2005年08月08日

『G戦場ヘブンズドア』 日本橋ヨヲコ (小学館)


 漫画という舞台で繰り広げられる「戦友モノ」とは本人談。漫画志望者はもちろん、自分がナットクのいく生き方を望む人には沁みる物語。
 デフォルメされてるのに妙にリアルで、誰にでも当てはまる切り口に脱帽。必死に生きるって、カッコイイで!っていう当たり前のことをしみじみ噛み締めてしまうハズ。
posted by しがない物書き椿屋 at 00:00 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の匂
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。