2012年09月30日

再会に乾杯!

こないだ、劇団四季の女優・団こと葉さんと再会した。
実に4年ぶり。
彼女は現在、京都劇場で公演中の『桃次郎の冒険』に出演中で
なんとも存在感のある愉快なキジを演じている。
彼女にはじめて会ったのは、「京都CF!」という
残念ながらはいまはもうない京都の月刊誌で連載していた
「京TIAN I.D.」のための取材のとき。
(この連載が、現在担当している青幻舎WEBマガジンの原型だ)
ウエストサイド物語』の宣伝を兼ねたインタビューだった。

そのときも、とても刺激的な話がたくさん聴けて
「ミュージカルはすごく自然」だという意見は興味深かった。
その名前に違うことなく、言葉を惜しむことなく
自分の信じるものをきちんと見据えた話し方をする人だな、と
面白く思ったことを覚えている。
「ことは」ではなく「ことば」と読ませる直球な名をつけた
彼女のお父さんは心理学者で、立命館大学大学院教授。
掲載誌の発行後、お父さんからお礼のお手紙をいただいた。
著書も同封されていて、とても楽しく読んだ。
そして、彼女の魅力の根源に、
彼の意思や価値観が色濃くあるのが見て取れた。
そういう印象的な取材相手はそう多くはないので
いつか改めて話をできたらいいな、と思っていたら
このタイミングで実現!
酒盛りはとても楽しいひとときだった。
いち観客なのに、演劇論を繰り広げすぎた気もするけど(笑)
こと葉さん、また行きましょう☆

DSC_0742 (600x800).jpg

残念ながら、今年で10周年を迎えた京都劇場での
定期的な劇団四季の公演は今作でいったん終了し、
今後の関西での活動は大阪四季劇場でのロングランが中心となる。
ちなみに、次回作はあの!『ライオンキング』!!
10月28日開幕だ。



posted by しがない物書き椿屋 at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。