2013年03月26日

知りたい、お寺の話。

ことり会メンバーの小春さんはお寺の娘さん。
小春さんの故郷は島根で、けっこう頻繁に(ワタシと比べて)帰省している。
実家の話を聴くこともあったり、実家で葬式の話題が増えたり(苦笑)
いまのガッコーが法然の教えを理念としていることもあって
(毎月25日に行われる「御忌式」に出席したことはないけども…)
もともと興味深かった寺社仏閣について、もっと知りたいと思うように。
そんな気持ちのベクトルに添うように、最近増えた社寺漫画が響く。

例えば、禅寺に生まれた杜康潤が跡を継いだ実兄をモデルに
お寺でのあれこれを面白おかしくまとめた「坊主DAYS」(新書館)。
他にも、お寺だけでなく神社と教会の息子3人組が
ドタバタと毎日を過ごす「さんすくみ」(絹田村子/小学館)や、同じ3人でも、
こちらはお寺で暮らす三姉妹の日常を描く水沢めぐみの「寺ガール」(集英社)。
かと思えば、お寺の娘が家業を継いだ物語「住職系女子」(竹内七生/講談社)もあったり。
実家の副住職になった青年の言い訳三昧な悶々ライフが楽しめる
お慕い申し上げます」(朔ユキ蔵/集英社)も注目されている。

ざっと思いつくだけでも、これほどのバラエティに富んだラインナップ。
え?そうなん?!という仰天エピソードをはじめ、
跡継ぎならではの葛藤や反発、各宗派の教えや仕事に対する想い。
とくに「坊主DAYS」「坊主DAYS2 お寺とみんなの毎日」は
身近なネタを客観的に綴っていることもあって愉快なネタが満載!

堅苦しいのが苦手な人もコミックスなら気軽に楽しめるのでは。
知っておいて損はない宗教の話。
posted by しがない物書き椿屋 at 20:30 | Comment(5) | TrackBack(0) | 本の匂
この記事へのコメント
寺をテーマにした漫画っていっぱいあるんだね。
私、お寺のことよく知らないから読んでみたいわー。
Posted by 小春 at 2013年03月27日 11:08
神社に興味を持ったらぜひハチ実家へww
Posted by ハチ at 2013年03月27日 11:43
>小春さん
ぜひ!本音の感想を聴いてみたい♪


>ハチ☆
せやねん!
あなたのご実家のことも思い浮かべながら
説明が長くなりそうやったから端折ってん(笑)
Posted by 涼 at 2013年03月27日 11:57

お寺と言えば…

坊さんがエロいことくらいしか知りませんわ。。(笑)
Posted by 四○ ○本 at 2013年03月28日 13:30
>四○ ○本さま
しー!!!
Posted by 涼 at 2013年03月28日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック