2009年09月12日

時代劇見ながら、

キモノ選び。
今日の雨はすっかり上がって、明日はしっかり晴れるらしいし、
金剛能楽堂での能鑑賞にはキモノが似合うので。

200909122211000.jpg

朱色に紅葉柄の単衣に、紅葉の輪郭あたりと同色の名古屋帯。


今回の舞台は、能楽師の友人から誘われたもので、彼女の旦那さまが出はるとのこと。
後でチラシを見たら、もっぴーの名前もあって、あら奇遇ってなもんですよ。

暑さに負けず着付けられることを祈りつつ、「だましゑ歌麿」が終わったら、シャワーを浴びることにしよう。



posted by しがない物書き椿屋 at 22:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
この記事へのコメント
素敵な帯ーーーー!!!!!
着物で能楽鑑賞ってええねぇ。
風流やねぇ。
Posted by ハチ at 2009年09月13日 10:19
>ハチ☆
初結びの帯ざます(笑)
いっときあれこれ買い込んで、さらのやつが意外とタンスに眠ってるんよね〜。
ちなみに、キモノは母ミキヨのを譲り受けたもの。
それでは、いまから出かけてきます♪
Posted by 涼 at 2009年09月13日 12:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。