2011年12月21日

キスのため2000km

『リアル・スティール』

ロボット格闘技を通して、父子の絆を描くファイトストーリー。
落ちぶれた元ボクサーに押しつけられた厄介ごとは
10年以上も会ってなかった息子と夏をすごすこと。

挫折した男チャーリーと、愛を失った少年マックス。
ゴミ捨て場で見つけたスクラップ同然の旧式ロボット「アトム」とともに
彼らは互いの信頼と愛情、プライドを再構築していく。
その行く末にある「奇跡」は観る者の心を打ち、
最強バトルへの興奮と相まって純粋な感動を与えてくれる。

息子に背中を押されて精錬さを増していくチャーリーが
どんどん男前に見えてくるのも巧い!
給油してても精悍って、たまらん。
そんな彼を長年支え続けてきたベイリーとの関係性もいい。
彼女をただ抱きしめて眠り、日の光の下でキスするためだけに
トラックとばして2000キロ!
「会いたい」という気持ちがリアルだ。

加えて、少年役のダコタ・ゴヨ(何かの呪文みたい…)が魅せる!
彼の表情に泣かされること必至。

★★★★☆

posted by しがない物書き椿屋 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフターシアター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241757140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック