2010年02月09日

小林かいち

以前、堂本印象美術館で見た、衝撃に近い印象の画を
本屋のレジ前で偶然に見つけた。

image.jpg

小林かいちの画集。
彼の作品である「絵葉書」を集めたもので、
4枚1組+タイトルが書かれた外袋もセットで紹介されている。
正直、美術展で見るまで彼のことを全く知らなかったが、
その独特の存在感と、赤×黒のバランス、不自然にスリムすぎる女の佇まい、街灯、レトロモダンな雰囲気にすっかりやられてしまった。

ポストカードが売ってたら買い占めたくらいの勢いで。
なので、その画集との出会いは「買い」とばかりに飛びついた。

「小林かいち――まぼろしの京都アール・デコ」山田俊幸他編(図書刊行会刊)定価2800円+税


本との出会いにはタイミングがある。
立ったフラグを逃さない、さらには引き寄せる、力の精度を磨きたい。

posted by しがない物書き椿屋 at 18:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | 本の匂
この記事へのコメント
こんばんは。
こんな本をレジ前に置いてあるセンスの本屋さんいいですねぇ。
小林かいちという方、知りませんでした。
私は細見美術館で好きやなぁと思った絵(どアップ正面顔の金魚)の本を図書館で見つけたので借りて今眺めてます。神坂雪佳という人です。
Posted by riccio at 2010年02月09日 22:18
こ、好みだっ!!
さっそく探しに行こう。

私は先日、テレビで 北斎さんの娘「応為」さんについて 詳細を知りました。
   それまでは 「娘」という認識しか。
その絵に圧倒されましただ。
展覧会がないか、検索かけたけど、今のところないみたいなのでシュン(ノ_<。)
いつか 実物を見てみたいです。
Posted by 京 at 2010年02月10日 08:17
>riccioさま
夢二とか青児とかの本と一緒に画集特集みたいになってました。
美術館→本屋・図書館って、やっぱり王道ですよね(笑)


>京さま
お、好みですか!
ぜひぜひー☆
その画家のバックボーンを知ると、尚更興味が湧いたりしますよね。
もちろん、作品に力あってこそ、ですが。
Posted by 涼 at 2010年02月10日 11:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140671671
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック