2013年06月09日

まずは国語ちゃう?

けっこう前から話題になっている、小学校の英語教育について。
ワタシは、はなっから疑問を抱いている。
とくに、英語の時間を確保するために国語の授業数を削るという旨。
こらこら。

6月1日付の朝日新聞「天声人語」において
作家であり、ロシア語の同時通訳者として活躍した
故・米原万里の言葉が引用されていた。
「日本語が下手な人は、外国語を身につけられるけれども、
その日本語の下手さ加減よりもさらに下手にしか身につかない」と。

まったく、その通りだと思う。
言語の習得に関して幼児教育が有効なのは6歳までと聞いたことがある。
家庭内や語学教室で母語として数ヶ国語を身につけるのと
小学校に入ってから勉強として教えられるのは同じではないだろう。
うちのガッコーの英語教師にも投げかけてみたが賛成意見はなかった。
日本語もろくにしゃべれやしないのに、グローバルな人材を育成したって意味がない。
将来性を考慮して外国語を学ぶ前に、いま暮らす日本のことを知るべきではないか。
高校生たちに国語(現代文)を教えるからこそ、そう思う。
ライターとして言葉を発信していたときも思っていたが、なおさら切実だ。

そんな折、
愉快痛快なエッセイを書かせたら3本の指には入る(と思っている)
漫画家・西炯子の著書「一生中2じゃダメかしら?」の中で
ほんとそうね!という話を読んだ。
同じ日本語を使っているのに会話ができない馬鹿な輩は
「めんどくせ!」っていう魔法の言葉でやっつけちまえばいいよ、という。
(要約には多分に独断と偏見が加味されてるのでご了承を)
とはいえ、まあ、教壇ではそうもいかないのが現状なので
頼むから、小学生の国語の授業を減らさないでおくれよ。
posted by しがない物書き椿屋 at 21:58 | Comment(7) | TrackBack(0) | ガッコーだより
この記事へのコメント
本当にそう思います。
私にも小学2年生の娘がいますが、正直、小学生への英語教育なんかどうでもいいです。

同じ授業なら、もっと日本語を掘り下げて欲しい。
同じ意味の言葉でも、たくさんの表現方法があることや、それを知り、使いこなせる豊かな表現力を身に付けて欲しい。

そもそも、つい2年前まで英語を教えたことも無かった小学校の教員の英語力なんか、たかが知れてると思うのです。

先生方に無理を強いるよりも、出来る範囲での精一杯を求めたいと思うのが、親としての普通の意見だと思うのですが…

英語教育を早期化して、間違ったグローバル意識を植え込もうとするのは、まず、総理や外務大臣が通訳なしで外交できるようになってからでもいい気がしますねぇ。
Posted by あやぺんぎん at 2013年06月10日 16:09
>あやぺんぎんさま
ママ視点でのご意見、ありがとうございます!
うちのガッコーの英語のせんせたちも
小学校教諭の苦労を心配してはりました。
下手したら逆にしゃべれんようになるという
意見を持つ人も少なくないですし。

まずは「国語」で読解力や表現力といった
語学センスを研ぎ澄ませてほしいものです。
グローバル化を目指して語学を学んだり
モラトリアムで留学しても
自国を誇れないようなら残念ですよね…。
Posted by 涼 at 2013年06月10日 21:36
おちびたちに英語を教えている立場としては
「英語の早期教育」云々を語ると自分の首を絞めることになるので、
そこはちょっと置いといて。

小学校での教科として「英語」を認めるかどうか、は
子どもたちの興味関心事を広げる意味ではいいかな、と思いますが、
お上がやろうとしているその方策はいかがなものかと。
国語を減らして、というのは言語道断。
母国語で物を考えて表現できなければ
いくら道具である言葉を習得しても
結局使えないから意味がない。

児童英語の専門のノウハウを持っていない小学校教諭に
英語という教科を任せいていいのか、
ということもお上は安易に考えすぎかと。

ただ、おちびさんの時からうちに来ている中高生たちは
「英語のリスニングテスト、なんでかわからんけど、わかる」といいます。
小さいころから英語を聞いてるからだと思いますが、
このことだけはいつもびっくりしています。

長文、駄文ですみません。
Posted by Meg at 2013年06月11日 07:13
沼を埋めた軟弱な地盤に立派なビルを建てまくりの梅田と似てますね。
Posted by 四○ ○本 at 2013年06月12日 10:39
>Megさま
お返事遅くなりました。

ほんとに、現場とお上の温度差が問題なんやろうと思います。
「習うより慣れろ」は真理やと思うので、
「なんでかわからんけど、わかる」は素晴らしいですよね。
それぞれの立場で思うところはさまざま。
とはいえ、国語を疎かにしないでほしいですよね。


>四○ ○本さま
そのうち、地盤緩んで沈みます!
Posted by 涼 at 2013年06月12日 23:07
話も落ち着いてしまった、更ですが…
今朝の新聞に、佐賀県が2015年開始を目標に、小学校に『日本語』の授業を必修にするという記事が出てましたよ。
読み、書き、読解力を中心に学ぶ『国語』とは別に、季語などの表現の美しさや、情景描写のような個人のセンスを身に付け磨くことで、日本人らしい言葉の文化を会得するのが目的だそうです。
『国語』と『日本語』の授業の違い、ちょっと面白そうだと思ったので書き込みさせていただきました。
Posted by あやぺんぎん at 2013年07月04日 23:04
>あぺんぎんさま
それは素晴らしい!!
日本語の美しさ、豊かさに触れられる授業が出来れば面白いでしょうね。
教える側の度量が問われますが(苦笑)
コメントありがとうございました。
Posted by 涼 at 2013年07月05日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365800913
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック