2010年12月04日

ストーブ解禁

先週やっと灯油を買った。
つけたら我が身が燃えるであろう部屋を少し片付けて
いましがたようやくストーブを出してきた。
扇風機と入れ替えに。

昨日までは湯たんぽが大活躍。
先人の知恵は偉大だ。
posted by しがない物書き椿屋 at 21:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年12月03日

ゼミ長とカラオケ

101203_221746.jpg

ふたりなのに、なんでかパーティルーム(笑)





〜本日のささこと〜
「どういうこと言ったら、ささことに載せてもらえるんですか?」
ゼミ長Tの至極真面目な問いより





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。

posted by しがない物書き椿屋 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月28日

心地よく寝ました。

おなかぺこぺこ。
ライブ開始10分前。

「豚丼って10分くらいかかるよねぇ」とカウンターで呟いた瞬間、
「3分でつくります!」と料理担当のかわいいお姉さん。
「なら、5分で食べます!」と宣言してぺろりと平らげた。

ガツガツ胃袋に運んでいたので、写真はありません。
あしからず。

101128_204205.jpg

相国寺近くにオープンしたばかりの
21世紀の公民館「Social Kitchen」にて。
ミュージシャン 菅大祐×写真家 石川奈都子のギター&映像イベント。

101128_203507.jpg

ゆったりと流れていく風景と、留まり響くギターの音色。
そこに満腹になった満足感が加味されて…寝ました。うつらうつら。
きもちよかったです(笑)

101128_204240.jpg

ライブ後は1階のカフェであれこれおしゃべり。
随分と長居。
愉しいひとときは、明日への活力。いまさらやけど。
…だから多少の二日酔いで学校に行くことをお許し下さい。
posted by しがない物書き椿屋 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月26日

何ですか?

冬支度とばかりに、オーストラリア産もっこもこブーツと
中がふわっふわ仕様の焦げ茶色の鞄を買った。

101128_203408.jpg
(C)執事

同年代の友人たちとは、
「マタギみたいやろ!」
「マタギみたいやな!」
と盛り上がったにも関わらず、ゼミ生に言ったらきょとんとした顔をされた。

「マタギ? 何ですか??」

マタギとは、
東北地方・北海道にて、古い方法を用いて集団で狩りを行う狩猟者集団。
一般にはクマ獲り猟師として知られるが、獲物はクマだけではない。
古くは山立(やまだち)といった。
特に青森県と秋田県のマタギが有名。
その歴史は平安時代にまで遡るが、近代的な装備の狩猟者(ハンター)とは異なる。
森林の減少やカモシカの禁猟化により、本来的なマタギ猟を行う者は減少している。
                               「Wikipedia」参照


はい、ここ重要。テスト出るよー。
なんてことはないですが、ゼミ生Yよ、調べておくように。
posted by しがない物書き椿屋 at 20:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月25日

ごちそう

恒例の「お誕生日会」。
今年は「祇園 なん波」で接待してもらった。

どれもとても静かな料理ばかりで、シュッとした感じが見た目にも美しく。
自己主張が控えめなのは、自信があるからとばかりに
舌と胃袋と精神を和ませ、満たしてくれる皿が続く。
日本酒との相性も抜群。

中でも鮮やかだったのは、秋の装い。

101125_200306.jpg 101125_211656.jpg

シメはお抹茶で。





〜本日のささこと〜
「誕生日は、出会えたことに感謝する気持ちで祝うもの」
Y姫の名言より





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。
posted by しがない物書き椿屋 at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月23日

栄養補給

けっこうしぶとい風邪をもらってしまった。
食欲はあるのに、なかなか治らないのは基礎体力の低下によるものか。

101123_130405.jpg

じゃことレタスの炒飯に、ブロッコリー&カリフラワーで栄養補給。

101123_130427.jpg

どれも実家からの配給物資。
posted by しがない物書き椿屋 at 13:54 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月21日

果糖摂取

「今お父さんと、冬柿を貰ってきました。」
というメールの翌々日、件の冬柿が届く。

「上段と下段は別の柿です。」
とのことだが、あんまり違いがわからん。

とにかく、せっせと消費せねば。

101121_210411.jpg

甘かったと母ミキヨのメールにはあったが
田舎の味がする。ちょっとそっけない感じ。
レストランでメニューに添えられているものとは
明らかにその香りも歯応えも違う気がする。

寄り添わずともひとりで生きていけるような。
とても懐かしい風味でした。





〜本日のささこと〜
「作家にとってもっともよい素材は幼少年時代の経験であると言われる。幼いころのことをもとにして書かれた、幼年物語、少年物語、そういう名はついていなくても、そういう性格の作品が、すぐれていない作家は凡庸であるとしてよい。」
「思考の整理学」外山滋比古(ちくま文庫)より





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。
posted by しがない物書き椿屋 at 19:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月20日

紙は重い

昨日、高校で生徒たちにひたすら繰り返しやらせた漢字プリントを
チェックのために3クラス分まとめて持って帰ってきた。
読みが甘くて、紙の量に腕もげるかと思った。

101121_090038.jpg

バラバラに集めたままのプリントの整理を
大学のゼミ生たちにまんまと手伝ってもらった。
4人がかり。

しょっちゅう「これ何て読むんですかー?」と訊かれながら
あだ名やサインを解読していく。
助っ人たちは真顔で何度も、
「名前ってフルネームで書かないものなんですか…」
「ひらがながフツウなんですか??」
「テストでもこんな字ですか?」
と首を傾げていた(笑)

そして、暗号のような文字を判別していくワタシ。
要は、慣れと悟り。
どんな書き方してても、提出しているだけ上出来ですから。

posted by しがない物書き椿屋 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月19日

日常の一瞬

いつもたいてい寝ているSは、目つきが鋭く無口で
これぞ一匹狼、といった具合。
ワタシは彼の笑った顔をまだ見たことがない。

授業に行くと、黒板が前の授業のままなんてことはよくある話で、
日直に「黒板消してや〜」というのも日常茶飯事だが、
黒板に日直の名前がない日もある。
そんなときは「日直だれ〜?」と訊くものの
誰もが知らん顔していることも珍しくない。
ほんまに知らんのか、答えるのがめんどくさいのか。

今日も「だから、日直だれよー」と何度も言うてるうちに
なんかもうええわ、という気になり、挨拶を先にしようとしたら
件のSがすっと出てきて黒板を消してくれる。

とはいえ、彼が本当に日直なんだったとしたら
何度も言われるまで放置するはずもないし
忘れていたって感じでもなかったので、念のため
「自分、日直?」と確認してみたところ、「いや」とひとこと。
誰も消さないから、すっと消しに出てきたのだ。

なにこれー!
少女マンガみたいなエピソードやんかいさー。
ぐふふ。

平静を装って「ああ、そうなん。ありがとう」と言ったけど
心の中では、ちっちゃい妄想女子が小躍りしてました。


101121_041200.jpg

クリスマスバージョンのマスキングテープ☆
写真家・石川奈都子嬢二人展に行ったら
帰り際にさりげなくもらった逸品!

期間限定で使うモノって、なんかわくわくする。

posted by しがない物書き椿屋 at 23:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月15日

場所を選ぶ

イラストレーター辻ヒロミ嬢としごとの話。

待ち合わせは勿論、四条烏丸にできたばかりの「ラクエ」。
「中川政七商店」で長い革紐のストラップとツバメノートを買って
「丸善」でクリスマスカードをいくつか買って。

101118_091108.jpg

相変わらず、文具にほとほと弱い。
オープン記念でもらった「万年筆物語メモ」はたまらんかわいい。
夏目漱石と内田魯庵が愛用した原稿用紙をモチーフにしたメモ帳。
使うのもったいない!


その後、今夏にオープンした「うめぞの カフェ&ギャラリー」へ。
いつもお世話になっている「祇をん まり菊」ボスの奥様がおしえてくれたお店。

名物のみたらし団子も食べたいけど、黒糖フレンチトーストも気になる!
ということで、結局散々悩んでどっちも頼んではんぶんこすることに。

101115_171000.jpg 101115_171324.jpg

蛸薬師通沿いの町家で、意外と静か。
シンプルな木のテーブルと、大きめの椅子が座り心地よくて
これは長居してしまいますなー。
スイーツもめっちゃ美味しかったし!
甘さ控えめのフレンチトーストは中までしゅんでて
そこまで黒糖の味と香りも強くなく、食べやすい逸品。
ワタシの脳内リストでは前田珈琲のフレンチトーストと並ぶ勢い。

しごとの打ち合わせだからこそ、近場な、テキトーな店ではなく。
そのときの気分、状況、相手に合った適当な場所で行いたいもの。
posted by しがない物書き椿屋 at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月12日

本日、オープン。

世界のお茶専門店「LUPICIA」が、寺町三条店をオープン。
たまたま初日に前を通りかかったので入ってみる。
オープン記念で10%OFFやったし。

大丸の店舗にもない京都限定商品を買ってみた。

101115_074316.jpg

舞妓ちゃんのイラストが京都らしい「からころ」(手前)は
柚子と梅の香りが漂う芳しいフレーバーティー。
ティーバッグが3個入った袋もかわいい。
そのラベルの椿&和美人イラストに一目惚れした「雁ヶ音日記」(中央)は
シナモンが上品に香るほうじ茶で、缶が欲しくて一番大きいのを購入!
妖艶なオリエンタル調の「TAttoo」(奥)はライチっぽい香りが独特な緑茶。
これはティーバッグが入った小さい缶にする。

秋の夜長、おいしいお茶でほっこりしよう。





〜本日のささこと〜
「みんな乗ったら『閉まる』押して下さい」
ドラマ「黄金の豚」大泉洋のセリフより





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。


posted by しがない物書き椿屋 at 19:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月11日

気になる

本日オープンの「LAQUE四条烏丸」
最近気に入っている生活雑貨の店「中川政七商店」が入っているので注目している。
あと、「丸善」のリベンジも(笑)
とはいえ、すぐ隣に大垣書店があるからか、ステーショナリーしか扱ってないらしいけど。
近々、様子を見てこよう。





〜本日のささこと〜
「これから先は、コバンザメ戦法でいきましょう!」
編集者N嬢の力強いひとことより





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。

posted by しがない物書き椿屋 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月10日

結局、4回。

14日が千秋楽の劇団四季ミュージカル『春のめざめ』
なんだかんだで、4回観た。

いままで、劇団四季の作品ベスト3は
1位 コンタクト
2位 マンマ・ミーア!
3位 ウィキッド

やったけど、2位に食い込む勢い。

映画にしろ、演劇にしろ、同じ作品を何度も観るよりは
1本でも多く新しい作品に出会いたいと思っていたが
「舞台は生」=同じものは二度とない、と考えれば
芝居は本当に繰り返し観ても新たな発見があるもの。

細かいところに気づいたり、役者がひとり変わるだけで
全体のテンポやテンションが微妙に違ったり。
人間だからこそ、日によって、よかったり悪かったり。
それが面白い。

刺激的な描写と、過激的な歌詞に注意が集まりがちだが、
主人公が書く日記の内容や、ほかの生徒が抱く大人たちへの不満
子どもたちに対する大人のさまざまな対応について
突きつけられるものはとても多い。

4回目は、修学旅行生が後ろ半分を占めていたので
幕間のざわめきといったら、もう!(笑)
「大人と子どもの狭間」で、いろんなことを感じたんやろうなぁ。


101110_153837.jpg

写真はまさかのサプライズ!
今朝届いた贈りものは、ペンとインク。
ブラック、ブルー、ゴールドのインクボトルがかわいい☆
Kさん、ありがとうございました。

posted by しがない物書き椿屋 at 16:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月08日

椿柄

上品なバンブーストール。

101108_214725.jpg

友人Eちゃんからの贈りもの。
夕方、しかと受け取りました。
ありがとう。






〜本日のささこと〜
「確かに。風流なこった」
ほにほに、と龍馬が答えた。
「その、ほにほにを止めねえか。気が抜ける」
「本当にその通りじゃと言うちょるだけなのに、何で怒られにゃならんのか」
「相棒」五十嵐貴久(PHP文芸文庫)より

坂本龍馬と土方歳三がコンビを組んで、慶喜暗殺未遂事件の謎を解く!
幕末維新オールキャストのエンタテインメント長編小説、といったところ。





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。

posted by しがない物書き椿屋 at 22:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月05日

深夜のコンビニで、

鍋持参でおでんを買っている人を見た。
けっこうオバチャンやった。





〜本日のささこと〜
 ある時、教頭先生に「おみゃあが出してる学級通信と区別つかんわや」といわれましたが、その通り。
「ありがとう、さようなら」瀬尾まいこ(メディアファクトリーMF文庫ダ・ヴィンチ)『はじめに』より





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。
posted by しがない物書き椿屋 at 02:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月04日

ふわふわシフォン

誕生日パーティをしてもらいました。
大家さんちで。

101104_193541.jpg

小4の娘がデコレーションをしてくれて、小1の息子がローソクを立ててくれました。
ローソクは1本11歳で3本に省略です。

奥さんの思い遣りで、お鍋はコラーゲン鍋でした。
ぷるっぷるになってるといいですが。
明日入稿の原稿に追われて、徹夜覚悟なので効果が出るかは怪しい…(苦笑)





〜本日のささこと〜
「親って、木の上に立って見るって書くんやから、黙って見守ってることも大切ちゃうか」
シェフの言葉より。





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。
posted by しがない物書き椿屋 at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月03日

クリスマスに向けて、

来春発売予定の某ムック本の打ち合わせ。
クリスマスが入稿日なので。

101103_172542.jpg

寺町通にあるスマート珈琲店で、ホットケーキ食べながら。
たっぷりのメープルシロップとバターは幸福の象徴。

年内、京都の口コミ情報に詳しくなる予定です。





〜本日のささこと〜
たどっている小道には、黄色のブーゲンビリアや真っ赤なハイビスカス、フリージアが溢れんばかりに咲いています。雨に洗われて、原色の鮮やかさが増していく花々は、混じることのない純粋な心を持った利夫さんにふさわしく思えました。
「知覧からの手紙」水口文乃(新潮文庫)より





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。
posted by しがない物書き椿屋 at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月02日

11月2日は、

概ね有意義かつ愉快な誕生日でした。
髪も切ったし。
いくつもメールもらったし。
ぞろ目の女、これからも励みます。





〜本日のささこと〜
ささこと(刺さった言葉)ならぬ、ささしゃ(刺さった写真)。
というか、ささデザ(刺さったデザイン)?

101103_111411.jpg

書店でもらった栞です。





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。

posted by しがない物書き椿屋 at 23:55 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年11月01日

茶葉2倍のミルクティー

高校と大学をはしごして喉嗄らしたり
出張で京都に来た友人Mを囲んで美味しい中華食べたり
夜中に茶葉2倍の午後の紅茶を買って飲んだり。

劇団四季『春のめざめ』をまた観たり
かわいいムートンのふわふわブーツに目を奪われたり
親友Y宅で秋刀魚を焼いてもらったり。

101031_133749.jpg

日本酒祭で利き酒するも5種類くらいでどれも同じ味になったり
短歌がなんとか終わったので月曜からの授業をどうしようか考えたり
帰りに茶葉2倍の午後の紅茶をまた買って飲んだり。

そうこうしているうちに11月になり――

生徒の切実な(だからいとおしい!)恋愛相談に乗ってみたり
『マザーウォーター』にがっくりしたり(★☆☆☆☆)
明日〆切の原稿に追われたり、しているうちに日付が変わりそうだ。





〜本日のささこと〜
もしかしたら僕が笑う頃に
君は泣いていたのかもしれない
似たような喜びはあるけれど
同じ悲しみはきっとない
AquaTimez「虹」より





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。
posted by しがない物書き椿屋 at 22:58 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2010年10月28日

ゆめをみる

ブログを介して知り合った友人Yから贈り物が届く。

穂村さんの本が大・大・大スキな彼女は
なんと!
持っているかもしれないけど、と
著者サイン本をプレゼントしてくれたぴかぴか(新しい)

101028_153323.jpg

「きりかぶの、きりかぶたちの ゆめをみるから」とある。
きりかぶかぁ。
ゆめをみるのかぁ。

「この方のサインは同じものがひとつもないハズなので貴重です!」と
すてきなバースデーカードと一緒に詰まったYちゃんのキモチがうれしい。
そして、本もめっちゃうれしい!
ちょうど買おうと思っていた本やったので尚更。





〜本日のささこと〜
「最善の策が常に正しいとは限りません」
ドラマ「相棒season9」杉下右京の言葉より





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。

posted by しがない物書き椿屋 at 15:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々まにまに