2006年11月24日

『京都国際マンガミュージアム』開館!

200611251809000.jpg

11/25OPENの『京都国際マンガミュージアム』。
おは朝ロケのため前日に行ってきました!

漫画家・竹宮惠子先生のインタビューを間近で見れた上に、
壁にずら〜りずらずら並ぶ5万冊のマンガに身悶え。
入館料500円で、再入場OK!
しかも夜は20時まで開館しているというからビックリ。
余裕で1日おれるわ〜。
場所も烏丸御池やから便利やし。
ああ、年間パス買おうかしらん。


http://www.kyoto-seika.ac.jp/kyotomm/
posted by しがない物書き椿屋 at 21:34 | 京都 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | 外から
この記事へのコメント
竹宮恵子先生!
懐かしいです!昔よく絵を真似して描いてました。(下手くそでしたけど・・。)
放送はもう終わっちゃいましたか?
マンガミュージアム是非行ってみたいです。
Posted by riccio at 2006年11月27日 10:48
>riccioさま
放送は12/14の予定です。
ぜひぜひおでかけの前にでも見てください♪
そして、ミュージアムにも遊びに行ってみてくださいな。楽しめる施設です!
Posted by 涼 at 2006年11月29日 18:09
初めまして?
最近、このサイトのブログを使っている知人が出来て、探検しておりました ?
去年の3月〜6月まで仕事で京都下京区にすんでまして、管理人さんのホムペへお伺いしました ?

竹宮恵子先生?
「地球へ」はまりました?

中学三年生の作文で、如何にこの物語に共鳴を受けたか書いたら、担任にどつかれた ?

今の世の中に一番必要なのは、この物語で語られる「自分が自分であるための意思」と「何かを想う心」だと思うのは自分だけかな ?
Posted by SB at 2007年01月12日 21:17
>SBさま
いらせられませ。
はじめまして。

竹宮先生の作品は
「わたしを月へつれてって」のシリーズが好きですね。
「天馬の血族」も。
「地球へ…」はまだ手を出してないので
近々、読んでみます。
花の24年組、やっぱりいいですよね。

マンガから得られる知識や感情って
とても大事だと思うんですが…
まだまだ認められてない部分も多いですよね。
小説ならよくてマンガはダメって考え方に
ときどきうんざりします。
Posted by 涼 at 2007年01月13日 14:53
子供の頃、よく親に言われました(^_^;)

丁度、週刊漫画とかが流行り始めた世代なので、週刊漫画とか読むのは不良みたいな空気ありましたね(>_<)

テレビなんかでも、コメンテーターとかがしたり顔で「マンガはダイレクトに脳に映像が伝わるから、小説とか活字を読んでる子に比べて脳の働きが弱い」とか言ってましたね〜。
今、振り返れば、何を訳のわからん事を、なんて笑ってしまいます( ̄∀ ̄)
漫画でも人の心を奮わす、人生を教えてくれる作品は一杯ありますからね(^O^)
Posted by SB at 2007年01月14日 22:59
>SBさま
うちの親はたまに帰省するたび
「ええ年して、まだマンガなんか読んどるんか!」と口うるさく言うので、
そのたびに「描いとる人もええ年やから!」と言い返してます。
不毛なバトルです(笑)
Posted by 涼 at 2007年01月15日 14:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。