2012年03月01日

鹿と椿と

ことり会 in 奈良。

午前中は、冬の風物詩「鹿寄せ」を目当てに
春日大社・飛火野まで。

DSC_0288 (640x480).jpg

餌が少なくなる冬場、毎朝10時に吹かれる
フレンチホルンの音色を合図に
春日の森からたくさんの鹿が駆けてくるのを
間近で見ることができるイベントだ。

DSC_0297 (640x480).jpg

ホルンが鳴り響くと、森の向こうから
鹿たちが走ってやってくる。
だんだん近づいてきて…

DSC_0299 (640x480).jpg

DSC_0301 (640x480).jpg

DSC_0302 (640x480).jpg

DSC_0303 (640x480).jpg

DSC_0304 (640x480).jpg

彼らは一列で、餌を目がけてまっしぐら!

DSC_0308 (640x480).jpg

DSC_0313 (640x480).jpg

そして、群れる。

DSC_0311 (640x480).jpg

観光客は埋もれる(笑)

DSC_0291 (640x480).jpg

DSC_0312 (640x480).jpg

鹿たちが解散した後は「鹿苑」まで足をのばして
フェンス越しに白い鹿を見た。
突然変異の白さが珍しく、観光客が必要以上に触ったため
彼は左の後ろ足を切断されていた。
その他、捨てられているゴミを食べて体調を崩したり
(過去、胃袋から3kgものビニールが出てきたこともあるのだとか!)
クルマにひき逃げされて骨折したり死んでしまったり…。
観光の重要な要素でもある鹿だが、
彼らは神様の使いとして保護されている動物。
いろいろと考えさせられる現実の話を聞いた。

DSC_0321 (640x480).jpg

午後からは、メインイベントである
「中川政七商店」茶房での体験へ。

「お水取り」にちなんだ特別企画で、
まずは茶房でお重ランチをいただいて

DSC_0322 (640x480).jpg

機場で手紡ぎ手織り麻の機織りを体験し、

DSC_0331 (640x480).jpg

「糊こぼし」(椿の造花)の制作。
実際は和紙でつくられるが、今回は麻のキットを使用。

DSC_0323 (480x640).jpg

DSC_0324 (640x480).jpg

出来上がったものはお土産として持ち帰る。

DSC_0326 (640x480).jpg

最後に、期間限定生菓子「修二会つばき」&抹茶をいただく。

DSC_0327 (640x480).jpg

参加者へは耳かきもプレゼントされて

DSC_0333 (480x640).jpg

4700円!めっちゃお得!!

1日20名限定で、本日3月1日〜14日まで。
要予約なので、興味のある人はお問い合わせを!


ちなみに、機織り体験については
ライター仲間の小春さんのブログをご覧あれ。
加えて、イラストレーター辻ヒロミ嬢のレポートも近日公開☆

そうそう。
今回から新たなメンバーが参加!
デザイン会社のセンムさんです。
今年は、毎回新メンバーを迎えるのが
我らが「ことり会」の目標なので。

この刺激、きっと会を賑やかにしてくれるはず。
そして、次回は「軍鶏食べる会」になりそうです。



posted by しがない物書き椿屋 at 21:49 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々まにまに
この記事へのコメント
ことり会入れて。日程合わせて帰るから。(笑)
Posted by 亜希子 at 2012年03月10日 10:19
>あっこ
ことり会でロンドン行きたい!(笑)
Posted by 涼 at 2012年03月10日 15:16
来てやー。オリンピックの時期外して円高の内に。(笑) でも美味しい物はないで。(苦笑)
Posted by 亜希子 at 2012年03月10日 17:53
>あっこ
グルメは期待せず、ホームズに心を馳せるわ(笑)
Posted by 涼 at 2012年03月10日 20:03
ロバート ダウニーJr. もジュード ロウもおらんで.......
Posted by 亜希子 at 2012年03月11日 04:18
>あっこ
彼らには明日、会いに行ってきまーす☆
Posted by 涼 at 2012年03月13日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。