2005年04月04日

『幸福な食卓』 瀬尾まいこ (講談社)


「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」
春休み最後の日、朝の食卓で父さんが言った。

冒頭を読み終えた時点で、本屋のレジに走った。
一章を読み終えた時点で、ここの主人に電話して買わせてしまった。
帯の文句なんてあんまり信用ならないが、今回は納得。
曰く
「こんなに読みやすいのに、濃密な読書体験」(福田和也)
ええ、その通り。

久々の収穫やなと思ってたら、つい最近、賞もとりました。
選考委員がそうそうたる顔ぶれで、いちいち納得の受賞かな。
お読みあそばせ。

札幌K
posted by しがない物書き椿屋 at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の匂
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。