2003年03月12日

『犬のことば辞典』 きたやまようこ/ポチ監修 (理論社)


“この辞典は、犬と人がことばをとおしてよりうまくりかいしあうためにつくられたもので、犬がまちがえやすいことば、にちじょうよくみみにすることばをちゅうしんにまとめてある。”
〔この辞典のとくちょう〕
 人は、子どもと大人ではことばのつかい方やかんじ方がちがうばあいがおおいので、この辞典ではひとつのことばを犬、子ども、大人というわけ方でまとめてみた。
 ただし大人であっても子どものようで、子どもであっても大人のような人もいるので、このてんちゅういがひつようである。

この本はかなりユニーク! 恐ろしく絵本好きの友人にプレゼントを探していたときに、とある漫画の中に登場しているのを見て、早速本屋に行った思い出が。絵本コーナーにあると思われるが、普段よく目にする絵本とは一味も二味も違ってて面白い。しかも、結構納得させられるしね。大きな図書館なら置いてあるかも。良ければ、ちょっと立ち読みでもしてみて。
posted by しがない物書き椿屋 at 18:00 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の匂
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。