2009年09月04日

甘辛い幸せ

200909032014000.jpg

最近、気に入っている飴ちゃん。

「うどんや風一夜薬本舗」の生姜飴。
なんでうでん屋で風邪薬?と思うけども、風邪をひいたらうどん屋へ駆け込んだなにわ文化があるようで。
風邪の早期治療には、熱々のうどんを食べて、薬を飲んで一晩ぐっすり眠るんが一番。
その考えから、戦前、風邪薬がうどん屋で売られていたんだとか。
ちなみに、この薬は「二十四の瞳」にも描かれている。

風邪予防にはもちろん、暑気祓いにも役立つ生姜の旨味と辛さが練り込まれた「辛味絶佳」は、ジンジャラー(生姜好き)にも満足できる逸品!
ちなみに、漢方では「ショウキョウ」と呼ばれ、重要な原料とされる生姜は、魔除けや厄除けとしても重用されてたらしい。
posted by しがない物書き椿屋 at 19:48 | Comment(7) | TrackBack(0) | 外から
この記事へのコメント
生姜の飴ですか…初めて見ましたよ。生姜湯は冬場に何回か飲みますが…生姜って体を温める効果があるから飴でも少しは熱くなるのかな?お菓子に生姜味ってあまり無いですよね?山葵味のポテチはもう定番になってますが、生姜味のってあまり見当たらない。涼さんなら意外な物知っていそうな気がしますが、どうでしょう?
Posted by 柚 at 2009年09月04日 20:45
うどん屋生姜飴ですね!
先日、奈良町の某漢方薬店で「中辛」を買いました。一つ食べるだけで旅の疲れが軽くなるような辛ウマでしたよ。
九州では見かけないから今度は取り寄せしようかなぁ、とか思っています。
で、絶佳の方のヒリヒリ感はどの位のものでしょうか?ビビリなものでちょっと手が出ませんでした(笑)
Posted by ともぞお@天草 at 2009年09月04日 21:22
うちの母親(神戸出身)が小さい頃、
冬、うどん屋さんでうどんの出前を頼むと
どんぶりの上にかぶせてある木の蓋の上に
三角の小袋に入った七味をはさんだ割り箸と
風邪薬の包みがのせられていたんですって!
Posted by みやび at 2009年09月04日 23:30
やっぱ関西人は飴「ちゃん」なんだw
Posted by みゅう at 2009年09月06日 14:55
>柚さま
生姜味のお菓子ってそんなにないですよね。
なので、これは!!と一目見て、買いものカゴに放り込みました。
近所のスーパーで見つけたんですが、いま、買い占めてやろうかと思ってます(笑)


>ともぞお@天草さま
ジンジャーエールの辛いバージョンみたいな感じのヒリヒリ度合いです☆
めっちゃ美味しいですが、友人は「旨いけど、辛すぎるわ〜」と呻いてました(笑)


>みやびさま
ほほぅ!!
そんなリアル話が聞けるとはっ!
ほんと、ブログって便利です(笑)
おおきにです〜。


>みゅうさま
あ、飴は「ちゃん」です(笑)
Posted by 涼 at 2009年09月06日 15:46
こんなんコンビニで見つけました↓
http://www.kanro.co.jp/product/lineup.php?id=4901351018101&cd=1-2

やけくそなネーミングと3種類の味が楽しめるのでGoodです。

でも来年はないな・・・ボソッ
Posted by 大河屋朝虎 at 2009年09月19日 10:20
>大河屋朝虎さま
まあ、えらく無理矢理に秋を感じさせる作戦ですねぇ(笑)
でもちょっと気になります。
飴ちゃんの棚って、けっこう入れ替え早いですよねー。
Posted by 涼 at 2009年09月19日 19:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。