2006年06月02日

一日講師 in 立命館大学

image/tsubakiya-2006-06-02T17:55:19-1.jpg


本日、13時よりゼミの講義を担当。
60分間ノンストップ。
得意ですから、こういうの。

何でも、“2年間でガイドブックをつくる”というゼミで、
今回は現場で働くプロの意見を聞くというテーマ。
元同居人の恩師からの依頼で、俄か講師になってきました。
塾講辞めてから、久しぶりの講義にテンションも上昇。

講義後、先生方にもお褒めの言葉をいただき満足。
どこまで伝わったかは定かでないものの、
学生時代にこういうカタチでプロの話が聞ける機会って貴重やな、と。
いますぐでなくても、3年後、5年後に
思い出し、「こういうことか!」と思ってもらえたなら、これ幸い。

今日の講義の感想をレポート1枚で提出が課題に出されていたので
まとめて手元に送られてくるのを楽しみに待つとしよう。


ちなみに、
上の写真、撮影担当はもちろん元同居人です。
自分のゼミを休んで、潜り込んでました。
posted by しがない物書き椿屋 at 17:55 | 京都 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | 外から
この記事へのコメント
すごぉい!
涼さんの講義、面白そう!
私も聞いてみたいです。
Posted by Fei at 2006年06月02日 21:16
私も聞いてみたい!!
考えただけでワクワク☆
Posted by 美樹 at 2006年06月02日 21:52
あらぁ、聞きたかったわ〜。
Posted by 直人 at 2006年06月02日 22:50
師匠の講義かぁ〜☆
かなり興味深いっすね!
他大学生でも潜り込めるなら
ぜひとも聞きに行きたかったですわ(*>ε<*)
Posted by 弟子 at 2006年06月02日 23:58
あら、みなさま興味津々ね!
いや〜、潜りOKやったと思うけども。
さすがにゼミ生よりも多いと大変!
というわけで、特別席は元同居人のものに。
元同居人が一番ウケとったような…
Posted by 涼 at 2006年06月03日 15:40
講義、めっさ面白かったです。
途中から生徒のことを「あーた達は」って
呼んだり、「〜しまっせ」って言ったりして、その度に笑ってました。
さすが、昼食でビール飲んだだけあって、
全開やったよ!
いい授業でした。
Posted by 元同居人 at 2006年06月04日 23:38
【訂正】
「あーた達」は、ワタシがあまりに早口ゆえ
「あなた達」が変形して聞こえたのだと思われます。
意図的に「あーた達」と言ったわけではないので、あしからず。
そんな、どっかの元チーママみたいなことしませんわ♪
Posted by 涼 at 2006年06月05日 11:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。