2013年04月08日

絵画を愉しむには

久しぶりに美術館へ。

DSC_0983 (600x800).jpg

京都市美術館で開催されている「ゴッホ展 空白のパリを追う」。

たくさんの資料。
行儀よく並んで進んでいく列。
画を観るというのはもっと自由でいいんじゃないか。
興味のない画に立ち止まる必要なんてないし、
琴線に触れた作品を一時間眺めていたっていい。
それをどんなふうに描いたか、よりも
それを観てどんな思いになるか、の方が大切だろう。
標準的な目線よりも高く掛けられた作品たちの下には
その技法や描かれた場所の写真まで添えてあって、
何とも押し付けがましい展示法だった。
売れるために試行錯誤を繰り返し、模索した足跡を
ああまで赤裸々にされてうれしい作家などいるのか。
イラストレーターの辻ヒロミ嬢と一緒に行ったので
彼女のそういった作家の立場に立った視点も興味深く。

情報過多で、感覚よりも知識から入る誘導が残念な展覧会だった。
もちろん、何を求めて美術館に行くかは人それぞれ。
その「何か」を明確に自覚していることが
絵画鑑賞のコツなのかもしれない。


観終わった後は、向かいの京都国立近代美術館内にある
疎水に面したガラス張りのカフェで一息。

DSC_0985 (800x600).jpg

ここはテラスもあって、桜の季節は花見スポットに。
この時季だけの桜紅茶や、桜の生菓子なども。

DSC_0984 (800x600).jpg

同じく1階にはバーもあって、このカラフルさがかわいい。

DSC_0986 (800x600).jpg

岡崎エリアでは、ちょっとした穴場的憩いの場。


posted by しがない物書き椿屋 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
この記事へのコメント
芸術は自由ですからね。

ジョンも言ってましたもんね
「想像してごらん」ってね(笑)
Posted by 四○ ○本 at 2013年04月09日 16:39
>四○ ○本さま
そうなんですよ。

ブルースリーも言うてましたよね
「感じろ」って(笑)
Posted by 涼 at 2013年04月09日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。