2006年10月07日

29歳の修学旅行メンバーで

再び、鳴門へ。
前回の四国裏打ち旅行で行けずじまいだった
「大塚国際美術館」を目指して、9時半に三宮を出発。

行きのJRの中から虹発見!
家を出るとき京都は雨で、いつもならビニ傘なのに
今日に限ってちゃんとした傘を選んだら
バスで京都駅に着いたころには晴れ間が…
尼崎、三宮も朝から晴れていたらしく、ワタシの傘がとことん空しい。

200610070841000.jpg


明石からたこフェリーに乗るつもりで、
ひとまず目的は明石の玉子焼き(明石焼)。
この面子のおでかけに食べ物は欠かせない。

200610081336000.jpg

駅前の魚棚で、本能に従って店をチョイス。
熱々で食べるより冷たくなってからの方が美味しい。

200610081326000.jpg

商店街の中で紅玉に出会う。
これは珍しい!
1盛り4個で500円、即買い♪


明石のコインパーキングは、初めて見るタイプ↓
200610081337000.jpg


     *****


200610081351000.jpg

たこフェリーからは途中、明石大橋の中央から真横に見える。
視界に入りきらない長さで、初めての体験にちょっとテンション上昇。

200610081353000.jpg200610081404000.jpg

岩屋に着く直前に、大橋をくぐる。
真下からの橋も初体験。まあ、でっかすぎて何か分からんけど。


     *****

淡路島から鳴門まで高速に乗って、目的地に到着。
まずは腹ごしらえってことで、美術館近くのカルフォルニアレストランへ。

マルゲリータ、チーズバーガーをオーダー。

200610081356000.jpg200610081412000.jpg

ワタシが注文した「カルフォルニアオレンジティ」↓
200610081358000.jpg
オレンジが豪快な感じがカルフォルニア??


     *****


レストランでちょっと腹具合が良くないな〜と思いつつ、
ボリューム満点チーズバーガーをなんとか半分片付け、
これでもか!ってポテトはパスしたにも関わらず、
美術館の専用駐車場で急な差し込みに襲われる!!!
トイレでしばらく気張って、出てきたらふたりの姿が見えないので
閉館時間も迫ってるし先に行ったと判断して美術館まで歩く。
途中、2度ほど差し込んで草っぱらを横目に
「ここでしたら…あかんあかん、そこは恥らわなあかん」と
自らに言い聞かせながら、前かがみな姿勢で歩く。

ふたりの気配がまったくないので電話したら
「駐車場のトイレにおるがな!」と呆れられる。
守衛のおっちゃんに、「お連れさん歩いて行ったよ」って言われながらも
「そんなわけないない」って待ってたらしい。

美術館に着いたら、最大級の差し込み!!!
チケットはツレが持っていたので冷や汗が出るが、
なんと美術館外にもトレイが完備。ブラボ〜!!
駆け込んで、「いま外のトイレにこもり中」とメール送信。
何とか落ち着いて、入口前で無事合流。
なが〜いエスカレーターを上がりきった最初のフロアで
またも差し込みがっ!!!

入館したのが16時前で、閉館は17時。
地下3階、地上2階の広さは最低でも2時間はかかる。
3000円分の入館料を無駄にしないためにも、急ぎ足で回らねばならないところ。
なのに、差し込みは何度もワタシを苦しめる…

まさに、各階マーキングたらーっ(汗)
200610071619000.jpg
トイレの前の自販機には、もちろん大塚のドリンクオンリー。
トイレには、大塚製薬の「新サラリン」の広告。
いや、いまは止めてほしいの…切実に。


200610081414000.jpg200610081415000.jpg

モネの大睡蓮。
いくつもの睡蓮が展示され、周囲は水で囲まれた小さな庭園のよう。
水場には本物の睡蓮が咲いているが、今日は強風ゆえにぐったり。
200610081426000.jpg200610081428000.jpg

一番目を引いたのは、「北欧の夏の宵」という作品。
傾く日の光と、ふたりの距離感が絶妙。
200610081431000.jpg
ちなみに、この美術館は作品のみの撮影でなければ写真OK。


何とか一通り回って、17時前に入口に戻る。
なかなか帰ってこないふたり。
シャトルバスを何台も見送りながら、差し込みが来ないことを祈っていると、10分すぎにふたりが降りてきた。
結局全部見れなかったらしく、リベンジを誓う。

入場料3000円(内1000円はトイレ使用料)って感じ?



     *****


帰りは明石大橋を渡って行くことに。
たこフェリーがすごい安いイメージだったが、計算してみるとさほど変わらないことに気づき、今後四国方面へ行くときは橋を渡ろうという結論になった。

夜は、三宮の美味しい鶏料理屋さんで水炊きを食す。
ワタシの腹の調子を考慮して、鍋を懇願したため。
いや〜、美味でござった。
しっかり味ついてるのに、さっぱりした口当たりの出汁が素晴らしい!

200610071948000.jpg




この日記upするのに要した時間…1時間4分。
あ〜、疲れた。
posted by しがない物書き椿屋 at 22:36 | 京都 ☀ | Comment(4) | TrackBack(1) | 日々まにまに
2006年10月05日

秋の味覚がダンボール箱いっぱいに

神戸の片田舎から、野菜便が届く。

袋いっぱいの栗。
これは栗ごはんにしよう。
(ちなみに、栗は皮をむいてからなら冷凍保存可能)

黒豆の枝豆。
ビール…ビ、ビール…

くぼ柿ぴかぴか(新しい)
このフォルムが妙にかわいい。
200610051442000.jpg

もう終わりの長茄子。
焼き茄子、味噌汁。


次回は枝豆と小芋とピーナッツが来るもよう。

posted by しがない物書き椿屋 at 14:42 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年09月29日

ワタシの右手

200610010235000.jpg

醤油がついたわけではない。
ごはん食べにいった相方に、何度かおしぼりで拭かれたが。
もちろんそんなものでは消えない。
なにしろ、コイツは火傷の痕。

唐揚げを揚げていて、バチバチっと跳ねた油が
右腕を5箇所ほど攻撃。
その際、一番大きな固まりに焦っていて気づかなかったところで
油がとろ〜りと垂れたまま残っていて、こんな芸術的な仕上がりに。

美白クリームとかでちゃんと消えるかしらね?



     *****



200610011504000.jpg

いまのツメ。
右手の中指のみラインストーンつき。
どんなにヘベレケに酔ってトイレに駆け込んでも
リバースのために指を突っ込む直前に、一瞬だけ冷静になる。

あかん!!
突っ込むなら左手や!!


慣れない指だと吐きにくいったらありゃしない。

posted by しがない物書き椿屋 at 15:18 | 京都 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年09月28日

できる店員見つけた!@

新コーナーです(笑)

ワタシがこよなく親しんでいた本屋の店員が姿を消してから、
どれほどの月日が流れたことか…。
いまだにあちこちで、サービスの話題が出ると
機敏な動きをする恰幅のいい店員が思い出されます。

そんなワタシは彼に次ぐできる店員に出会ったのですよ。
しかも同じ四条の本屋で!!

領収書をお願いしたところ、
ワタシの顔を確認して
「山田様でよろしいですよね?」とひとこと。

こやつ…で、できる!!!

「ええ、お願いします」と答えたら
笑顔で「いつもありがとうございます」。

ああ、きっとこの店を後にしてもあの店員の精神は
連綿と受け継がれているのだ。そうに違いない。

バイクで移動することが多かったワタシは
ビニール袋に入らないこともないけれどちょっと重いよね
くらいの量を買うと、必ずあえて紙袋に入れてもらっていたのだが、
「紙袋の方がよろしいですよね?」と確認しながらも
紙袋を用意しているではないか!

やはり…で、できる!!


ああ、今後がとても楽しみです。
posted by しがない物書き椿屋 at 19:58 | 京都 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年09月22日

焦りが諦めに変わるとき

財布は、まだ、ない…

朝イチ、個人タクシーの総合的拾得物センターに電話。
財布の特徴と、乗降車場所を伝えると
「それではいまから問い合わせまして、2、3日後にはご連絡させていただきます。連絡がない場合は見つからなかったものと思ってください」

はぁ?!

財布捜すのに、なんで3日もかかるんですか。

その後、中信のキャッシュカード停止の手続き。
三井住友は学生時代に阿倍野でつくったものなんで
キャッシュカードの再発行手続きに行くのが面倒やし、
残高が460円くらいしかないので破棄することに。

それから、交番へ。
腰いわしてから初めてのチャリで。
空気入れたのに後輪が途中でペチャンコに。
この金ないときに修理に出すのは無理!
なので、そのまま乗って帰ってきて、放置。


免許証も再発行すればすむことやし、銀行は通帳で下ろせばいいし。
映画館等のメンバーズカードは悪用されることはないし
これも再発行してもらえばすむし、
未請求の領収書数点と、前々回の千円札と、現金を諦めさえすれば。
グダグダ言っててもしょうがないし。
財布自体、かなり気に入ってたから、それがショックではあるけど…

酒に呑まれたワタシへの戒めと思えなくもない。
ああ、高い授業料やったわ…

と、早くも諦めモード。
とはいえ、そんなに出来た人間でもないので
タクシー会社からの連絡に一縷の希望を託しつつ……

posted by しがない物書き椿屋 at 13:40 | 京都 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年09月21日

いま、静かに焦っている…

焦りすぎて、ブログを更新してしまう。
焦りながら、執事に泣き言の電話をしてしまった。

財布が、ない…

昨夜はとことん遊んで、
ちょっと呑みすぎたために今日は二日酔い。
夕方までグロッキーで、ひたすらトイレ通い。

さっきになってようやく復活の兆し。
おなか減ったかも…と宅配を頼んだ。
商品が届いた時点で、財布がないことに気づく。

宅配のお兄さん3回苦笑。
仕方がないから、階下の奥さんに立て替えてもらう。
ほんま、下宿しててよかった…

しかし、財布は見つからないまま。
もしやタクシーの中?!と思って、記憶をたぐる。
たぶん、KYORENやったような…
個人タクシーやったかも??

KYORENに問い合わせてみたところ、
昨日の拾得物は折りたたみ傘だけとのこと。
やっぱり個人?!
まさか、パチったりせんよね、運転手さん。

免許証の住所、実家のままなんやけど…
それはそれでヤバイ。

カバンの中から財布だけがないって
やっぱりそういうことだろうか。

焦りすぎて、あり得ない場所とか探してしまう。
トイレとか、水屋とか、机の引き出しとか。
とりあえず、引き続き探すしかない…
posted by しがない物書き椿屋 at 22:36 | 京都 ☁ | Comment(9) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年09月09日

我が家の壁はおろし金

ちょっと急いで部屋を出て、
出かけのトイレをすませ、そのまま階段を下りようとした。
別段、走っていたわけでもなく、いつも通りに足を踏み出した。
その瞬間!!
見事に滑った。
4段くらいはずるずる!とお尻から落ちた。
慌てて空いてる方の手を壁について支えようとしたら
肘が壁にすれて、これまたずるずる!と擦った。
その甲斐空しく、腰を階段の直角になってる角でしこたまぶつける羽目に。

忘れていた。
我が家の壁はギザギザになっているのだ。
打ち付けた腰の痛みに思わず叫んだが、
実はそれより肘の方がジンジンする。
まさしくおろし金でおろしたように擦り剥いている。
もちろん流血沙汰。

いてぇよ…

うっかり机に肘でもつこうものなら、
飛び上がらんばかりに痛い。

帰ってきてベッドで本を読んでいて
ついついカラダを支えるのに肘をついたら
シーツにうっすら血がついた…ガーンたらーっ(汗)

先日のツメに続き
痛い写真パート2としてupしようかとも考えたが、
自分では写メれない部分を怪我しているので
鏡の前でけったいな格好を繰り返した挙句、諦めた。

posted by しがない物書き椿屋 at 18:39 | 京都 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年08月28日

修羅場の合間に29歳の修学旅行を振り返る

バーベキューのメインは肉ではなく秋刀魚でした。
炭火&網で焼いた秋刀魚は、目から鱗な美味しさ!
ビールのCMでよく出てくるのも納得。
NEC_0657.jpg


地中美術館へ向かう山道で見つけたネコバスの停留所。
明らかに、誰か個人が趣味のためだけに作って
深夜こっそり置いていった感がありあり(笑)
NEC_0661.jpg


乗っちゃいました。
世界の弥生のかぼちゃオブジェに。
そしてもちろん、叱られました。
29歳にもなって。
良い子のみんなは、くれぐれも真似しないように!
NEC_0660.jpg


うどんを求めてクルマを飛ばしている最中に見つけた看板。
懐かしのレオマワールドは、「NEWレオマワールド」になってた!
どの辺りが新しいのか…ちょっと気になる。
NEC_0667.jpg


今回の旅について、「おまえら青春やなぁ…」と漏らした
3人共通の高校時代の友人を羨ましがらせるためだけに撮った
嫌がらせ写真のうちの1枚。
このメールの返事は、「腹減った…」でした。
そして、次の返事で「楽しそうやな…」になり、ついには返事が来なくなった。
いじめすぎたかしら?(笑)
NEC_0668.jpg


最終日の朝。
2日目は3人一室やったんで、ダブルベッド1つにシングルのソファベッドが1つ。
全員がひとりで寝たがって、ワタシが勝ち取ったため
ふたりがこんなあられもない格好で寝ている姿を激写!
NEC_0672.jpg


鳴門の城跡公園にて。
思いっきり童心に返るふたり。
カラダが覚えてるもんです。
29歳でも元気にブランコこげるんです。
NEC_0675.jpg


徳島出身のハチからメールで指示が届き、
徳島ラーメンを食べにいく。
しかし、イチオシの店は休み。
どうやら、祭りの後でこの時期は休みが多いとか。
事前調査ゼロで行ったらこういうことになるね。
観光客だけでなく、地元の人もどんどん入ってきて
お店のお姉さんがバタバタと行き来するほどの回転率。
徳島ラーメンには黒系と白系があって、今回のは黒系らしい。
ちなみに、ハチのオススメ店は白系。
次は、ハチんちに泊まる旅にて白系を食べてみよう。うん。
NEC_0677.jpg



・・・おまけ
posted by しがない物書き椿屋 at 15:33 | 京都 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年07月30日

金銭感覚の妙

昼間、階下でごはんを食べつつ
フジテレビのアナウンサーが勢ぞろいした
紳助のクイズ番組を見ていたら、

代表者の答えを予想して当てるクイズで
「上司が出す結婚式のご祝儀で安いと思う金額は?」
という質問に、他チームのメンバーが
「平均3万でしょ」と口を揃えて言っていた。

安っ!!

アナウンサーといえども、確かに会社員。
そのへんの金銭感覚は一般人と一緒なんやな〜と思って見ていたものの、
世間的に20代の友人・同僚で3万。
これが30代になれば(一応)5万。
上司からであればその上をいくのが当たり前。

ウッチーの答えは「3万」で、正解者は1人やったかな?
ワタシの答えは「5万」やったけどね。


その後、別チームの問題で
「若手だけで飲み会を開きたいのでカンパを頼まれた場合、
上司としてこれだけ出しておけば格好つくな、という金額は?」
の問に対しての答えが「5万円」。
解答者の中には「10万」とか書いてる人もいて。

はあ??

カンパですよ?
奢りちゃいますよ?
それだけポンと出せて、なんでご祝儀は出せへんの??

ちなみに、ワタシの答えは「2万円」。


さらに、また別チームの問題で
「1ヶ月の給料これだけやるから、1週間水着で朝のニュースを読んでくれと言われたら、いくらでOKするか」
という問に対して、解答者と一致した金額は
なんと!
「1億円」

なんぼのもんやねん!
しかも、「これでも安い」とのコメント。
見学メンバーの意見としては「1千万円」が主流。
それでも多いわ!
どんだけお高いねん!!

ちなみに、このとき話を振られたアシスタントの若槻千夏は
30万っすかね」とさらり。
「水着が仕事なんで、抵抗ないですし」と平然。
初めて、彼女を認めた瞬間でした……。


posted by しがない物書き椿屋 at 22:25 | 京都 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年07月29日

始まりましたね、『ゲド戦記』

「主人がオオアリクイに殺されて一年が過ぎました。」?
最近の迷惑メールは手が込んできてますな。
しかし、なぜにオオアリクイ…


     *****


200607291343000.jpg

先日、ええ感じにほろ酔い気分での帰宅途中
久しぶりにレンタルショップに寄り道。
酔ってて気が大きくなってたのか
気づけば11枚ものDVDを借りてたワタシ。
しかも全部アニメ(笑)
エヴァ、ビバップに次いでレンタル通いの作品。
分かった人は、かなりのオタク度と思われます。


posted by しがない物書き椿屋 at 13:44 | 京都 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年07月26日

ダッツの「トロピカルパッションフルーツソルベ」は当たりちゃうか!(執事の手土産ナリ)

水曜につき、MOVIXにて映画を観る。
『ブレイブストーリー』
感想は別カテゴリーにて。


映画後、友人2匹と三条界隈をぶらつく。
メスが下駄(四角の二枚歯)を、
オスが和柄のアロハを所望ゆえ。

アロハは「衣」にて購入。
下駄は気に入るものがなかったため見送り。



妥協を許さないメス↓
200607280233000.jpg


岩ガキに舌鼓なオス↓
200607280233001.jpg

posted by しがない物書き椿屋 at 22:34 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年07月07日

仕事がない!!

ヘルニアのせいで、だいぶ仕事が減っている。
無理してもしょうがないと分かってはいても、
一日何もしない日があるとちょっと考えてしまう。
「営業行くべき?!」と。
汗を存分に吸収したコルセットつけて売り込みに行ってもなあ。
説得力に欠ける気がするわ。


     *****


10:00〜 1週間ぶりのリハビリ
      「吃驚するくらい動いてない」と理学療法士に言われる
      ワタシの頑固な骨盤をどうにか滑らかにできないものかと奮闘

12:00  ランチはXUANで
    
image/tsubakiya-2006-07-09T10:46:46-1.jpg

      今月からの夏メニュー、冷たいフォーをいただく。
      何がすごいって、空芯菜のスプラウトがトッピングされてる!
      わざわざこのために八百屋さんに仕入れてもらったらしい。
      東京ではちょくちょく見かけるらしいが、関西では珍しいはず。

13:30  XUANのお向かいのヘアサロンへ飛び込む
      ほんまは知人の美容師さんにお願いしたかったが、
      電話が通じなかったので今回は断念
      とにかく髪が増えて増えて暑苦しいため
      何が何でも今日!梳いてもらう!!と決めて入ったものの
      平日(しかも週末)の昼間にも関わらずいっぱい。
      二筋西にある支店を紹介される
      もはやどこでもいいから髪を洗ってくれ!!

13:50  ヘッドスパ&カット
      次も絶対来たい!って思うサロンってそうそうないってことを再認識

15:00  こうなったらとことん自分磨きしてやる、と決めて
      ネイルサロンに電話
      無理言って30分後に予約を入れる

15:30  そのくせ、買いもんに夢中になって気づけば約束の時間
      慌てて電話して16時からにしてもらう
      セールの文字に惹かれて入った「布屋みさやま」で
      セール除外品のスカートを購入してしまう。

      サイズが7号と9号しかなくて、9号厳しいんちゃうかな〜と
      ちょっと卑屈な気持ちで試着をしぶってたら
      ご年配のご婦人が「それじゃあ、ワタシが着てもいいかしら」。
      人が着てるのを見れば雰囲気もつかめるし、どうぞと勧める。
      「ゆとりあるデザインなんで大丈夫ですよ〜」とスタッフに
      何度も試着を促されながら、しぶっているとご婦人が出てくる。
      「ちょっとゆるいかしら。充分、はけますよ!」って
      9号をはいてワタシに向かって笑顔。
      で、結局はくだけはいてみるかってことで試してみたら
      これがなんとか入った上に、ちょっと細く見える。
      ラインがなかなか美しい!
      全身を鏡に映してみて、率直な感想。
      「おばちゃん、悪いけどワタシの方が似合てるで!」
      ご婦人、ちょっと微妙な笑顔で
      「あなたの方が上手に着てらっしゃるわ〜」
      ご婦人が買うならやめるつもりが、あっさり敗北を認めたため
      「じゃあ、これいただきます」ツ〜ンって感じ?(笑)

16:00  今日はど〜んと奮発して手&足のケア

image/tsubakiya-2006-07-09T10:46:58-1.jpg

      セレブなひととき。
      〈撮影者:受付のスタッフさん〉

19:00  夜の七夕呑み会に必要な笹を入手すべく、
      サロンのスタッフさんをも巻き込んで
      タウンページやらネットやらを駆使して花屋を探し
      最終的には大丸の生花店でゲット!
      タクシー飛ばして大丸に横付けして、1Fカウンターで一悶着。
      「七夕の笹が欲しいんですが、売り場はどこですか?」
      「笹でございますか…?」
      「先ほど電話で問い合わせしたらあるって言われたんですけど」
      「切花でしたら1Fですが、鉢植えは8Fに…」
      「七夕の笹なんで切花ですよね?!」
      「笹、ですよね…?」
      「ええ、笹です!」(急いでるねん!はよせぇや!!)
      「切花でしたら…」
      「いや、だから笹ですし!切花の売り場はどこですか?!!」

      大丸受付カウンターのお姉さん、
      あなた、鉢植えの笹を見たことあるんですか?

20:00  そのままタクシー飛ばして西院まで
      ぼちぼち集まる人の中、飾りの輪っかをいそいそ作成。
      外注メンバー中心の酒盛りなので、ライター・フォトグラファー
      デザイナーなどがわらわらと。
      立って焼き肉奉行しているライターの姐さんが幹事&短冊担当。

image/tsubakiya-2006-07-09T11:17:22-1.jpg

      来た人たちに順番に短冊を渡し、下半期の抱負を書いてもらう。
      ソファに座ってる眼鏡男性の後ろにある本棚から
      控えめに出てるのが210円で買った笹。
      抱負な年末の忘年会で審査を行い、達成できなかった人は
      何かしらのペナルティ(ま、罰ゲームね)ということに。
      みんな酔っ払ってるから適当なこと書いてました。
      「年収●%upとか〜?」「それはリアルやろ〜」
      「オレまだ確定申告してへんわ」
      「夢とかあかんで!ええ年なんやし」
      「なんで×××のイラストなん?!」(リアルに下ネタ)
      「どんだけ絶倫になるつもりやねん!」
      盛り上がる中、ワタシはさくっと「ヘルニア、治りますように」
      祈るような気持ちでしたためておきました。

23:20〜 XUANのオーナーとカウンター酒場へ
      だらだらと呑んだくれ、しゃべり倒し、気づけば3時オーバー。
      シェフは翌日も朝から仕事。
      タクシー呼んで、シェフのチャリを乗せてもらって帰ることに。
      チャリを積む積まんでも一悶着。
      面倒やから割愛。
      覚えとけ!ヤ○カタクシー!!



ああ、長い一日でした……


posted by しがない物書き椿屋 at 23:46 | 京都 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年06月23日

リハビリ担当の理学療法士が山崎まさよし似で男前

リハビリは家に一番近い病院に決定した。
レントゲンとMRIの結果をもとに、リハビリの計画を立て、
さっそく初回の指導と牽引を受ける。
振り分けられて顔合わせした理学療法士が好みのタイプで
テンション急上昇!!
次の瞬間、すっぴんまろ顔なのを思い出して大後悔……

リハビリ後、痛みがかなりマシになった。気のせいかもしれないが。
やっぱり信頼って大事ってこと?
家での体操もちゃんとやろう。
原動力が思いっきり邪やけど。




image/tsubakiya-2006-06-24T09:51:35-1.jpg

夜は、友人の送別会。
来月から関東へリターンするのだ。
ちなみに、主賓は写真左手前。
ほんとはさらにその手前に主賓の相方がいるが、フレームアウトしている。
この相方、牧瀬里穂に似てた。
写真が不鮮明なのは酔っていたわけではなく、壁ギリギリで撮ったからブレただけですよ。

腰をいわしてから初めての酒盛り。
何かあったときのために、店はベトナムフレンチ「XUAN」に。

ほら、来週からひとまず仕事復帰するためにも、
自分がどれくらい動けるのか試しとかんと。
いきなり大阪、とかちょっと不安やったし。
やっぱり現役(?)復帰の最初は酒場やわ。うん。

夕方帰宅した奥さんは、
「夜のスタッフさんたちには、しんどくなったら並べたイスに横になってもらうように言うといたからね!」
レストランの申し送りに登場してしまったワタシ。
オーナーシェフはもちろん、スタッフさんも何かと気を使ってくれて
問題なくごはんを楽しめて大満足♪

みなさん!!
来月から遠慮なく酒場に誘ってくださいね〜☆


posted by しがない物書き椿屋 at 23:51 | 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに

これがワタシの魂の色…らしい

ついつい仕事の合間にやってしまうネット上の「○○占い」。
今回は「ソウルカラー占い」。
ローマ字での名前と、生年月日で調べるという至極カンタンなもの。



あなたのシンキングカラーは、グリーンです。

物事を常にバランスよく見極める能力にたけ、心にゆとりを持って人に接することのできるあなたは、人間関係において調和とやすらぎを保つことができる性質の持ち主。争いごとを嫌うので、自分の周りでトラブルが起こっても、常に中立的な立場を保持しようと努力します。他人の行動を冷静に分析し、パターンを読み取る能力は周りにも認められていることでしょう。また、どんな時も客観的に状況を判断し、協調性を重んじるのも特徴。人に対する態度は常に献身的で、良心的であることを心がけていますが、無理や嫌みな感じはなく、スマートな物腰が自然に身についているようです。私利私欲にとらわれないナチュラルな正義感が多くの人に好まれるので、どんな環境でも自分の居場所を見つけることができるでしょう。

前半は概ね納得。後半には疑問あり。



あなたのスリーピングカラーは、グリーンです。

あなたは非常に優れたバランス感覚と、物事を全方向から見ることのできる広い視野を持っている人。静かにじっと状況を見極める観察眼で、いざという時には周囲をあっと言わせてしまうでしょう。他の人がわからないことでもあなたにはお見通し、というようなこともしばしば。また、女性的で細やかな気配りと、男性的な力強さ、この二つがバランスよく共存しているのも特徴。さらに優れた美的センスにも溢れています。常に自分の居場所を確保していたいという願望を秘めているあなたは、会社や学校、家庭においても常に自分のスペースを作ろうと無意識に努力しています。普段は隠されているけれど本当は自由奔放に人生を楽しみたいという強い欲望も、実はかなりあるようです。

ええこと書いてありますな。
しっかし、思い当たる節ありまくり(笑)
自分の居場所の確保は、まさしく!!って感じ。
自由奔放に楽しみたいのも、その通り。いやはや。




あなたのムービングカラーは、レッドです。

レッドをムービングカラーに持つあなたは、積極的に周囲をぐいぐいと引っ張っていく行動力の持ち主。学校や会社でも、みんなのリーダーとなって指導力を発揮していくことでしょう。人の上に立って決断を下す役割を担うことも多く、新たな挑戦に対しても、開拓的精神を発揮しどんどん実行に移してしまうタイプです。常に頼もしい存在として迎えられるあなたには統率力では右に出る者がいません。また、言動には非常に説得力があり、大勢の前でも臆することなく自分の意見をしっかりと述べます。仕事面では、自分のプロジェクトを任せてもらえるプロデューサー的職業で才能を発揮します。また、セールスマンや自営業なども向いています。独立して自分独自の道を歩んでみるのもよいでしょう。

はい、そうしてます。
これもまた、笑えるくらい「そうですね」って内容。




他にどんな結果があるのか興味があるので、占った人はコメントよろしく!!



・・・ソウルカラー占い
posted by しがない物書き椿屋 at 11:46 | 京都 ☔ | Comment(10) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年06月13日

初モノって東向いて笑うんやっけ?


今年初めてのホタルに出会った。
我が家のすぐ近くの疎水にて。
階下のチビ怪獣が呼びに来てくれたので、
痛い腰を押さえながらもなんとか見物に。

けっこうたくさん飛んでて
久しぶりに見た仄かな灯りを眺めながら
ちょっとばかり懐かしいキモチに。

みなさんもぜひ見舞いついでに
ホタル観賞などいかがでしょう?



これから、さくっと1本だけ執筆。
こればっかは他に振れない連載モノなので…。
休み休みやります。
いまはシップでちょっとはマシ。
とはいえ、微妙に足が痺れてる気がしないでもない。

みなさんも腰は大事にしてくださいね〜。


posted by しがない物書き椿屋 at 21:28 | 京都 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年06月10日

あなたのわがまま度、いくつ?

「わがまま度鑑定」やってみた。

■結果■
わがまま度39%

あなたのわがまま度はとても低く「大人」だと言えます。そんなあなたは多少ワガママな人でも大きな心で包み込んであげているのではないでしょうか。もしも今、あなたのパートナーがその事に気がついていなくとも、いずれあなたの優しさを理解してくれます。

せっかち度76%

あなたのせっかち度は結構高い方です。その性格の為にまわりからわがままだと思われる事もあるので注意して下さい。しかし都会の生活には多少せっかちの方が良いのかもしれませんね。



あなたを動物に例えると
ウサギさん
危険が迫ると穴に隠れ、控えめでかわいらしい性格です。人には好かれていますが、もう少し自分を表現すればストレスを溜める事も無く精神面も健康でいられます。


一見「わがまま度」と「せっかち度」は全く関係無いように思われます。しかし自分では気がつかないが先を急ぐばかりに周りの人に迷惑をかけている事もあります。せっかち過ぎるとまわりから「あの人はわがままだ!」などと言われてしまいます。

思った以上にわがまま度が高かった人は自分を見つめ直す良い機会だと思います。「はて?本当に自分は友人や知人に迷惑をかけていないだろうか?」と感じた方は時間を置いてから再度チャレンジしてみて下さい。でも、あまり深刻にならないでね!リラックス、リラックス・・・。





ん〜?
せっかち度が思ったよりも低かったたらーっ(汗)



・・・さあ、皆さんもど〜ぞ〜
posted by しがない物書き椿屋 at 11:49 | 京都 ☁ | Comment(14) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年06月05日

もっぴー、祝31歳! in 隠れ家

image/tsubakiya-2006-06-05T11:43:42-1.jpg

ほろ酔いでご機嫌なもっぴ〜は、
悪友とくんつほぐれつ戯れる。

ちなみに、その悪友はメガネをとると
ラッキー○田にとても似ている。

image/tsubakiya-2006-06-05T11:44:56-1.jpg



差し入れパンティの好みですが、
「PJのガーター、黒、接続部分は赤か紫かピンク。
それがムリなら豹柄で」だそうです。
参考までに。

posted by しがない物書き椿屋 at 01:09 | 京都 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年05月31日

35歳ですが、なにか?

ぼんや〜り見ていた「ハジメちゃん大人年齢診断」。
確かゲストは…誰だっけ??
まあ、それくらいぼんや〜り見ていたのだが。

HPで診断できると聞き、ちょっとそそられる。
で、さきほど仕事の合間にやってみた。

診断結果は、35歳

あー、うん。
そんなもんよね?
なんていうか、あまりにも予想通りで拍子抜け。

さすがに、「20歳になって人前で漏らした(大便・小便)ことがある。」には
チェックつけずにすみました…。
この項目にチェックした人、ご一報ください。
仲良くなりましょう。


・・・ハジメちゃん大人年齢診断はコチラ
posted by しがない物書き椿屋 at 18:20 | 京都 ☁ | Comment(15) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年05月26日

今日は一日、休みとす。

昼過ぎにイラストレーター・辻ヒロミ嬢と待ち合わせして、まずはランチ。
ヒロミ嬢のリクエストが「何でもいいけど、町家でごはん」だったので
町家空間としては有名で、電話取材はしたことあるが
まだ一度も入ったことのなかった「蒼」へ。
ランチはほぼ予約で満席状態。
行ったのが早かったので、なんとか入れてホッとする。
新しい名詞の椿を描いてもらったお礼にランチをご馳走させていただく。
ごめんね〜、いっつも現物支給でたらーっ(汗)
盛りはどれも美しく、それなりに満足。

image/tsubakiya-2006-05-27T15:15:32-1.jpg


     *****


ヒロミ嬢と別れた後は、久しぶりにネイルサロンへ。
1周年記念キャンペーン中だったので、フェイシャルをサービスしてもらいご機嫌るんるん
担当のネイリストさんが、これまた別嬪で。
もちろんテクニックにも満足しているのだが、
やはり何より大切なのはサービス力!
と、つくづく感心しつつ美爪に仕上げてもらう。

image/tsubakiya-2006-05-27T15:14:27-1.jpg


     *****


ネイルが終わってからは、キモノデザイナーさんと合流。
明倫館の前田珈琲でちょっとお茶してから
最近お気に入りの鮮魚が美味しいカウンター居酒屋へ。

image/tsubakiya-2006-05-27T15:12:32-1.jpg

かわいこちゃんと食べるごはんは格別ですな。
それより、この写真の後ろで
ぐだ〜となってるオジサンが無事家に帰れたかどうかが心配。


烏丸三条のバーへ移動して、弟子その1を呼び出し。
ちょっと早い誕生日プレゼントを渡し、祝ってあげるつもりが、
つい先日カノジョができたと聞いて弟子払い決定!(笑)

深夜のラーメン誘惑に負けて、烏丸御池近くに出ている屋台へ行ってみる。
これが、大正解!!

スープがめっちゃ好みの味で、ふたりで興奮。
家が近い弟子は、仕事帰りにまた行くつもり満々で帰っていった。
羨ましい!
もうちょっと近かったらマメに行くのになぁ。

見つけたら、ぜひ立ち寄ってみてください。
ほんまに美味しいので♪
タグ:ネイル
posted by しがない物書き椿屋 at 23:12 | 京都 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年05月25日

グルメな夜

京都シネマでの映画鑑賞の後、
無性に米が食べたくなって、迷うことなく地下へ。
キムカツで肉かなぁと映画中は思っていたのに
気づけばなぜかひとり寿司。

料理人のお兄さんはなかなかいい感じ。
ちょっとおまけしてくれたし、ビールご馳走しておいた。

スタッフの女の子がな…
もうちょっと周りが見えるようにならんとねぇ。
ほんまもったいない!
何しろ、ひとりで入ったワタシに
テーブル席勧めるくらいやし。

よほど大人数か、席が埋まってるかでない場合は
必ずカウンターに座る。
それがどんなジャンルの料理店でも。
寿司ならなおさら。

乙女がひとりだったので、待ち合わせだと思われたのかしら。
う〜ん、それって喜ぶべきところ??



     *****



大根のあちゃら漬け。
ビールと相性抜群!
image/tsubakiya-2006-05-27T14:57:41-1.jpg

茶碗蒸し。
やっぱり寿司屋に来たら茶碗蒸しよね。
必須の一品!
image/tsubakiya-2006-05-27T15:00:53-1.jpg

赤だし。
これも必須メニュー。
関西人だし、家で赤だしを飲むことはまずない。
なので、寿司屋では赤だし頼んでしまう。
貝が入ってると、それだけで興奮する。
image/tsubakiya-2006-05-27T15:01:27-1.jpg



・・・帰り、もっぴ〜宅へ立ち寄ると
posted by しがない物書き椿屋 at 22:57 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに