2012年01月30日

センセイの知恵袋

授業が終わって教室から出ようとしたら
廊下にいた女生徒が真剣な顔つきで
「ストッキングがすぐ破れるんです」と訴えてきた。
何の前触れもなく。
もちろん、授業中にそんな話カケラもしてません。
ワタシがストッキングをはいていたわけでもありません。
普段からその子に何かと話しかけられていたこともありません。
そんなに切実な悩みなのかしら?と思いながらも
思わず出た言葉は「安もんやからちゃうの?」
そしたら、これまた真面目な顔で
「違うんです。イスや机に引っかかるって皆言ってます」。

なので、伝授しておきました。
「ピッと引っ掛けて穴が開いた時点で、
透明のネイルを塗ってそれ以上伝線しないようにしなさい」と。
「え!?すごい!!」
と彼女は驚きつつ、感心した目でワタシを見つめてくれました。

が、職員室に向かう途中にふと気づいた。
学校にネイルを持ってきたらあかんよね。
……やるときはこっそり見つからないようにしてください。



ちなみに、
この裏技はワタシが学生のころ教えられた母ミキヨの奥義です。




posted by しがない物書き椿屋 at 20:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガッコーだより
この記事へのコメント
高校の頃やっぱりストッキングを履いてて伝染して困ってましたうっしっし

その時は糊とかでそこだけ固めてしのぎましたようっしっし

学校の椅子とか合板で角とかがささくれてますよね「!?」
あれってホント困り物です「!!」

娘が中学校に入学してまもなくジャージのズボンの膝裏が引っかかって酷かったです。
Posted by 柚 at 2012年02月05日 19:19
>柚さま
ごぶさたしてます(笑)
あのささくれは、ほんと厄介ですよね。気づけば引っ掛かってました。
注意してても破れてしまうので、ワタシはストッキングを履かずに過ごしてました〜。
Posted by 涼 at 2012年02月06日 01:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。