2010年04月02日

匠の技が光る。

昨年末から関わらせてもらっていた仕事が
無事、カタチになって送られてきた。

「京都匠倶楽部第8号 匠の京都案内」

スキャン.jpg

京都でモノづくりに向き合う匠たちが
「100年後も京都に残したいもの」を通して
他にはない切り口の京都を紹介するムック本。
読みものとしても充分に楽しめる1冊に仕上がっています。

ジャンルは違えど、同じモノづくりに携わる者だからこそ
見えること、感じ入る点から観る新たな魅力=匠ポイントが
そこかしこにちりばめられております。

無骨すぎず、堅苦しさもなく、
でも押えるべきところは押える。
そんな筋の通った本になっていると
手前味噌ながら…思っている次第です。

なぜならそれは、ワタシ以外の
職人ツウなライターさんたちの審美眼に
ワタシ自身が唸らされたから。

ぜひ、お手にとってご覧くださいませ〜。





〜本日のささこと〜
「この思いは和らいでいくのか、深く積もっていくのか。段々と、年と共に心にのし掛かり、いつか夜に、短い叫び声と共に飛び起きることになるのかもしれない。」
「まんまこと」畠中恵(文春文庫)より



※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。



posted by しがない物書き椿屋 at 23:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
出ましたか〜
本屋に走る時間がないので
アマ●ンさんでぽちっとなしますぅぅぅ。
楽しみ 楽しみ。。。

ぁ。「まんまこと」読み返したくなった。
……発掘(どこかに埋もれているので)せねば。
Posted by 京 at 2010年04月03日 08:16
アマ〇ンで購入いたしました。
届くのが楽しみです♪
Posted by kajimama at 2010年04月03日 16:22
>京さま
出ましたよ〜。
また感想お聞かせくださいませ。

しゃばけに続く新シリーズ、面白いですよね♪


>kajimamaさま
早速!ご購入ありがとうございます☆
って、ワタシにバックがあるわけちゃいますが(笑)
愉しんだ仕事なので、読んでいただけるとうれしいです!
Posted by 涼 at 2010年04月04日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。