2007年02月08日

1年ぶりに大掃除

200702081746000.jpg

昨夜、読書しつつ寝入ったのが21時すぎ。
目が覚めたら、深夜2時。
読書を再開し、録画しといたドラマを2本見て、
気づけば7時を回り、おは朝をチェック。
ここで寝ると、夕方まで起きない可能性大なので
思い切ってベッドを出て、大掃除を始める。

もともと、
友人がヘルプに来てくれる予定だったので
その前にやれることをやっておく。
たとえば、
トイレの便器を掃除したり、洗濯物を洗ったり、
書類が積み上がった棚を整理したり。

廊下の本棚を片付けて、
遅めの昼食後はひたすら名刺の整理。

溜まり溜まった名刺を
えい!えい!っと捨てていく。
最初は少々躊躇ったものの
慣れると、ぽいぽいゴミ箱行き。
5年も経てば、顔もシチュエーションも
さっぱり思い出せない名刺がわんさか。
かと思えば、1回しか行ってないのに
鮮明に思い出せる名刺も。

記憶って不思議だ。

友人曰く、
「神経衰弱やってるみたい…」

名刺のデザインやフォント、色なんかは
意外と記憶に残るものだということ知った午後。

posted by しがない物書き椿屋 at 17:58 | 京都 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々まにまに
この記事へのコメント
松居○代さんではないですが
いらない物を捨てるって快感ですよね。
わかります。わかります。
だんだん片付けてるうちに
加速度ついてくるし・・・。

そんで、途中で休憩すると
ワレに帰るのです。ええ。
Posted by いっちょかみ at 2007年02月08日 20:24
>いっちょかみさま
そうなんですよ〜。
捨てるって、一種の快楽ですよね。
が、あまりに多い名刺に
ふたりとも途中から
明らかにペースが落ちて
無言になってました…
Posted by 涼 at 2007年02月09日 11:34
お手伝いしてくれるお友達がいていいですねぇ。
私の部屋は、ケモノ道のように自分がいるとこだけが
キレイにあいてます(^_^;)
Posted by やまたん at 2007年02月11日 01:33
>やまたんさま
心優しい友人ですが…
雇ってますから!(笑)
もうそうでもしないと
どうにもならない状況だったので…
Posted by 涼 at 2007年02月11日 15:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。