2013年10月21日

洋画は観ないんですか?

ここのところ、気づけば邦画ばかり観ている。
映画館通いを始めた高校生の頃は、
(ディカプリオに夢中だったこともあって)
やたらと洋画ばかりを観ていて、
邦画なんてテレビドラマと大差ないと思っていた。
が、大学に入って友人に薦められて観た『うなぎ』あたりから
邦画ってそんなに捨てたもんじゃないかも??と思い直し
その頃の岩井俊二監督作品から浅野忠信にハマって
そこからはずぶずぶと邦画の世界へ身を沈めてしまった。
ちょうど同じ頃、これまた大学の友人の影響で
やたらとテレビドラマを見るようになり
そのドラマの映画化を追っかけたりしているうちに
すっかり邦画好きみたいになっていた。
ここ数年は、ザ!ハリウッド、みたいな大作に食指が動かなくなったせいもあって
生徒たちが注目している系統の映画にはとんと行かなくなってる。
そんな折、生徒にふと「せんせー、洋画は観ないんですかー?」と訊かれて
そういえば、以前に比べたら減ったなぁ…と懐かしくなったというわけ。
学生の頃は、スクリーンとか毎号買って読み漁ってたのに。
なので、その頃は苦手なカタカナにも立ち向かい、
役者や監督の名前もけっこう覚えていたが、いまやすっかり入らなくなって、
「あー、ほらほら、あれあれ。えーと、○○の役で出てた……」と
顔は思い浮かぶのに名前が出てこないこともザラ。
っていうか、最近の俳優ってやたら長かったり、言いにくい名前が多くない?
あ、言い訳です。

そんな中、久しぶりに役者に釘付けになったのが『クロニクル』!
主人公が、若かりし頃(『バスケット〜』のあたり?)のディカプリオにそっくり!!
テンション上がりっぱなし。
もちろん、ストーリーも映像も十分楽しめた。
いまおすすめの作品。

夏以降観たのを時系列で。
終戦のエンペラー』★☆☆☆☆
試写『少年H』★★★☆☆
(焼夷弾の投下シーンは圧巻…)
トゥ・ザ・ワンダー』☆☆☆☆☆
(『ツリー・オブ・ライフ』で懲りたはずが……ほんま、もう観ない)
タイピスト!』★★★★☆
(とにかく衣装と小物がいちいちかわいい!!)
ワールド・ウォーZ』★★★☆☆
夏の終り』★★☆☆☆
(綾野剛目当てで行ったのに、小林薫の着流しにやられるw)
大統領の料理人』★★★★☆
(空腹で観るべき映画じゃなかったー)
凶悪』★★★★★
試写『武士の献立』(12.14公開)★★★☆☆
(ラストシーンでほろっとした。気の強い年上女房×覚悟の決まらぬ夫との関係性が絶妙!)
そして父になる』★★★★☆
(遺伝子か時間か、の命題への答えが丁寧に描かれてる)
許されざる者』★★☆☆☆
(渡辺謙主演映画のあの重厚感、食傷気味)
ダイアナ』★★★☆☆
(激しく衝突しても惹かれあう男女の姿が刺さる)
クロニクル』★★★★★
posted by しがない物書き椿屋 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフターシアター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック