2011年11月28日

椿づくし

DSC_0054.JPG

自分用の土産に買ったのは、
椿柄の手ぬぐい、便箋・封筒、ぽち袋、一筆箋、はがき。
夢二の「椿」はかわいくて好きやわー。
さらには、復刻版の醤油挿しとレトロな色合いの小物入れ。

あと、友人が誕生日プレゼントにと贈ってくれた
2012年の壁掛カレンダー by ミドリ
越前和紙の花柄タイプで、1月が椿やったんで一目惚れ。
しかもこれ、手ちぎりで絵葉書がつくれるお得な逸品☆



posted by しがない物書き椿屋 at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ紀行

名古屋めし

基本、名古屋めしは濃くて苦手。
ひつまぶしは12年前に美味しい店に連れてってもらったので
今回は「カレーうどん」を求めて犬山から黒川へ。

DSC_0051.JPG

名古屋ではチェーン店として知られる「若鯱家」の本家といわれる
「本店 鯱乃家」という昔ながらの店。

なんでも、この店の向かいにあった店が
「若鯱家」という名前を商標登録してしまったらしく、
その名残りがこの店の2階に掲げられたままの看板に。
世知辛い話やねぇ。

DSC_0053.JPG

カレーは、甘みの後にスパイスが広がる。好みの味。
とろみもほどよい感じ。
うどんは、かなり太麺。歯応え、コシともにすごい。好みの弾力。
また食べたいわー。京都に支店できたらええのになー
posted by しがない物書き椿屋 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行

明治村

こないだの週末は、名古屋&犬山へ。
乗り継ぎ乗り継ぎ、片道3時間強の旅。

名古屋での目的は、大学時代の恩師との酒宴。

DSC_0031.JPG

犬山に住まう友人宅で夜を明かし、日曜は目当ての「明治村」
ちょうど岐阜基地で航空祭があり、ブルーインパルスが飛ぶと聞きつけ
(有川浩作品が好きなら憧れの花形だ!)かなり惹かれたものの
早起きはやはり不可能であった…。想定内。

着いてすぐに、昼食。長崎フェアのちゃんぽんを食す。

DSC_0032.JPG

村内には、明治時代そのままの建築物ばかり。
全国各地から移築された建物は重要文化財も多数あり、
映画やドラマのロケ地になった場所も多い。

DSC_0039.JPG DSC_0040.JPG

これは、京都中京区にあった聖ザビエル天主堂。
実物の「薔薇窓」は見ごたえ抜群!

おなじみの女学生瞳イチオシの監獄雑居房では
囚われごっこをしてみたり(笑)

DSC_0043.JPG
DSC_0044.JPG

残念ながら運休中だったが、京都市電や蒸気機関車も。

DSC_0034.JPG
DSC_0035.JPG

ワタシが一番興奮したのは、村内郵政資料館でもある
宇治山田郵便局舎。

DSC_0037.JPG
CA390139.JPG

黒ポストを必死に撮影。

DSC_0047.JPG

休憩は帝国ホテル中央玄関m内にある喫茶室で。

DSC_0033.JPG

紅葉が美しく、思いがけず秋の散歩も愉しめた。

DSC_0048.JPG




そして翌日。
筋肉痛に運動不足を実感したのだった。
毎日ガッコーの階段を上ったり下りたりしているだけでは
老化に歯止めはきかないのか…いやはや。


posted by しがない物書き椿屋 at 22:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ紀行
2011年09月05日

オトナの修学旅行〜セブ編H

そんなこんなで最終日。
8:25にはロビー集合して、バスに揺られ、飛行機に揺られ
関空到着は19:20予定だったが、
いきなり国内線が1時間半の遅れ。
もちろん、乗り継ぐ国際線も遅れて、帰国は21時を回る。

オトナの修学旅行の恒例として
関空でうどんを食べて旅を〆る。
これで京都に戻れば、京都駅からタクシーしかないので
どうせ翌日から学校やし、大阪の別宅に泊まることに。

ワタシは大阪駅前行き、姫は三ノ宮行き、男子は尼崎行きのバスに乗る。
この日が一番長い一日やった。



110828_110111.jpg 110905_002448.jpg

今回のお役立ちグッズは、空気クッションと電子辞書。
引っ越してしばらくして階段を滑り落ち、強打した尾てい骨の痛み対策で
このクッションをずっと小脇に抱えていたワタシ。
「命の次に大事なクッション」であった。

電子辞書は「英和」と「旅行会話 英語」の世話になりまくった。
なので、ワタシたち3人は途中からこれを「センセイ」と呼んでいた(笑)
「センセイ、何て言うてはる?」
「これは、センセイに訊こう」
「センセイどこ?」
といった具合に。
お店を予約するときとか、レストランのメニューとか。
頼り甲斐のあるセンセイであった。

posted by しがない物書き椿屋 at 00:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ紀行

オトナの修学旅行〜セブ編G

大本命の地中海料理。

110827_190132.jpg

ここは元々、レストランだったのが
ゲストの要望に応えるカタチで宿泊施設ができたホテル。

110827_190205.jpg

海を臨む落ち着いた空間で、最後の夜に乾杯!

110827_190541.jpg

サラダが絶品で「ワンモア!」と追加オーダーしたら笑われた。
姫が大好きなラムは前夜の方が美味やった。
もちろん、ワインは3本が基本(笑)
posted by しがない物書き椿屋 at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行

オトナの修学旅行〜セブ編F

四日目は、
日本から予約しておいた6時間半スパのため
朝食はフルーツ&おかゆを食べる。

スパのあるホテルまでタクシーで向かう。
着いたら、コースの詳細を決める。
まずは水着に着替えて温水プールでマッサージ。
その後、コテージに移動してボディ(アロマ)→フット→マッサージ。

途中、ランチを挟んで(スタッフおすすめのレストランへ)

フェイシャル→サロンでトリートメントで終了。

110827_174514.jpg

スチームかけてる間にネイルやるよ?って言われたけど
ワタシと姫は断じてNO!
「ヘア、オンリー!」を繰り返す。
男子は爪を磨いてもらって感動してたがね。

髪を乾かすときに、ブラシで伸ばそうとするから
「いやいやいや!」と突っ込んだものの伝わらず
しょうがないから終わってからトイレでもう一回濡らして
整髪料代わりに使っている「馬油」でウェーブを再生。

ディナー用のちょっとこましな服に着替えて、レストランへ。
posted by しがない物書き椿屋 at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行

オトナの修学旅行〜セブ編E

夜はシーフード料理。
海老大好き人間としては、
「シュリンプ」言うとけば間違いないと思っている(笑)
この日は600gくらいのロブスターをグリルしてもらい
ワインを3本へろっと空けて、3人でP19,129(約4万円弱)と
実は今回の旅で一番高い食事になった。

しかも現金足りなくなったのにカード持ってきてなくて、
じゃんけんしよかと思ったけど、夜も更けてたから
男子がタクシーで往復して支払うというハプニングが!
まあ、ワタシと姫は人質として優雅にワインを呑んでたけどね。

110826_232954.jpg
posted by しがない物書き椿屋 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行
2011年09月04日

オトナの修学旅行〜セブ編D

買い物をすませて、一旦ホテルへ戻る。
水着を着て、ビーチへ。

雨季なんは覚悟してたけど、
なんと台風が近づいておりまして。
椰子の木が、揺れまくっている。
ビーチは閉鎖。

110826_161553.jpg

ま、元々ディナーまでは、
プールサイドでカクテル呑みながら
それぞれに読書をするつもりやったので。

110826_161628.jpg 110826_161647.jpg

気づいたら、居眠り。

image_20110728225518.jpg

極楽。
posted by しがない物書き椿屋 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行

オトナの修学旅行〜セブ編C

二日目は、
ちょっと観光→ランチ→スパ→ディナーで
タクシー代込み1人9000円くらい。

三日目は、
ホテルの朝食が美味しくないのでゆっくり起きて
途中で街中の両替所に寄ってもらってから

110826_115220.jpg

ランチはフィリピン料理を食べに行く。

110826_115652.jpg

オープンエアな個室で、名物をあれこれ注文。

110826_123037.jpg 110826_124827.jpg

けっこう頼んで、もちろんワインも呑んで、3人でP1975(約2000円弱)。

その後はお土産探しにモールをはしごして、
パパイヤエキスの石けんと、ドライフルーツを購入。
スクラブが欲しかったんやけどなー。

110826_141730.jpg

スーパーのレジ前には、精算前に商品を戻すカゴがあって
雑多にあれこれ放り込まれていた。
生鮮食品はあかんのちゃうか?

110826_134639.jpg
posted by しがない物書き椿屋 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行

オトナの修学旅行〜セブ編B

110825_123501.jpg

二日目は、朝食をすませてセブ・シティへ。
ホテルタクシーを手配して、約40分片道P600(約1200円)。
ロビーにいたお姉さんたちの制服が色っぽかった!

目当ては、教会と要塞。

110825_133912.jpg

要塞から見下ろせる郵便局を思わず撮る。

110825_140456.jpg

ガイドブックで見所になってるし、とりあえず観光もしとく?
くらいの感じで行ったけど、3人ともサクサク見て回る(笑)
ま、目的は街中でのごはんやったしね。

スパも予約してたし。
あ、スパと言えば一日目にもさっそく行ってみた。
頭皮とフットのマッサージ。
長時間のフライト&移動の疲れを取るのが目的やったのに
意外と頭皮が気持ちよくて、相方の姫が爆睡(笑)

この日のスパはストーンマッサージ。
その前にちょっといい感じのレストラン入って、
やっぱりボトルでワイン空けてもうたり。

夜は、相方たちの希望で韓国料理という名の焼肉。
高校一年からのつき合いやのに、実は初焼肉ってことに気づく。

110825_195542.jpg

ここは期待外れ。
結局、ホテルに戻ってから深夜にルームサービスを頼む(笑)

110826_001743.jpg

風呂上りのビール、最高!
だんだんダメ人間化していく。


posted by しがない物書き椿屋 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行

オトナの修学旅行〜セブ編A

110825_100221.jpg

朝食はもちろんバイキング。
なんかどれもイマイチ。
宿泊客にはコリアンが多かったので、キムチがどっさり。

ワタシが食べられたのは、おかゆとパイナップルとマンゴーのみ。
滞在中に、ナイフ・フォークでのマンゴーの皮むきが職人級になった。

110826_114029.jpg

ロビーからはプールとプライベートビーチが望める。

110826_114015.jpg

部屋はコテージタイプが多いものの、カップル仕様の広さやったんで
エキストラベッドが入れられず、ホテルタイプに泊まってました。

110826_113808.jpg 110825_123418.jpg

リゾートホテル群の中ではこじんまりしたホテル。
なので迷うことなく、移動可能。

案の定、初日からネイチャーコール(腹下し)が続いていたので
ロビー近くのトイレはすっかりワタシ専用状態に。
ま、最終日にはトレイまで間に合わず部屋で用を足しましたがね…。
相方たちも慣れたもんで(笑)、
「あ、ネイチャーがコールしそう」も慣用句のように。
トイレ探すのには自信がありますよ。
posted by しがない物書き椿屋 at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行

オトナの修学旅行〜セブ編@

たびバ〜★パラダイスセブ5日間
〜クリムソンリゾート&スパマクタン〜

110825_123406.jpg

マクタン島への直行便がなくて、マニラで乗り継ぎ。
移動は一日がかり。
一日目、ホテル到着は19時を回っていた。
ちなみに、ホテルまではマクタン国際空港から車で約20分。


チェックインしたら、さっそく晩ごはん。

110824_231033.jpg

まずは、スペイン料理店「オラ・エスパーニャ」。
パエリア目当てで言ったら、まーワインの安いこと!!
ボトル3本さらっと空けた。

posted by しがない物書き椿屋 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行
2011年08月29日

無事、帰国。

110829_131729.jpg


さっそく朝から学校。
今日が始業式なので、職員室のデスクには各地のお土産がひとつ、またひとつと増えていく。

ワタシも「ドライ・マンゴとタマリンド」をお配りする。
posted by しがない物書き椿屋 at 13:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | つれづれ紀行
2011年08月24日

いってきます!

110824_075412.jpg


ただいま関空で朝食中。
10:00に旅立つ。


我らがスーツケースはレンジャー風。
もちろん、ワタシがレッド(笑)
posted by しがない物書き椿屋 at 08:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ紀行
2010年09月22日

城といえば、

先日、ひょいっと愛知県まで。
そこで岡崎城を目指した。

のだが……



「岡崎城、時間間に合わず。
名残惜しく記念撮影。
ベスポジ探す乙女の図。」

20100913164148.jpg

「頑張って引きずって行ったのにね。
拷問されてるのはコマがまわらずのスーツケースか、重いの引きずってる山田か??」

20100913164536.jpg


残念、無念。
ランチにのんびりしすぎて、着いたら16:34やった。
城はどこも16:30までの受付なので、上れんかった天守閣を見上げて嘆息。


ちなみに、実況中継は同行者がワタシの友人たちへ発信したものをそのまま転用(笑)

posted by しがない物書き椿屋 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行
2010年09月21日

鹿児島1日観光

10:00チェックアウト。
重いスーツケースを引きずりながら、ひとまず市電で鹿児島中央駅へ。
コインロッカーに荷物を放り込んで身軽になる。

そこから、まずはバスで鶴丸城址に向かう。
その途中で西郷隆盛像を見に行く。

100921_111707.jpg

上野の西郷どんとはまた違った風格。

100921_111806.jpg

鹿児島は何かと像が多い。
西郷どんのすぐ近くには、公民館があって、この建物がとても素晴らしいのだが

100921_111355.jpg

その隣に建つ宝山ホール前には小松帯刀像。

100921_111231.jpg

ここに来る前に、鹿児島中央駅前にも「若き薩摩の群像」があったし。

100921_102414.jpg

泊まってたホテルの近くには、龍馬とお龍の像も。
なんでもこれ、18日に御披露目になったばかりだとか。
大河ブームにあやかりすぎな感も否めないが…。

100921_100405.jpg


閑話休題。
目当ての鶴丸城(鹿児島城)址は、歴史的文化エリアの中心。
周辺には、県立図書館やら博物館やらが建ち並ぶ。

とくに図書館は城址と隣接していて、もとは二の丸があった場所。

100921_112222.jpg

門前まで来て気づいた。
今日、祝日明けの火曜日やん!
つまりは、どこも休館日やん!!
当然、城址にある黎明館も閉まっとる…。

100921_112656.jpg

がーん……

100921_112925.jpg

しょうがないから、館前まで行き、ぼんやりと城壁を眺め、己を慰める。

100921_112556.jpg 100921_114213.jpg

その後、周辺をうろうろしてから昼食。
ふらっと入ったとんかつ屋が当たり。

100921_120745.jpg

キャベツとごはんをおかわりして、満腹満腹。
飛行機は16:30発なので、まだ時間が余る。
まあ、ここまで来たら渡っておくか、くらいの気持ちで桜島フェリー乗り場へ。

100921_132006.jpg

どこぞの青年も込みで撮影。
青春?

そしたら、近くにいたファミリーが潜水艦を見つけて大はしゃぎ。

100921_132453.jpg

おばあちゃん、孫に潜水艦が沈むと教える。
いや、ちゃいますから。
潜水艦は水に潜ると書くように、沈むんではなく潜るんです。
沈んだらえらいことやがな。
(詳しくは、有川浩著「クジラの彼」をお読みください)

と、心の中で激しくツッコミを入れながら着岸。

とくにこれといって何かあるわけでなし。
地図を片手に海辺を散歩。
足湯がオープンした公園のベンチで友人に葉書をしたためる。

そういえば、いまさらながらに道路に灰が積もってることに驚く。
なんや黒い砂があちこちあるな〜と思ってたが、これが火山灰か!!と。
そしてそんな降灰を捨てるゴミ袋があるのにも吃驚。

100921_143657.jpg

目的もなくぶらぶらしてたら、地図に「城谷文城」という文字を発見。
あらやだ、なに? 桜島にも城なんてあったっけ??
といそいそと、汗をだらだらかきながら進む。
が、それらしきものは一向に見当たらない。
おかしいなーと思って、よくよく地図を見てみれば
桜島にちなんだ「句碑・文学碑」のひとつやった!
城谷 文城。
誰やねん、お前…。

嗚呼、城好きの名折れやわ。


途中、京大の施設を横目に見ながら、

100921_143953.jpg

すごすごとフェリー乗り場へ戻ったのでした。





〜本日のささこと〜
「大人になってしまった今では、もう誰にも相談せずに、ささいな顔色を見ずに、所持金と時間と自分の気分の関係のなかだけで必要なものを選びとり、好きな場所へ行くことができてしまうこと。」
「乳と卵」川上未映子(文春文庫)所収『あなたたちの恋愛は瀕死』冒頭より





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。
posted by しがない物書き椿屋 at 23:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれ紀行
2010年09月20日

最終日

ミラクル到来ぴかぴか(新しい)

オーダーのアオザイが1枚売れて、着物リメイクのアオザイ2枚のご注文。
終わりよければすべてよし。
とばかりに、いちごミルクバージョンのしろくまを食べる。

100919_173820.jpg

期間中、このブログを読んでくれてはる方がわざわざ来てくださって
感激するやら、恐縮するやら。
ゆっきーさま、めろめろんさま、ほんまにおおきにです。
こういうことでもなければ一生お会いすることもなかったであろう縁。
面白いし、ありがたい。

搬出後、地下の食品売り場で桜島小みかんを購入。

100920_190311.jpg

ホテルでむさぼり食う。
posted by しがない物書き椿屋 at 19:35 | Comment(6) | TrackBack(0) | つれづれ紀行
2010年09月19日

休憩中に

屋上へ。
桜島が雄大で、美しい。

100919_114033.jpg

posted by しがない物書き椿屋 at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行
2010年09月18日

念願の!

黒豚しゃぶしゃぶが食べたくて食べたくて。
どうせ食べるなら美味しいのがいい!と
休憩中に近くにいはるマネキンさんに訊いてみたら
おすすめのお店「牡丹」をおしえてくれた。

100918_210910.jpg

いやー、黒豚ほんに美味でした。
とにかく甘い!やらかい!!
和風だしはちょっと甘かったので、柚子胡椒とポン酢でいただく。
けっこうしっかり量があるのに、1人前2500円と安い。
最初から入っているにんにくを、シメの前に食べろと言われて
接客業4人組で行ったにもかかわらず躊躇なく食べる。
これがまたほくほくで、出汁がしゅんでて、感動。

合間に、これも必須とばかりにきびなごの刺身と薩摩揚げ。

100918_203552.jpg 100918_214702.jpg

焼酎は翌日に残るので、この日はビールオンリーで鹿児島グルメを満喫した。

posted by しがない物書き椿屋 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ紀行
2010年09月17日

鹿児島グルメ

酒場で秋太郎(バショウカジキ)&芋仙人なるレアな焼酎。

100916_203413.jpg

百貨店内で初しろくま。居酒屋で旭がに。

100917_173939.jpg 100917_204817.jpg

毎日、愉快です。
明日は黒豚しゃぶしゃぶ。

posted by しがない物書き椿屋 at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ紀行
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。