2005年08月20日

熱闘の夏が終わる・・・

連続優勝を決めた駒大苫小牧。
なまじ相手が京都外大西やったもんやから、どちらに肩入れすることもなく、試合経過を見守ってました。
シーソーゲームで見ててハラハラドキドキ。
思わずミスが失点につながる緊張感。
ナインのかけ声と土にまみれたユニフォーム。
スライディングのときに空を舞うキャップ・・・。
ああ、青春のきらめきがそこに。

なんて、思いながら見ていたわけではなく。
「コマダイトマコマイ」って「トマダイコマコマイ」に間違いそうになるなぁ・・・なんて。
わたしだけ?
タグ:甲子園
posted by しがない物書き椿屋 at 00:00 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。