2007年09月01日

ささやかな贅沢術

200709011421000.jpg

桃を食べるときは、こんなふうにくし型に切る。
包丁でそぐように切りながら食べるのも悪くないが
種に向かって包丁をいれて、うまく種から実をはがすと
甘さやかたさが均一になるので、ちょっと高級な気分になれるというわけ。


そういえば。
桃といえば。

帰省した際、夜中に小腹がすいてふらふらと台所へ。
冷蔵庫にちょうどいい塩梅に冷えた桃を発見!
切って器に入れてフォークで食べるのは面倒だったので、
流しでそのままかぶりついていた。
ポタポタと腕を伝う汁を舐めたりしながら。
しかも、真っ暗な中で。

パチッ

突然、明るくなった。
「見ぃ〜た〜なぁ〜」
むしゃぶり喰らう姿で振り向いた先には、呆れ顔の母ミキヨが!
「なんちゅう食べ方しとんの……」

桃を食べるたびに思い出す1シーンである。
ちなみに、これは社会人になってからの話。
posted by しがない物書き椿屋 at 19:00 | 京都 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 外から
この記事へのコメント
私も桃はくし型!おいしい季節だよね。
硬い桃も結構好きだけど。
あといちぢくを今年初めて食べたよ☆
昔はどこにでも家の裏に実っていたのになぁ。
Posted by 夜春 at 2007年09月02日 02:37
桃って柔らかいから、持つだけでも指のあとがつくし、切りにくい。で、私もそのままかぶりついたことあります!! 気持ちすごくよくわかります。
Posted by 雪だるまの白 at 2007年09月03日 15:19
>夜春ちゃん
イチジク、週末に初モノを買ったわ。
確かに昔はあちこちの木になってるんが当たり前の風景やったのにね〜。


>雪だるまの白さま
つつーっと腕を垂れる果汁さえも惜しくて、べろ〜っと舐めてしまうんですよね(笑) その後、かなりねちょっとするけど…
Posted by 涼 at 2007年09月04日 08:06
ズバリっ!
かぶりつきよ〜!
流し台の側で…。
我が家は岡山に田舎があるので
そこの白桃をガブッと、ジュルっっと!
でも、今年は食べられなかったけどね…。
Posted by zue at 2007年09月16日 22:02
>zueさま
羨ましい!
岡山に田舎があるなんてっ!!
桃とか梨、みかんなんかを
たんまり送ってくれる親戚が欲し〜い。
Posted by 涼 at 2007年09月17日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。