2006年04月03日

そうか、やらしさか。

mixi内でマイミクとして、日々日記をこっそり拝読している
0歳からの幼なじみが、なにやらけったいな自己分析をされていたため
ワタシも仕事の合間にやってみた。

その名も「成分解析」

どうやら、名前を入力して解析ボタンをクリックするだけらしい。
ひとまず、本名でやってみた。

51%は苦労で出来ています。
16%は柳の樹皮で出来ています。
15%は成功の鍵で出来ています。
14%は回路で出来ています。
2%は愛で出来ています。
2%はやらしさで出来ています。

そうか、やらしさは2%なのか。
思ったより少なくて、ほっとしたのか残念なのか複雑なキモチ。


次に、屋号でやってみた。

椿屋の35%は蛇の抜け殻で出来ています。
椿屋の30%は回路で出来ています。
椿屋の17%は不思議で出来ています。
椿屋の12%は呪詛で出来ています。
椿屋の5%は株で出来ています。
椿屋の1%はカテキンで出来ています。

回路はどうしても成分から抜けないのか。
株が5%なのは、仕事人として少々不安だ。


ついでに、肩書きでやってみた。

主人の86%は度胸で出来ています。
主人の12%はやらしさで出来ています。
主人の1%はやさしさで出来ています。
主人の1%は食塩で出来ています。

お、やらしさのパーセンテージが上がったぞ。
でもって、「やらしさ」と「やさしさ」は一見して区別がつきにくいことに
いま気づいた。


最後に、渾名(?)でやってみた。

おかんの81%は呪詛で出来ています。
おかんの18%は保存料で出来ています。
おかんの1%は食塩で出来ています。

8割呪詛って、なんかカッコイイな。
保存料で出来てるなら、当分保ちそうで安心だ。




・・・成分解析したい人はこちら
posted by しがない物書き椿屋 at 19:24 | 京都 ☀ | Comment(9) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年03月30日

パン咥えて原稿執筆

一昨日、昨日と続けてけっこうタイトなスケジュールで取材&会議。
今日はひたすら原稿執筆。
PCの前から動くこともままならない中
腹が減っては戦が出来ぬので
とりあえず、手元にあったパンを焼く。

これは、昨日の取材でいただいて
あまりにもモチモチ感が好みだったため
撮影中に購入したもの。

塗っているのは、
グレープフルーツのジャムとかぼちゃの種のバター。
執事から引っ越し祝いにといただいたもの。
ジャムは爽やかな酸味が絶妙で、紅茶に入れてもいい感じ。
バターはけっこう甘い。でもくどくない。
そして何より、かぼちゃの風味が口いっぱいに広がる。
これはなかなか優秀。


image/tsubakiya-2006-03-30T16:00:32-1.jpg


ああ…
食べるくらいしか悦びが得られない。
このいまのカンヅメ状態を一刻も早く脱出したい……

posted by しがない物書き椿屋 at 16:00 | 京都 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年03月27日

春の匂い

引っ越してきて初めて窓を全開にして換気をしてみる。
今日はまさしく春の陽気。


image/tsubakiya-2006-03-27T15:49:39-1.jpg


昼、洗濯物を干すためにベランダへ出たら
朝から干してあった大家さんちの洗濯物が早くも乾いていた。
周囲に遮るものがないため、差し込む陽射しも驚くほど眩しい。
外から流れてくるそよ風は、存分に春の匂いを含んでいて
いっそのことその匂いに包まれながら
ゆっくり小説でも読みたい気分だ。

ここ数日で、ぶ厚いトレーナーが暑いと感じるようになった。
気がつけば、春は手の届く場所に。

posted by しがない物書き椿屋 at 15:49 | 京都 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年03月26日

香港土産を貰う。

ママ&妹と香港に行ってた元同居人が
わざわざ土産モノを届けるために京都まで。
いや〜、どもども。

リクエストは、「美味なる茶」だったので
頑張って探してくれたもよう。

以前、台湾に行った執事からも
高級(?)烏龍茶をいただいたことがある。
しかし、そいつはなかなかに曲者で
例えるならばバターそのものな匂いがして
どうにもこうにも苦手であった。
ゆえに、茶香炉用に再利用することもかなわず、
引っ越しを機にサヨナラさせていただいた。
こんなところで暴露もどうかと思うが、
昨日本人には懺悔しておいたのでいいだろう。

一緒にもらったコアラのマーチ香港版は
階下の怪獣たちにお裾分け。
スーツケースにムリヤリ詰め込んだために
箱がちょっとベコッとなってるけど。
まあ、彼奴らにはどうでもいいことだ。

image/tsubakiya-2006-03-26T15:59:24-1.jpg


posted by しがない物書き椿屋 at 15:59 | 京都 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年03月24日

『Windows 5000』

映画化もされた前作『サマー・タイムマシン・ブルース2005』に続き
ヨーロッパ企画の第20回公演のため
大阪は日本橋にある「in→dependent theatre 2nd」へ。

Windows5000というソフトが開発され、
それを使うとある限られた建物の中を覗き見することができる。
建物の窓にカーソルを合わせてクリックするだけで
その部屋に住む人の暮らしが垣間見れてしまうという
なんのために役立つのかちょっとばかり首を傾げてしまう
新たなソフトを使ってセキララにされる、
阿片窟とでも言うべきとある建物の住人たちの生活。
なかなか手の込んだ細かいセットに、
スクリーンでの映像を巧みに取り入れた演出は
さすがヨーロッパ!さすが上田誠氏!!(作・演出担当)といった感じ。

とはいえ、これも詳しく語ったところで
京都・東京はすでに終わっていて
大阪公演も27日(月)まで。
その後は、3月31日〜4月1日で名古屋。
でも、きっと近々DVDが発売されるハズなので
興味のある人はぜひぜひ!

と、その前に。
ヨーロッパ企画?どんな劇団?って人は
まずは映画『サマー・タイムマシン・ブルース』をご覧あれ。
でもって、TVやラジオでも番組持ってたりするので
そのへんをチェックしてみてくださいな。

ちなみに、4月号から「Ciao!」で
劇団員によるリレーコラムの連載もスタート♪
こちらも宜しくです。



・・・公式HPはこちら
タグ:Windows5000
posted by しがない物書き椿屋 at 22:47 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年03月23日

初BRAVA!

演劇好きと言うのもはばかられることだが、
やっと「シアターBEAVA!」に行ってきた。
大阪城ホールの近くにできた新しい劇場で、
もとは劇団四季の劇場だったところ。
四季がハービスに移転したため、その後リニューアルしたのだ。
四季時代に一度行った記憶を手繰っても
どこかどう変わったかイマイチ分からんかったのは情けない話。
近鉄小劇場がなくなって、関西で芝居を上演する場所が少なくなりつつあるいま、
この劇場が少しでも演劇シーンの支えになればいいな、と。
思ったりしたりしながら。

image/tsubakiya-2006-03-25T15:53:55-1.jpg


観たのは、毎公演行ってる「演劇集団キャラメルボックス」の新作。
『あしたあなたあいたい』
『ミス・ダンデライオン』
ハーフシアターといって、1時間くらいの短い舞台を2本立てで観られる公演。
キャラメルがときどきやる独自の企画だ。
とはいえ、時間は短くても料金は同じ(笑)
う〜ん、得なのか損なのか…。

内容はグッと凝縮されてて見応えも抜群!
とくに今回は、「タイムトラベルシアター」と銘打ったVOL.3の作品で、
映画『この胸いっぱいの愛を』の原作にもなった
「クロノス・ジョウンターの伝説」というSF小説を舞台化したもの。
「クロノス・ジョウンター」というタイムマシンを中心に
登場人物が交錯するオムニバス形式になっている。

ここで舞台の話を長々としてもしょうがないので
(だって大阪は27日までの公演だし)
ここはひとつ、原作をお勧めする。

前作『クロノス』を観た後、めっちゃ読みたくなったが
なんだかんだで本屋で探す機会がなく
今回の舞台を観たところ。
もう、これは買うしかない!!と意気込み
大混雑のグッズ売り場へ行ったら、案の定あった。
「新装 クロノス・ジョウンターの伝説」を即購入。
映画なり芝居なりを観て、その原作をこんなにも切望したのは初めて。
さっそく読みかかっております。

もしかしたら、近々どっかで紹介するかも。
それくらい、いま虜になっている。
さあ、君もクロノスで物語の過去へ飛ぼう!!




・・・参考までに
posted by しがない物書き椿屋 at 23:53 | 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年03月20日

送別会の季節ですね

本当にいろんな面でお世話になったデザイナーさんが
まあいろんな理由で転職することに。
その送別会を、ちょくちょく行くおばんざいのお店で。

image/tsubakiya-2006-03-23T01:48:57-1.jpg

酒盛りしたいキモチでいっぱいながらも、
実はこの後、オダギリジョーオールナイトに行くため
涙を飲んでウーロン茶オンリー。



いろんな出会いがあって、でもその縁がときには途切れてしまうことも。
そんな中で、また新たな縁に出会って
疎遠になってしまった縁を忘れてしまったり。
とはいえ、中にはその後も近しいままいられる人もいて、
そういう縁は本当にありがたいし、大切にしたいと思う。
彼女もそんな人のひとり。
どうか、これからも宜しくね。

そして、桜の蕾が綻ぶのと比例して
少しずつ増えていく新しい出会いにも期待♪

posted by しがない物書き椿屋 at 23:48 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年03月16日

プラネタリウム&道頓堀極楽商店街

10年以上ぶりに「大阪市立科学館」のプラネタリウムへ!
街の明かりが消えて、真っ暗になった瞬間に浮かび上がる
無数の星々の輝きに、城崎で見た満天の夜空を思い出す。
やっぱ、星ってロマンですね〜。

その後、以前から気になっていた
「道頓堀極楽商店街」へ移動。
ニュースでもよく取り上げられている
建物そのものがレトロに造られていて
いくつものお店が出店しているビル内の商店街。

image/tsubakiya-2006-03-17T01:48:36-1.jpg

5階が受付で、入口でカードを受け取る。
館内はすべてそのカードで支払いをして
最後に出口で一括精算するシステム。
5〜7階は階段で移動しながら
いろんな店を見て回る感じ。
たこ焼き、お好み焼などの粉もんの店はもちろん、
レトロな喫茶店、マジックバー、駄菓子屋など
とにかくいろんな店がちょっとした迷路みたいな状態に。

トイレもこんな感じ。

image/tsubakiya-2006-03-17T01:54:07-1.jpg


人生初の占いもしてみたり。
20分2100円。
占いって意外に高いよねぇ。
全く興味ないんやけど、ショーまでの時間つぶしで。
いろんな占い師の中からお気に入りを選べるシステムで、
ワタシがチョイスしたのは筆跡鑑定をしてくれる人。

image/tsubakiya-2006-03-17T01:56:09-1.jpg

まずは、名前と生年月日を記入。
生まれた時間を聞かれて、「知りません」って答えたら
「いまここでお母さんに電話してもらえませんか?」とのこと。
そこまでせなあかんの?!と思いつつ、とりあえず電話。
が、なぜが実家の電話はルス電。
占い師、かなり困った顔で続ける。

image/tsubakiya-2006-03-17T02:08:00-1.jpg

しぶしぶ次へ。
筆跡を見るために、「何も考えず写してください」と出された紙には
『話上手は嘘名人』
ワタシのことですか??

いろいろ言われたが、要約すると以下の通り。
・白黒はっきりつけすぎるので、妥協しないと恋愛は難しい
・今年の6月に出会いあり
・32歳までは仕事一直線
・結婚するなら36歳以降か
・文字を書くスピードが速い人は、自分の殻に閉じこもる傾向が強い

とにかく、「妥協しろ」ってことを5回くらい言われた。
ちょっと失敬なんですけど。


その後、ミュージカル調のショーを観る。

image/tsubakiya-2006-03-17T02:09:31-1.jpg

ショーの途中で友人が合流。
小龍包が美味しかった店で再度ごはん。
っていうか、ずっと何か食べてる状態。
南京町より危険な暴飲暴食ゾーンたらーっ(汗)
あんまり期待してなかったけど、ここは面白い!
一度は行ってみて。


     
     *****



帰って、コンタクトをとりメガネをかけようとした瞬間。
カツ〜ン

image/tsubakiya-2006-03-17T02:15:14-1.jpg

……レンズ、外れましたけど。





・・・詳しくは公式HPを
posted by しがない物書き椿屋 at 21:48 | 京都 ☔ | Comment(9) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年03月14日

さて、何でしょう?

image/tsubakiya-2006-03-15T12:00:53-1.jpg

最後の(たぶん)28歳の誕生日プレゼントをもらった。
椿柄のてぬぐい、かなりツボ!
「かまわぬ」はお気に入りの手拭いショップなんで、興奮気味。
関西には店舗がないから残念やけど。
ちなみに、お店のHPはコチラ↓
http://www.kamawanu.co.jp/


さて、ここで問題です。
そのてぬぐいの上に乗っているのは、いったい何でしょう?



・・・答えはこちら
posted by しがない物書き椿屋 at 23:00 | 京都 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年03月13日

春らんまん

春の訪れを告げる、花。
その代表格は、きっと桜やと思うけど。

個人的には、なぜか
チューリップ!!
しかも不思議と、黄色いやつ。

椿、水仙、梅、桃、桜……
いろんな花が咲き出して、少しずつあったかくなるのを
肌で感じるいまの時季。
まあ、今日は雪降ってたけど雪

お店で飾られてるアレンジや花屋、
デパートなんかで見かける展示で
チューリップを見ると
明るい気分で「春やな〜」と思う。

自転車をこいでるときに
ふと鼻先をくすぐる沈丁花の香りは
青〜い高校生時代をよみがえらせる。
ちょっと懐かしい気分で「春かぁ」と思う。

そろそろ、花屋の前がカラフルな色で彩られるころですね。
posted by しがない物書き椿屋 at 23:13 | 京都 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年03月03日

♪きょ〜おはたのしい

ひな祭りかわいい

階下ではもちろん、桃の節句を祝うお食事会が行われ、
シェフの母上とご近所のおばあさんも一緒に
ちらし寿司や和菓子やケーキや雛あられに
2匹のチビ怪獣たちは大興奮。

七段飾りは物理的に無理なので
お内裏様とお雛様のみ。
しかも、実は台はスーツケース(店用の食材入り)。

image/tsubakiya-2006-03-03T19:59:06-1.jpg



気付いた人もいるだろうか。
実は、お内裏様の冠ナッシング!



ちなみに、ここでは女雛が右手(上手)。
関西では、まだ逆のところも多い。
元々は向かって左(下手)に女雛を飾ったらしいが、
明治維新後、西洋文化が入ってくると
この並びが欧米諸国では逆であったことから
輸出用の人形は「左が男雛、右が女雛」となったとか。

また、昭和天皇即位の際に洋装の両陛下が
「左に天皇、右に皇后」と並んだこともあって
関東を中心におおむね女雛は右となっているらしい。

あんまり役に立たない雑学その一でした。
その二がどこで出るかはお楽しみに〜。



・・・無残なケーキを前に
posted by しがない物書き椿屋 at 19:59 | 京都 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年03月02日

ボクもやる!!

出張マッサージをやってる友人がきてくれた。
まずは階下のオーナーシェフを70分。
次いでワタシが70分。
その後、ワタシが貸していた絵本「あらしのよるに」を
いったん家まで取りに戻って17時半頃、再度来訪。
今度は奥さんが30分(上半身)。
ワタシはそれを横目に晩ごはんの準備。

2歳と5歳の怪獣がいると、30分が限度で
あと少しというところで
息子が乱入。
「ボクもやる!!」とばかりに
マッサージに挑戦。
邪魔と思いつつも、「はい、うまいね〜」「ちょっとどいてね〜」と
やさしい声をかける我が友人。

image/tsubakiya-2006-03-02T19:23:10-1.jpg

そんな様を見ながら
「せやな、やっぱ手に職や」と教え込むワタシでした。

posted by しがない物書き椿屋 at 19:23 | 京都 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年02月28日

ケチった灯油を蹴散らかした…

昨日の昼、灯油が底をついたので
これはいまある分でなんとか寒さを凌がねば!と
ちびちび使っていた。
ちょっとあったかくなったかな?と思ったらすぐさま消してみたり、
気休め程度に設定温度を下げてみたり、
部屋を出入りする際には出来るだけ細く開けて冷気が入るのを防いでみたり。
と、なかなか涙ぐましい苦労を重ねる。

そうこうして今日の夕方。
灯油さんのタンクローリー?が回ってきた。
ガソスタに行かずとも灯油が手に入るとあるとはなんて便利な!!
空のタンクを渡せば、あっという間に18リットルの灯油を入れてくれる。
1タンク1490円也。
なんかね、幼い頃に近所にやってきた
ポン菓子のトラック追っかけた記憶がまざまざと蘇ったわ…。

これでやっと好きなだけストーブ使える!と意気込めば
警告ランプが点灯したのは深夜。
けっこう残ってたのね…。
で、夜中に寒い階段でひとり
醤油チュルチュルで灯油を補充していたら
どこで気をそらしたのか

ドピュッ〜!!!!

溢れてる!溢れてる!
慌てて手を止めて、チュルチュルを逆に差し込んで灯油を戻す。
とはいえ、こぼれた分はどうしようもないため
スリッパで踏まないようにしながら
必死でぞうきんがけ。
深夜の暗がりでぞうきんがけ。
しかもヌルヌルする灯油を。

その後、しばらく灯油臭かったのは言うまでもない。
やっぱりスリッパの裏にもついてるようだ。
だって、部屋があったまればあったまるほど
玄関あたりからふわ〜と香りがたらーっ(汗)


灯油を入れてるときに考え事をするのは危険だ。
ときどき、人は当たり前のことを再認識する。

posted by しがない物書き椿屋 at 00:42 | 京都 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年02月26日

腰痛、通常状態に戻りました。

本人が驚くほどのレスがあったので、
ここに改めてご報告を。
しかし、あの激痛なんやったんでしょうね?
ただの筋肉痛やったりして…たらーっ(汗)

とにもかくにも。
正しい知識を持って、フィットした靴を履くべき。
という教えは知れたわけですから。
今後それが実現されるかどうかは別として
得たものはあった、ということにしておこう。


     *****


昨日、今日、そして明日と
しっかりカンヅメ。
アパートの外に一歩も出てません。
灯油も底をつき、いまストーブに入っている分を
ちびちび使っている有様です。
それでも、食べるものだけは階下にあるので
いままでのカンヅメ生活に比べれば
天と地ほどの格差。
早くこの修羅場から脱出したい……
脱出したら、出かけまくって
呑むぞ〜!!

みなさま
近々、夜の電話が鳴ったら
ワタシからのお呼び出しだと思ってくだされ。
決して、無視などなさいませぬよう。

posted by しがない物書き椿屋 at 22:35 | 京都 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年02月23日

いただきものがいっぱい!

image/tsubakiya-2006-02-23T20:52:55-1.jpg

はい、カニです。
今朝、城崎からやって来ました。
ワタシの母が、昨日送り出してくれたもの。
階下のシェフに受け取ってもらい
今宵のご馳走とあいなりました。

ちなみに、先日のカニ鍋で
奥さんが切れ目を入れずに投入したため
今夜はシェフ自らが美しい下拵えをしてくれました。
さすが!本職ぴかぴか(新しい)

image/tsubakiya-2006-02-23T20:54:18-1.jpg


そりゃもう、家族でバクバクガツガツ食べ散らかしました。
娘は「こんなん生まれて初めて食べた〜るんるん 甘〜いexclamation×2」と大絶賛。
ってか、アナタまだ5歳だから(苦笑)
脚部分では一番上等のカニを当たり前と思わないでねあせあせ(飛び散る汗)

image/tsubakiya-2006-02-23T20:56:56-1.jpg


     *****


本日、出張整体をしている友人がシェフのところへ。
ついでに、旅行の土産を部屋の前に置いてってくれた。
お菓子がいっぱい!
階下にもお裾分け。
ちなみに、黒いキャンディーはコン○ーム(笑)
お礼の電話で「あれ、ふつ〜にキモチいいわよ」とのこと。
そのとき初めてキャンディーじゃないことに気づくたらーっ(汗)
危ない、危ない。

image/tsubakiya-2006-02-23T21:09:26-1.jpg


     *****


でもって、シェフからは「盆梅展」のお土産をいただく。
ちなみに、「盆梅展」は長浜の有名なイベント。
先月、関西じゃらんで軽く取材したばかり。
いくら有名でもそんなにぎょうさんの人が行くんかなぁ?と
実は半信半疑だったので、ちょっと驚いた。
このお餅、ほんまにすごい酸味の強い梅味でそれも驚いた。

image/tsubakiya-2006-02-23T21:09:34-1.jpg


posted by しがない物書き椿屋 at 20:52 | 京都 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年02月22日

いつか実を結ぶやもしれぬ種との出会い

取材をはじめ、いろんな場所でいろんな人に出会う。
どんなときでも基本は「一期一会」。
とはいえ、そこから広がったり繋がったりすることもあって、
「縁」とは本当に不思議なものだと痛感することもしばしば。
また、意外なところで関わりがあると判明することもあって、
「偶然」とは本当に奇妙なものだと改めて思うこともままある。

損得の「得」を期待して
つながりを濃密なものにしようと企むわけではないけれど
面白そうな人とは一歩でもいいから
距離を近づけたい。
そのためにできることはと考えれば
やはり「タイミング」を逃さないこと。
どんなものにも「時期」があって
尚早でもダメなら、見過ごしてもダメで。

お声がかかったら、ダブルブッキングしない限りは
(ま、たまに気が向かないこともあるが…)
足を運んでみる。
とにかく、動く。
それゆえ、見えてくるものに目を凝らす。
そうやってやってきて、
得たモノは本当に多い。

今日もまたひとつ。
面白い出会いに恵まれた。


「ネオンアーティスト」の安彦哲男氏との
濃縮された2時間はとても有意義で
純粋に楽しいひとときでした。

image/tsubakiya-2006-02-22T22:41:37-1.jpg
http://www.bico-neon.com



     *****



最後の取材直前に電話。
明日、取材でお世話になる「カロム」の件について。
撮影させていただくカフェが近所だったので
取材が終わってから伺ってみることに。
「SARASAかもがわ」
http://www.cafe-kamogawa.com/

明日、某TV局のクルー映画が入り
芸人さんが「カロム」に挑戦することに。
ロケ、同行したかった!!
が、仕事ビッチリで無理なので
ひとことご挨拶も兼ねて。

そしたら、ちょうど今夜が「カロム教室」の日。
すっかり忘れてたんで、ちょっとビックリ。
ついでに晩ごはんを食べてから
少しだけ見学して、帰宅しました。

image/tsubakiya-2006-02-22T22:57:51-1.jpg

ここの店長さんが、手作り市で知り合った友人と仲良しで
意外なところでつながりを発見!!
いや〜、ほんま京都は狭い!

ごはん美味しかったし、
久しぶりにまた来よっかな〜と思ったお店。
前回の取材のときは、
店ではなく店長さんのインタビューやったんで
料理は見てないし食べてなかったので。
仕事終わって寄るには
なかなかナイスなカフェになりそうるんるん

みなさんもぜひ一度どうぞ。


posted by しがない物書き椿屋 at 22:41 | 京都 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年02月21日

なんたる不覚…

ズルズルズルズル
ズズズズ
ズピーーーー


洟風邪をひきました。
大家さん家の息子にうつされ
洟かみすぎてヒリヒリする。


部屋の中で、ケータイは急に圏外になるし
その後メールも送信できんようになるし
ケータイからPCに写真送れんから
ブログも中途半端なままやし
さっき久方ぶりにおなか下したし
とかなんとか
書き込みしているうちにも
鼻水垂れてくるし

ズルズルズッズッズ
タレ〜〜〜〜



posted by しがない物書き椿屋 at 23:36 | 京都 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年02月20日

模擬挙式(中略)報告 Part2

今朝は朝からしとしと雨。
雨の音が目が覚めた。
目覚ましをかけず、ふっと目が覚めるときって
不思議と心地よい。
とはいえ、しばらくはその心地よさの中で睡んでいたいところ。
いやいや。
仕事や洗濯やごはんもあるし、
何より昨日の続きが!
待ってくれている(いるのか?)皆様のためにも
着々と更新せねばなりません。

では、いってみよー!!


12:00 披露宴スタート☆

image/tsubakiya-2006-02-20T11:42:50-1.jpg

tsubakiya-2006-02-20T11_43_41-1[1].jpg
↑政田マリ、名司会っぷりカラオケ


image/tsubakiya-2006-02-20T11:49:21-1.jpg
↑スタッフさんたちもしばし聞き惚れる?!


image/tsubakiya-2006-02-20T11:50:15-1.jpg
↑まずは「カンパ〜イバー
キュートな笑顔でワタシをウハウハさせてくれてるのは
コンテンポラリーダンサーのまりちゃん。
穏やかな佇まいに、すっと1本通るしなやかな強さを感じさせるお嬢さんです。

後方、政田の隣に立っているのが
新郎の上司役を務めた殿方。
政田がでっち上げたプロフィールにちゃんと乗ってくれて
「ただいまご紹介に預かりました株式会社ヒューマン〜」と
会社名や役職をきちんと把握!
いや〜、素晴らしい乾杯の挨拶でした。


image/tsubakiya-2006-02-20T11:54:44-1.jpg


ベトナムフレンチのフルコースぴかぴか(新しい)
まずは前菜から。
とはいえ、この後ワタシは各テーブルに愛想振り撒きに
出張しまくっていたので
1皿目以降の写真は割愛。
本当に美味しかった!
食べてる間ももちろん、終わってからも
料理に対する評判は上々でした。
シェフ、ありがとうございました!!

image/tsubakiya-2006-02-20T11:58:37-1.jpg


image/tsubakiya-2006-02-20T12:01:41-1.jpg
↑途中、お色直しのために新郎&新婦は一時退場。
再入場は、キャンドルを手に
新婦は美しいアオザイ姿で。


image/tsubakiya-2006-02-22T22:23:26-1.jpg
↑テーブルを順に回り、各代表者のキャンドルに火を灯す。
このキャンドル、スタッフさんの手作り!
お店でも販売しているので、興味のある人は一度行ってみてくださいな。


tsubakiya-2006-02-22T22_22_11-1[1].jpg
↑最後に自分たちのメインテーブルで大きなキャンドルに灯りを移す。


tsubakiya-2006-02-22T22_21_27-1[1].jpg
↑続いて、ケーキ入刀。
うちのPCはなぜか「入刀」の変換ができない…ちょっとあほなヤツです。
新郎、ばっちりカメラ目線カメラ


tsubakiya-2006-02-22T22_18_42-1[1].jpg
↑「なんかポーズでもとってや〜」ってリクエストしたら
こんなベタ〜いピースサインくれました(笑)


image/tsubakiya-2006-02-22T22:13:59-1.jpg
↑友人たちと記念撮影。
を撮影している風景を撮影。
ワタシの背後にはなっちゃんがいて、
手前でケータイやらデジカメを構えている我々に向かってにっこり。
このとき、手でハート型黒ハートをつくるのが
いまの流行って知ってましたexclamation&question


image/tsubakiya-2006-02-22T22:11:52-1.jpg
↑さっきのケーキとベトナムコーヒーが振る舞われる。
新郎&新婦には特別バージョンのミニケーキが!
とはいえ、テーブルに置かれた瞬間
「はい、もらいま〜す」となっちゃん(笑)
隅っこのテーブルで撮影です。


image/tsubakiya-2006-02-22T22:11:25-1.jpg
↑途中で気づいて、慌てて写真。
ワタシが食べ散らかした後たらーっ(汗)

NEC_0532.jpg
↑ブーケリボンかわいい
未婚の女性たちが参加してくれました。
アタリを引いたのはワタシが昔バイト先で仲良くなった女史。
いまは小学校のセンセイ。
やっぱりガツガツしてるとあかんのよ。
ね?みゆき(笑)


image/tsubakiya-2006-02-22T23:34:10-1.jpg
↑式中、何度かの退場シーンで
その度なっちゃんから「早い!」って笑顔でダメ出し。
やっと最後の退場で少しだけゆっくりに。
遅いがな…


image/tsubakiya-2006-02-22T23:32:27-1.jpg
↑最後は、庭に出て集合写真撮影。
有無も言わさず全員参加。
2階の踊り場からなっちゃんが指示を飛ばす。
ワタシは別嬪キモノ姿のMIZUHOちゃんの横へ。
ちなみに彼女はキモノデザイナー!
新風館にてお店を構えてます。
キモノや和モノが好きな人は一度覗いてみてくださいな。

「西村兄妹キモノ店」
http://www.kimono-breath.net/img_bbs/index.php



14:40 ちょっと押したけど、ひとまず式はすべて終了!

夜は通常営業なため、スタッフさんたちはガツガツ後片付けへ。
ワタシはこの後、いろんな人に挨拶をして
(もっとゆっくり喋りたかった人いっぱいいて残念)
大慌てで抜け出す。

15:00 タクシーを拾って、上七軒へ向かう。
    東京の雑誌の表紙撮影で、いつもお世話になっている「弓月」にて
    芸妓さんの写真を撮ることになっていたため
    30分ほど遅刻しながらも駆けつける。
    着いたら、撮影は終わってしまったもうやだ〜(悲しい顔)
    芸妓さん、見たかったのに…くぅ

17:00 取材終了。
    友人に電話して現在地を確認後、またもやタクシーにて街中へ戻る。
    この電話の後、ケータイの電源が落ちてしまうあせあせ(飛び散る汗)

17:40 新人運転手が道間違って、ちょっとキレ気味になりつつも
    なんとか四条河原町に到着。
    「高島屋の横の横」という分かりにくい説明を頼りに
    友人たちが集まっているカフェを探す。

17:50 なんとか合流し、そのまま喋りまくり。
    その後、会場だった「XUAN」へ戻って忘れ物をピックアップしてから
    四条烏丸まで歩く。
    小腹が空いたとお嬢様方がおっしゃるので
    ドレスアップした格好のままCOCON烏丸でラーメンをすする。
    その後、またカフェでお茶。

21:30 新郎を務めてくれた執事が京都駅へ。
    翌日朝から仕事だというのに、夜行バスで帰るという。
    気合いと根性ですな。

22:40 最後まで残っていた一番古株の友人と元同居人。
    それぞれに家路へと着いたのでした。

23:30 やっとこさ帰宅。長い一日だった。

tsubakiya-2006-02-22T22_07_15-1[1].jpg

    家を出るとき、そりゃもう部屋中ひっくり返してキモノを着たため
    泥棒に入られたような有様。
    これから着替えて、お風呂入って、これを片付けるのかと思うと
    それだけで疲れが倍増。
    ひとまず現実逃避で、送られてきたたくさんのメールに返事を。


深夜、仕事から帰ってきたオーナーシェフがドアをノック。
ひとしきり感想を述べ合いつつ、プチ反省会。

本当に楽しいパーティでした。
参加してくださった皆様
一緒につくり上げてくれたフォトグラファー石川奈都子嬢、
衣裳屋さん、花屋さん、ケーキ屋さん、サロンさん、
店のスタッフさんたち、司会の政田マリ嬢、受付の元同居人、
もちろん新郎&新婦役のおふたり、
そして何より話に乗ってくれたオーナー夫妻!
改めて
本当にありがとうございました。

また楽しい企画やるので
どうか今後とも宜しくお願いします。

posted by しがない物書き椿屋 at 11:54 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年02月19日

模擬挙式&異業種交流会という名の大コンパ報告

ご参加くださった皆様
本当にありがとうございました。
残念ながら参加できなくて悔しい!という皆様
盛り上がりを想像しながらお楽しみください。
パーティ?なんのこと??という皆様
とりあえず長いので(笑)
さくっとスクロールしてください。


     *****


昨夜、2時越えでカラオケ大会。
なぜ??
採点&罰ゲームの変顔写メに盛り上がり、
翌日のパーティのことが頭をかすめるも
勢いは止まらず…

7時起床予定なのに、寝入ったのは4時を過ぎる有様。
が!
ここぞというときは起きれるから天晴れです。

えっちらおっちら、狭い部屋でキモノを着付けて
オーナー夫妻(大家さん)をタクシーで追いかける。


8:50 会場入り
tsubakiya-2006-02-20T00_07_35-1[1].jpg


9:00 新郎(=執事)&新婦のふたりが会場入り→2Fのヘアサロで準備開始
image/tsubakiya-2006-02-19T23:26:17-1.jpg


9:10 お色直し用のアオザイにひたすらアイロンをかけるの図
もはや「女将」ではなくすっかり「おかん」なワタシ…
image/tsubakiya-2006-02-19T23:27:17-1.jpg


9:15 フォトグラファー(=なっちゃんこと石川奈都子嬢)会場入り
    さっそく現場で最終確認
image/tsubakiya-2006-02-19T23:37:28-1.jpg

なっちゃんのブライダルショットに興味ある方は
ぜひぜひHPもご覧あれぴかぴか(新しい)
http://www.h2.dion.ne.jp/~fo-point/bridalworks/bridal.html



9:25 受付嬢(=元同居人)到着→向かいのサロンへ
image/tsubakiya-2006-02-19T23:35:31-1.jpg


9:30 スタッフさんたち総出でセッティング
image/tsubakiya-2006-02-19T23:40:14-1.jpg
↑ちなみに、彼女がいつもステキなTOPイラストを描いてくれる辻ヒロミ嬢


image/tsubakiya-2006-02-19T23:40:55-1.jpg


9:40 フラワーアレンジメントを担当してくださる方が会場入り
image/tsubakiya-2006-02-19T23:42:48-1.jpg


tsubakiya-2006-02-19T23_43_35-1[1].jpg


10:00 ワタシが向いのサロンへ
10:40 受付嬢のセット完了→会場へ戻る
10:58 wタシのセット完了→会場へ戻る
11:00 受付開始
image/tsubakiya-2006-02-19T23:47:04-1.jpg

image/tsubakiya-2006-02-20T01:35:13-1.jpg
↑外の倉庫がクロークに早変わり!スタッフさん大忙しです。


tsubakiya-2006-02-20T00_00_56-1[1].jpg
↑司会担当の政田マリ嬢もアオザイ姿を披露!
カノジョのblogでもそのレポートがupされてます。
http://blog.livedoor.jp/mari_love_surf/archives/50422853.html?1140366608


tsubakiya-2006-02-20T00_02_45-1[1].jpg
↑ヘアメイクが完了した新郎&新婦は待機中。
肩が出てるため、新婦はなっちゃんの長いマフラーを巻きつけて暖を取ってます。


image/tsubakiya-2006-02-20T00:03:36-1.jpg
↑新婦のティアラ

image/tsubakiya-2006-02-20T00:05:47-1.jpg
↑新郎の手にはブーケ


11:15 式までの間に撮影
image/tsubakiya-2006-02-20T01:36:49-1.jpg



11:30 予定通り、人前式スタート☆ 新郎&新婦の入場
image/tsubakiya-2006-02-20T01:39:05-1.jpg

image/tsubakiya-2006-02-20T01:19:10-1.jpg

image/tsubakiya-2006-02-20T01:40:30-1.jpg
↑手前の後姿の祇園の1風は高校時代の友人。参加メンバーでは一番長いつき合い。

image/tsubakiya-2006-02-20T01:42:43-1.jpg


その頃、厨房は……
image/tsubakiya-2006-02-20T01:44:05-1.jpg
↑そりゃもうスタッフ全員てんやわんやあせあせ(飛び散る汗)


11:45 式後、外でまたもや撮影
image/tsubakiya-2006-02-20T01:45:44-1.jpg image/tsubakiya-2006-02-20T01:47:45-1.jpg
↑「かたいよ〜」となっちゃんの声が何度も(笑)
それでもちょっと慣れてきた(?)のか、「いいカンジ!」って言われて思わず笑顔。
しかし、寒い!


11:55 フラワーシャワーかわいい
tsubakiya-2006-02-20T11_33_54-1[1].jpg
↑テーブルにあるフラワーを手に取り、お庭へと出ていただく。

image/tsubakiya-2006-02-20T01:50:38-1.jpg tsubakiya-2006-02-20T01_51_37-15B15D[1].jpg
↑「おめでと〜」と声をかけつつ、花びらを舞わせる出席者の皆様。
とにかく、寒い!


tsubakiya-2006-02-20T11_40_23-1[1].jpg tsubakiya-2006-02-20T11_40_59-1[1].jpg

まだ続く。
が、ひとまず今宵はここまで・・・


posted by しがない物書き椿屋 at 23:26 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々まにまに
2006年02月11日

ちょっと息抜き

ワタシのPCったら、
「いきぬき」と打つと
真っ先に「生き抜き」と変換。
いや…確かに、生き抜きたいけれども。
常識で考えて「息抜き」ちゃうか?あんた…

11:15 北白川の交差点でデザイナーちゃんと待ち合わせ
    近所の昔ながらの駄菓子屋をロケハン。
    あまりに懐かしくて、スルメとプリンチョコを購入。
    40円也。
    100円あれば、けっこうおなかいっぱいになるんでは?と
    考えてしまうあたり、赤貧が身にしみている…

11:35 一乗寺で昼ごはん
    有名(らしい)蕎麦屋さんへ。
    おろしそばを頼む。
    想像以上のボリュームに、にんまり。

image/tsubakiya-2006-02-12T03:09:47-1.jpg


20:00 カジュアルフレンチでディナー
    友人と久々の逢引。
    潔く、財布は持っていかない(笑)

image/tsubakiya-2006-02-12T03:10:32-1.jpg

    3500円のプリフィックスコースのみ。
    安くて旨くてポーションも大きい。
    なんてステキ!
    メイン食べてる最中に、すでにお茶漬け食べたくなってる
    ワタシはやっぱり根っからの日本人…

23:10 久々のカラオケに♪
    急遽、4人ほどお呼び出し。
    優秀なことに、全員駆けつけてくれる。
    で、3時間ほど皆で熱唱カラオケ

image/tsubakiya-2006-02-12T03:16:11-1.jpg

2:00  明日8時、9時から仕事らしく解散。
    さすがに、ほろ酔いで河原町からチャリはしんどい…
    ゆるやか〜に常に坂やからね。
    カラオケの余韻覚めやらず、「CITY HUNTER」の主題歌を
    歌いながらご機嫌で帰宅。
    とはいえ、チャリとすれ違うときは小声になってしまう
    小心者なワタシをお許しあれ。



   

posted by しがない物書き椿屋 at 23:09 | 京都 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々まにまに