて 練乳をかけないと食べられませんでした。
  それを言うなら
  グレープフルーツかて 砂糖なしでは……
Posted by 京 at 2009年04月11日 11:05
たくさんのイチゴ。おいしそうです。必要分のビタミンをとるには一日3コでいいそうです。果物は天然のお菓子。ついつい食べ過ぎてしまうのが世の常、人の常・・・。
Posted by アンジェラベネット at 2009年04月11日 22:06
>しっかさま
「紅ほっぺ」?!
それは初耳です。
うわー、気になる!!


>京さま
ほんまですよね〜。
あの真っ赤な色と、つぶつぶと、カタチ。
すべてがかわいい☆
そして、美味しい!!

確かに、昔はイチゴには練乳、グレープフルーツには砂糖でした。
いまや、そんなことしたら、甘くて食べられません……


>アンジェラベネットさま
とっても楽しいひとときでした♪
ただ、7種類もあると、だんだんどれも同じ味になってきますが(笑)
Posted by 涼 at 2009年04月12日 16:55
「だんだんどれも同じ味になってくる」とのこと、大変正直な感想ですね。ひとりで笑ってしまいました。面白かったです。人間の味覚の限界。分かった気がします。だから工夫が必要であり、調理や料理の必要性が出てきたのでしょう(ひとりで納得)。
Posted by アンジェラベネット at 2009年04月12日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。