2012年05月12日

ノートチェックのために

「教育評価用ゴム印 古風」を買ってみた。

DSC_0558.JPG

ひとめぼれ。

posted by しがない物書き椿屋 at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2012年04月22日

うまい!

うちのガッコーには、いくつかのコースがある。

国公立を目指すけっこうかしこ
英数が得意なそこそこかしこ
推薦を狙うふつう

ここまでは女子もいるけども、
男子ばっかの一貫クラスは能力的にはふつうだが
面子的にはおさるさんの集合。

「これからサル山行ってきまーす」と日々、
彼らのボスとして君臨すべく励んでいるわけです。
ある日、
「おさるたちが、今日もうきゃきゃ言うてました」と報告したら
去年までそのクラスを担当していたT先生が
「いいじゃないですか!私なんて、猿の惑星でしたよ……」


……支配されないように、踏ん張ります(笑)
posted by しがない物書き椿屋 at 16:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2012年04月13日

新校舎の窓から

うちのガッコーは今年度から新校舎ができた。
グランドの敷地内に建てられた7号館は
道路を挟んだ斜向かいになるため
授業の度に靴に履き替えて、上靴持って移動することになる。
雨が降ったら傘も一緒に、提出物などあったら悲惨よ?

そんな新校舎の周りでは、立派な桜の樹が植えられ、
卒業生である司馬遼太郎氏にちなんだ菜の花が咲き誇っている。
絶好の花見スポットというわけ。
中でも、Fセンセイのおすすめは2階廊下の突き当たり。
放課後、こっそり観に行ってみた。

DSC_0505.JPG

生徒らが帰ってからござでも敷いて酒盛りしたいところだが
そんな中学生の青春みたいなことに付き合ってくれる同僚もいないので
はらはらと舞い散る姿をぼんやり眺めるに留めておくとする。

DSC_0506.JPG

posted by しがない物書き椿屋 at 17:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2012年04月11日

新学期、はじまる。

始業式の日に、去年の教え子たちから
「先生、何組ー?」
「なんで8組だけ?!」
と、残念がってもらったワタシは
今年度から高2、3の計7クラスを担当する。
うち6クラスが男子ばっか(笑)
ワタシ、共学化に対応する女性要員だったはずでは??

去年から引き続きの生徒は250人中17人。
この17人、ラッキーね!(笑)
また、名前と顔を覚える試練が課せられる。
夏休みくらいで断念しそう…

今年はセンター対策やら小論文やら
いろんなタイプの授業を担当するので
授業準備もてんやわんや。
己が試される一年になりそうだ。
posted by しがない物書き椿屋 at 21:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2012年03月14日

N君からの手紙

ノートチェックをしていたら
最後のページにこんなメッセージが!

DSC_0375.JPG

これを書いたN君は、消防士を目指す好青年。
いつも真面目に、真剣に、授業に取り組んでいる。
けど、成績は中くらい。
国語はすぐに結果が出る教科ではないものの、
一所懸命な分、成果が得られないことで嫌気がさしたりしないかと
密かに気にかけていた生徒だっただけに、
得意ではないが好きになった、という言葉にほっとした。

これはもはや、恋文と呼んでもいいくらいだ(笑)
posted by しがない物書き椿屋 at 09:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2012年03月12日

親指と中指に

サッと装着!

DSC_0374.JPG

最近の指サックはこじゃれてる。
いかにもなオレンジの指先タイプは爪が長いと無理なので
このリングタイプは大変便利である。

採点には欠かせないアイテムなり。


posted by しがない物書き椿屋 at 09:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2012年02月25日

熱血指導?

ワタシが担当しているクラスはテスト前に
漢字の100問テストを実施しているのだが。
不合格になれば腕がもげるような(生徒談)課題があり
提出日厳守で完成させなければならないため
彼らはいつも戦々恐々としている。

しかし、今回は授業の進み具合に差があるので
公平を期するために100問テストは見送ることにした。
各自でテスト勉強として復習するように言うと、
予想外なブーイング。

 あ、そうなの?

そしたら、授業後に数人の生徒のひとりが
「テストはなくても問題はもらえるんですか?」と訊いてきた。

 えー、ほしいの?

テストやらんなら問題つくる必要もないわ、と思ってたんやけど…。
渋ってたら、他のクラスでも同様の問い合わせが!

 つくればいいんでしょ、つくれば。

丸々一日なーんも仕事せんでいい、そんな休日を切望(笑)


DSC_0277.JPG
写真は、勢いあまって黒板を叩いたら割れた琥珀の指輪。
くそー……
posted by しがない物書き椿屋 at 13:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2012年01月30日

センセイの知恵袋

授業が終わって教室から出ようとしたら
廊下にいた女生徒が真剣な顔つきで
「ストッキングがすぐ破れるんです」と訴えてきた。
何の前触れもなく。
もちろん、授業中にそんな話カケラもしてません。
ワタシがストッキングをはいていたわけでもありません。
普段からその子に何かと話しかけられていたこともありません。
そんなに切実な悩みなのかしら?と思いながらも
思わず出た言葉は「安もんやからちゃうの?」
そしたら、これまた真面目な顔で
「違うんです。イスや机に引っかかるって皆言ってます」。

なので、伝授しておきました。
「ピッと引っ掛けて穴が開いた時点で、
透明のネイルを塗ってそれ以上伝線しないようにしなさい」と。
「え!?すごい!!」
と彼女は驚きつつ、感心した目でワタシを見つめてくれました。

が、職員室に向かう途中にふと気づいた。
学校にネイルを持ってきたらあかんよね。
……やるときはこっそり見つからないようにしてください。



ちなみに、
この裏技はワタシが学生のころ教えられた母ミキヨの奥義です。


posted by しがない物書き椿屋 at 20:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2011年12月17日

冬休み

今日で2学期の授業は終わり。
試験の準備、試験、採点、成績処理に追われている間に
秋はすっかり冬になっていた。

ぼろぼろになっていたネイルを濃いめの冬色に変えて
夜は近所のお寺で丑三つ時まで酒宴。

新学期は年明け11日から。
3週間の冬休みのはじまりだ。

DSC_0059.JPG
写真は、試験前に撮った堀川通の銀杏並木。
posted by しがない物書き椿屋 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2011年12月14日

目標は高く

テストが終わると翌日から、生徒たちが
「センセイ、おれのテストどうやった?」
「センセイ!あたし、何点やったー?」
と、廊下で会うたびに訊いてくる。

解答用紙両面、採点は1クラス4時間。
まだ終わってないから。

「センセイ、おれ漢字できたで!」
「センセイ!あたし、平均点あったやんな」

1クラス40人強、6クラス分。
いちいち覚えてないから。


そんな中、たまたま前日に採点した生徒が
「センセイ、あたしどうやったー?」と訊いてきたから
「ああ、悪くなかったと思うよ」と答えたら
大喜びしながら、友だちに「悪くなかったって言われた!」と自慢。
「えー、いーなー!あたしもセンセイに悪くなかったって言われたい!!」



君たち、頼むから
悪くないではなく、良かったと言わせてくれよ…。
posted by しがない物書き椿屋 at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2011年11月23日

オーダーメイド

春からこっち、ワタシが一番よお書いた漢字は何か。
それは、再提出の「再」の一文字!

常々、ピンとくるものを探してはいるものの
なかなか納得のいくものに出会わない。
「合」とか「検」は100均で急場を凌いだが
「再」は意外とないもので。

来年度も続投することになりそうなため
いい加減、これはもうつくるか!と思い立ち
はんこの業界誌をつくっている友人の伝手を頼って
「こんなんほしいー!」と執事に口頭で説明して
デザインをささっとつくってもらって
爆弾仕様の「再提出」はんこを注文した。

DSC_0029.JPG

どうせやったら、ついでにと
ベルの「合格」と虫眼鏡の「検閲」も!
さっそく土曜に行う漢字100問の採点から使おう。

posted by しがない物書き椿屋 at 13:08 | Comment(15) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2011年11月05日

面接と試験と

来年度の非常講師採用面接と試験を受けてみた。
面接は和やかに終わったし、緊張の欠片もなかったけども
久しぶりの筆記試験は意外と難しくて、それはそれで新鮮やった。
勉強できることと、教えることは別の能力です!と
言い切りたいところだが、知識も不可欠よね。ええ、ええ。
日々、精進。
こんなことを機に改めて。

さて。
結果やいかに。
posted by しがない物書き椿屋 at 20:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2011年10月25日

恋愛相談室@

「恋してないことがヤバイ」と嘆く女生徒が
先日、文化祭の日にカレシと別れたらしい。
慰めてほしいのかしら?と思っていたら、彼女から振ったとのこと。
理由を訊いたら「だって、重いねん!」とバッサリ。
昨今の若者は、男の方が「重い」という理由で振られるのか。そうか。

どんなふうに重いのか、と問えば。
「メールの内容がすでに重い!」とザックリ。
たとえば?とつっこめば、
オレを捨てんといてくれ的なことをねちねち言う。
さらには、
22日に別れた後、24日「今日でほんまは3ヶ月記念やったのにな」とか
未練がましいメールを送ってきたんだとか。さぶっ。
昨今の若者は、男でも粘着質なメールを平気で送ってくるのか。そうか。

そこにいた、もうひとりの女生徒も自分のカレシが重いという。
そっちは「束縛系」だそうで。
体育の時間に男子としゃべっていたら、それを知った先輩カレシが
休み時間にわざわざ教室までやってきて
「ほかの男子としゃべってたらしいな」と言いに来るとか。日常的に。
まあ、そういう束縛男はいまにはじまった話じゃないから別段驚きゃしませんが。
「しゃべってないよ」としれっと返す彼女に「友達が見たって言うてる」と重ねたよう。
その追求って、もはや意味ないんちゃうの?
それで、「しゃべってたよ」って言われたらどうしたいのか。
「わあ、あたしって愛されてるなぁ」なんて思えるのか?
と、思わず素朴な疑問を口にしたら、隣にいたセンセイに
「(つきあって)最初の三日なら、なんとか」と言われた。
せやな、がんばって、盲目となって、浮かれてたら。
もしかしたら、なんとか。




…なるか??

posted by しがない物書き椿屋 at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2011年10月17日

思いは見えないけど、

思いやりは見える。


ということで。
ワタシがえんやこらと40冊以上あるノートを運んでいたら
「センセイ、お手伝いしましょうか!」と、女子に言われて
お言葉に甘えて手伝ってもらったところ。
一緒にいた男子がぽや〜んと見ているので
「ここはアナタがさっと手を貸すところでしょ」と言ったらば
あ、そうなの?と言わんばかりのキョトンとした顔で
途中から半分持ってあげていたから
「そこは全部持ったるくらいの気遣いが必要よ」と追い打ち。

別に、男やから力仕事をしなさい、と言ってるわけではなく。
その方が、キミがスマートに見えるんですよ、という忠告。


そしたら、その後また別のクラスに
どっこいせと40冊以上あるノートを運んでいたら
廊下でキャッキャとじゃれていた男子のひとりが
足音もなくスッと近づいてきて、サッと手を出し
「センセイ、持ったるわ」と荷物を全部引き受けてくれた。
国語の成績はちょっと残念な生徒だが、
こういうことが衒いなくできるなら有望だと思うわけ。

男子諸君の成長に期待(笑)

posted by しがない物書き椿屋 at 18:46 | Comment(8) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2011年10月15日

例外は認めません。

〆切を守ること。

口を酸っぱくして繰り返しているにもかかわらず、
持って行ったら何とかなるんちゃうか、と思っている
のんびり屋の生徒が多い。けしからん。

なので、〆切に遅れた提出物は一切受け取りません。

テスト終了後、ノートを集めて提出するように言っておいたのが
あるクラスだけ未提出で、どうするんかねーと思っていたら
翌日組長(=委員長)がまとめて持ってきた。
正直に「わたしが昨日集めるのを忘れてました」と。

でも、それって個人責任の問題よね。
40人もいて、誰かひとりくらい気づかんかったわけ?

というわけで。受取拒否。
大学への入学願書が一日遅れても受理されるようになったら
ワタシもそれに倣いましょう。





〜本日のささこと〜
「生きることは居場所を確保すること。誰かに必要とされること。仕事をして足場を固めること。」
「彼我花」宇江佐真理(光文社時代小説文庫)





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。
posted by しがない物書き椿屋 at 16:46 | Comment(5) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2011年10月11日

中間考査

早朝。
出かけにご近所さんの玄関先から金木犀の香り。
今日も仕事や。張り切ってこー!と気合を入れてみる。

二学期中間考査の初日は、英Tの試験監督。
問題にさっと目を通していて引っかかった問題文があった。


「すべてのEメールに返事をするのは15分よりもっと長くかかります。」


おかしいよね、これ。
「〜よりもっと長く」を英訳させたいのは分かるけど
「15分以上かかります」が自然ちゃうの。

あと、例文にEメールとか時代やなーと。しみじみ。
問題はほとんど解けへんけど(笑)
どの教科も見ているのは興味深い。

posted by しがない物書き椿屋 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2011年09月27日

きのこ

110926_152535.jpg

ライター仲間・小春さんからリアルな「きのこペン」をもらう。
「これで出席とってね〜」と言われたものの、
正直どうなの?これかわいいの??と思っていたら(小春さん、ごめん!)
生徒たちには、まあ驚くほどの人気っぷり!!(笑)

「きのこや!きのこ」と連発されまくり。
「センセイ、きのこ似合う〜!」とか
「どこで買ったんですかー?」とか
ペンケースにさして(キャップがないから)歩いているだけで
あちこちから声をかけられる。

そうなの?これってそんなにかわいいの??と首をかしげつつも
一躍人気者になった「きのこ」で今日も出席をとります。
posted by しがない物書き椿屋 at 08:36 | Comment(8) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2011年09月24日

上履き

ウチの学校は土禁なので、
春夏はcrocsの高さのあるサンダルを愛用していた。
ベタ靴だとパンツの裾がすれることが多く、
意外と疲れたりするのでヒールはmustで。

とはいえ、そろそろ寒くなってきた。
足が冷えると、脚がむくむため
何か別のを買わんとなーと思っていたところに
またもやcrocsで出合ったサボ!

110925_144137.jpg

インポートならではの珍しいオリーブ色といい
あったかそうな白いモコモコといい
それなりに高さのあるデザインといい…
そして何より!25cmというでっかいサイズといい☆
絶妙な一足。

10月からこいつに履き替えます。
posted by しがない物書き椿屋 at 20:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2011年09月04日

続・夏の名残

先日提出の夏休み課題だが、
各クラス4人の生徒をランダムに指名して
それぞれの冊子やら原稿用紙を出席番号順に集めさせた。

そしたら、まあ見事に全てのクラスで
全員がバラバラに集めようとするわけですよ。

「○○の次、誰〜?」
「7番どこー?」
「先生、順番覚えてないです」(←出席簿を貸した)

あのさぁ、
全員が1番(もしくは最後)から一斉に集めようとか
思いつかんもんかねぇ。
誰かが号令かけるなりしてやれば机と机の間を
4人があっち行ったりこっち行ったりせんでええやろ。
ちょっと考えたら分かると思うが、想像力に乏しい。

少しでも無駄のないように、時間と労力がかからんように
要領よくラクしよう、とは思わんのかしらねぇ。
生真面目というか、融通がきかんというか。
集められる側の残りの生徒たちも非協力的やし。
時間は有限、タダちゃうってことに気づけ、早く。

その点、とある女生徒Yは端からささっと全部集めて
空いてる机で順番を直していた。
それも、近くにいた男子2人にいくらか渡して
「ちょっと無理!手伝って!」やと(笑)
女子は強し。
負けるな、男子!
posted by しがない物書き椿屋 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガッコーだより
2011年09月02日

夏の名残

ワタシが担当しているクラスの夏休みの課題は
漢字の問題集
模試の問題集
新聞コラムの筆写
「羅生門」のあらすじ/感想文

×6クラス分の量は大概。

110902_120710.jpg

机には置き切れず、前と隣の先生からお許しをいただいて
通路に新聞紙を敷いてクラスごとに分けて整理している。

これを早急にチェックして検印を捺していく。
やってもやっても頂は遠い……。

posted by しがない物書き椿屋 at 18:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | ガッコーだより