2003年10月06日

『いくつもの週末』 江國香織 (世界文化社)


 いちばん好きなエッセイ本。
 あとがきに「なにを書いてもいいと言ってくれた夫に感謝します」とあるように、夫との生活が物語のように綴られてる。
 一度読んだ本を読み返すことはあまりない(マンガは除く)中、これは本当に何度も読みたくなる。その度、いろんなことを考える。そのときどきの状況や心境によって。
 そして、江國香織らしさというか、独特の雰囲気はエッセイにも関わらず小説に負けず劣らず健在で、うれしくなる。そんな一冊。
posted by しがない物書き椿屋 at 00:00 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の匂
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。