2014年02月16日

祝宴3

今月はおめでたいこと続き。
雨の中、またもやキモノで結婚式!

DSC_0132.JPG

下鴨神社での神前式を初体験。
低く響く祝詞、交わされる三々九度。
とても厳かな空間で、愛を宣言する。
美しい光景だった。

DSC_0134.JPG

披露宴は、京大和
老舗の料亭で、繊細な京懐石をいただける。
ここも初体験!

山門エントランスの装花が可憐で、
雨に濡れるお庭も立派。

DSC_0135.JPG

控え室の前には、華やかな椿も。

DSC_0137.JPG

祝宴の間では、高砂の背景に八坂の塔や京都タワーがそびえ、
この京都市内を一望できる眺めも魅力のひとつ。
展望台からの風景は見事で、映画『SAYURI』のロケ地にも。
また、勤皇派の会合場所として使われた送陽亭は
保護建造物に指定されていて普段は未公開。
ですが、ウエディングで利用するとここで撮影もできるとあって、
史学科出身の幕末好きな新婦が熱望したというわけ。

DSC_0138.JPG

乾杯は、日本酒で。
料理はどれも上品で、美味しかった。

DSC_0139.JPG

DSC_0140.JPG

テーブルフラワーはちゃっかりいただいて帰り、
長屋を訪れた人にも見えるように玄関前に飾っている。
新婦の持つボールブーケも可愛かったし、
もちろん和装も似合ってて美しかった。

こういうウエディングができるのも、京都ならでは。
改めて、京都っていいなぁ、と思った一日だった。
いま丁度、京都版ウエディング本の制作に関わっているので
どこもかしこも取材気分でチェックしてしまったが(笑)
勉強になりました。


posted by しがない物書き椿屋 at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。