2010年11月06日

出版パーティ

同業者であるライター小春さんのお誘いで、
トノイケミキ×宮下亜紀「はじめまして京都」と
冷水希三子「おいしい七変化 小麦粉」の共同出版パーティにお邪魔してきた。

101106_204426.jpg

先日、和泉屋旅館のWEBサイトを一緒につくった横山キック氏や、
ラジオや新聞などで活躍中の「京都のことならおまかせ!」な高橋マキさん
カフェといえばこの人!カフェコーディネーター・アラタ氏に、
クルマが飛び出た店構えで有名な「ガケ書房」の山下氏などなど。

見知ったお顔もあちこちに。

kyouto.jpg

ちなみに、
前著の写真を担当していたのが、カメラマンのエディさん。

101106_204250.jpg

彼をはじめ、京阪神を中心に雑誌・広告などで活躍する
プロフォトグラファー36人によるグループ写真展が開催されます。

kao.jpg

「2010Kao展」
期間:2010年11月9日〜14日 12〜19時(最終日〜18時)
会場:同時代ギャラリー+COLLAGE
場所:京都市中京区三条通御幸町東南角 1928ビル1階
TEL:075-256-6155





〜本日のささこと〜
 いまのことばの教育は、はじめから、意味をおしつける。疑問をいだく、つまり、好奇心をはたらかせる前に、教えてしまう。意味だけではない、文章を書いた作者についてもあらかじめ、こまごまとしたことを教えようとする。宮沢賢治はどういう信仰をもっていたかといったことをいまの高校生は教えられる。それが幸福かどうかははなはだ疑わしい。親切がすぎて、アダになっている。
「思考の生理学」外山滋比古(ちくま文庫)より





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。



posted by しがない物書き椿屋 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。