2013年03月11日

贈りたくなる本

今月の「ダ・ヴィンチ」特集は
喜んでもらうにはどうしたらいいの?
100人100様「本」を贈る


この視点。
ツボ。

そして、読者プレゼントとして
選りすぐりの本読みたち44人が
手放したくない逸品について語り、
それをギフトブックにするという企画も。

さらには、巷で注目されている
本と名刺の交換会「ブクブク交換」も紹介。
これ、いい。

物語を紡ぐ側の人はもちろんのこと、
それを大切にしていた持ち主の顔が見えるカタチでの
「本」の入手方法というのは
書店で新刊棚を眺めたり、ネットで目当ての本をクリックするのとは
また一味違った興味のベクトルが生まれる。

だからこそ、「本」を贈るという行為に詰まっている
贈り手の趣味や意図や想いがもらう人の記憶に刻まれるのだろう。
大切な人への贈りものを探しに、本屋へ行こう。





〜本日のささこと〜
「誠意ある仕事ぶりが生み出す美しさ」
光原百合「星月夜の夢がたり」(文春文庫)より



※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。


posted by しがない物書き椿屋 at 13:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
この記事へのコメント
ちょっ!ブクブク交換会やりたいね!
おもしろそう〜。
断然、話弾みそう☆
Posted by 小春 at 2013年03月12日 09:34
やろ!
昨日のフィールドさんでの打ち合わせでも盛り上がったで〜。
ことり会でやったら盛り上がりそう☆
Posted by 涼 at 2013年03月12日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。