2013年02月11日

西陣オープンハウスへ

大好きなちっちゃいトラットリア「il piatto」の店主が
住まいをリノベーションしはったので見学に行ってきた。

完成までの過程は店主ブログで見られますが…
そのすてきな空間を少しだけチラ見せ。

DSC_0917 (600x800).jpg

料理人である店主こだわりのキッチン。
スペインの赤いタイルがめっちゃいい!

リノベーションを担当した「finger marks」の家具が配置。

DSC_0916 (600x800).jpg

いまデスクがある場所にはベッドが入る予定だとか。

DSC_0915 (600x800).jpg

キッズ用のブランコは店主の私物。
頑丈な梁にぶら下がっていて、訪れる家族連れに大好評!
寝かされるチビっこらはみんな天国みたいな顔してた(笑)

店主曰く「僕の反省部屋です(笑)」というロフトは
月明かりの中で酒を愉しむのに絶交の空間。

DSC_0919 (800x600).jpg

とはいえ、高所恐怖症のワタシはこの写真を撮るために
はしごを3段上っただけで腰が引けてましたが…(汗)
そういえば、
つい先日、職員室で生きるためには「衣食住」のどれが大事か?
という話になったことを思い出す。
それなりに着るものにも好みはあるし、エンゲル係数が高いのも昔から。
けれど、年を重ねるごとに少しずつ、住居空間の居心地のよさが
豊かな心持ちですごすためには欠かせないな、と感じるようになってきた。
出費で比較すれば、まだまだ「食」が一番やけども。
選び抜いた家具や調度品に囲まれて、穏やかな気分でお茶が飲める
そんなささやかだが贅沢な暮らしに憧れる。

DSC_0920 (600x800).jpg

ちなみに、リビングには店主お手製のおつまみも。
どれも美味!
あー、また近いうちにお店にも行きたい!!
ごちそうしてもらったスープもめっちゃ美味しかった〜。

ワタシの胃袋と心を満たしてくれる料理を生み出す店主が
お店の8周年という区切りに起業しはって
パーティやケータリングのサービスも提供している。
これも一度お願いしたいところ。
友人たちとの集いでもいいし、ことり会イベントでもいいし。
あれこれ思いを巡らせている間も楽しませてくれる
シェフの活動に今後も注目していこう。

DSC_0921 (600x800).jpg


posted by しがない物書き椿屋 at 17:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
この記事へのコメント
"住"大切よね。最近はハレの日用に置いてあった食器を全部自分用にしたよ。自分におもてなし。好きなものに囲まれて楽しく過ごすの重要よね。エンゲル係数計算してみたら大変なことなってたわ、見んかったことにしよう。
Posted by 亜希子 at 2013年02月14日 07:43
>亜希子
そうなのよー!
誰か来るってなって掃除すると、なんか心地いいしねぇ。
器も選りすぐったお気に入りを普段使いすると気分も上がる。
エンゲル係数は計算してはいけません(笑)
Posted by 涼 at 2013年02月15日 16:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。