2010年10月21日

アオザイパーティ

来る11月27日、ベトナムフレンチ「XUAN」にて
アオザイパーティが開催されますかわいい

アオザイレンタルもあるので、持ってない方も是非。
パーティ用の特別コース料理が食べられます。
しかも、当日ゲームですてきなアオザイが当たるかも!

top_aodai_2010-11.jpg

日時:2010年11月27日(土) 18時〜20時(受付&着替え17時30分〜)
会場:ベトナムフレンチ「XUAN」
場所:中京区御幸町四条上ル西側 DECOV1階
料金:3800円(特別コース&1ドリンク)
TEL:075-212-0656


それから。
来る10月27日、NHK総合「あほやねん!すきやねん!」「LinhHoa」のアオザイが紹介されます。
関西地区では17時10分〜17時57分です。





〜本日のささこと〜
「……アホやアホやと思ぉとったけど ここまでアホやとは思えへんかったわ
 このあかんたれが!!」
「是‐ZE‐」4巻/志水ゆき(新書館)より





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。
posted by しがない物書き椿屋 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年10月03日

一度行ってみたい

羽田空港第二旅客ターミナルに
あぶらとり紙で知られる「よーじや」さんが新店舗「Yojiya Air」をオープン。

羽田空港第2ターミナル店1[1].jpg

ちょこっとだけお仕事で関わらせていただいたので
機会があればぜひ覗いてみたい!と思っている。

コンセプトは「ママとキッズにやさしいお店」。
店内には子どもたちが遊べるスペースがあったり
テスターが揃ったパウダースペースが利用できたり。

さらには日本初!のよーじやカプチーノ自販機が設置されていて
例のおかっぱの女性が描かれて出てくるのも注目です。

kamicup.jpg

空港利用の際はもちろん、家族や恋人と空港に遊びに行くついでに
ぜひぜひ訪れてみてくださいませー。

羽田空港第2ターミナル店3[1].jpg

posted by しがない物書き椿屋 at 23:07 | Comment(6) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年09月08日

「さよならノキロ いつのひかまた。」

何かしら不器用で、人一倍懸命に
ものづくりを続けている人たちとの出会いを手繰り
人と人、人とモノ、人と場所を結びつける。
そんな素晴らしいお店があります。
京都の西陣に。

「和」をばらすと「ノ」「木」「口」になることから
=「ノキロ」を店名に掲げたその店は
オープン8年目を迎える今秋に、新たな一歩を踏み出す。

たくさんの「縁」を結んだここ京都を離れて
故郷である広島県福山市に拠点を移すという。

はじめてインタビューをさせていただいたときから
何かとお世話になってきた佐藤夫妻の
審美眼、先見性に加えて、彼らの穏やかな気配と和やかな佇まいこそ
「nokiro-art-net」が多くの人たちに愛されている所以。

HPでのお知らせを見る前に直接届いたメールに
驚き、頷き、一抹の淋しさを感じながらも
おふたりの新たな門出を祝う気持ち。


その勇気。

わが身に置き換えて考えてみたならば、
京都を去りがたい想いがリアルに想像できて
素直に「すごい」と唸った。

決して捨てるわけではないけれど
一旦、置いていくことの潔さ。
そこに不安はあれども、同じだけの期待もまた
彼らの背中を後押ししているのかもしれない。

近い将来、目標に掲げた「居心地のよい集いの場」を持ったおふたりと
いつのひかまた、京都で会えることを願って――。


スキャン.jpg

店舗は今月末まで営業。
15〜30日は「Thanks Market」が開催されます。





〜本日のささこと〜
「古書店という恋の舞台がいい。古本を手にしたときの紙の匂いによく似た、仄かな恋の切なさに胸を打たれた。ケイタイが普及した時代ではめったに味わえない、節度ある恋が愛おしい。」
「かたみ歌」朱川湊人(新潮文庫)所収、諸田玲子の解説より





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。
posted by しがない物書き椿屋 at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年08月03日

行きたいけど、行けない。

展覧会をふたつ。


itsuka.jpg

天然素材でものづくりをしているアクセサリー作家itsukaちゃんが
服の作家さんと合同作品展を開催中。

青い海、碧い森、蒼い鳥…。
ふたりのつくる【ao】の世界をお楽しみください。(DMより)


「itsuka&atelier mongol 合同展」
期間:2010年7月29日〜8月11日
時間:11時〜20時 ※最終日〜18時
定休:月曜(祝日の場合は翌日休)
会場:Duce mix shop
場所:京都市中京区三条通高倉東入ル Duce mixビルヂング4F
TEL:075-211-9076




mamizu.jpg

手描染屋眞水ちゃんの二人展が明日より。
彼女の描く蓮の掛け軸や暖簾、人気のTシャツや器が
陶芸家・伊藤剛俊氏の香炉や花器と並んで
京町家での夏を彩ります。


「ナツノオモカゲ 染と陶 二人展」
期間:2010年8月4日〜11日
時間:11時〜19時
会場:nokiro-art-net
場所:京都市上京区仁和寺街道七本松西入ル
TEL:075-464-9622

※眞水ちゃんは、7日(土)と8日(日)に在廊予定。

posted by しがない物書き椿屋 at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年07月22日

横浜&新宿へ行きます。

「Linh Hoa」の催事で、横浜と新宿へ行くことになりました。
2週間、丸々の出張!
なんかデキる女子って感じ?(笑)


「アジアフェア」
期間:8月5日〜10日
会場:横浜京急百貨店
場所:神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
アクセス:京急線、横浜市営地下鉄線「上大岡駅」直結


「エスニックバザール」
期間:8月12日〜16日
会場:新宿京王百貨店
場所:東京都新宿区西新宿1-1-4
アクセス:京王線、都営大江戸線、JR、小田急線「新宿駅」すぐ


関東方面にお住まいの皆様方、ぜひぜひ遊びに来てください☆
久しぶりに友人たちにも会えるので楽しみ♪
毎日酒盛り、なんてことにならないようにスケジュール調整します(笑)


それはさておき。
先日の西宮阪急催事で友人がオーダーしてくれたアオザイが出来上がり、
「M-HERO」という金襴を使ったオリジナルグッズをつくるショップの
10周年を記念したイベントパーティに着てきてくれた。

NEC_0779.jpg

文句のつけようがない歩く広告塔!!
Kちゃん、ありがとう☆

posted by しがない物書き椿屋 at 13:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年07月01日

夏が似合う女子

彼女の、描く蓮の息遣いは独特で、とても艶かしい。

スキャン.jpg

「眞水の夏ころも展」が、開催中です。
届いたDMに嘆息。

今年はゆかたをつくったそうで。
蓮はもちろん、夏の草花のTシャツに加えて
ワンピースや鞄や日傘もあるようで。
期間中に必ず、行きたい。



「眞水の夏ころも展―朝露、木陰、夜の香―」
日時:2010年6月26日〜7月6日
会場:Duce mix shop
場所:京都市中京区三条通高倉東入ル桝屋町53-1
   Duce mixビルヂング4F
TEL:075-211-9076





〜本日のささこと〜
「侍だから他のたつきは持たぬ、一人では生きられぬというのなら、家に伴うその重みをも、背負うしかないだろう。」
「つくもがみ貸します」畠中恵(角川文庫)より





※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。

posted by しがない物書き椿屋 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年06月21日

夏は気になる芝居がいくつか

毎回観に行くキャラメルボックスに、今回が最終公演になる劇団M.O.P.
さらにはヨーロッパ企画の最新作『サーフィンUSB』などなど。

ヨーロッパの面々は、いつも新作発表会をユニークな場所で開く。
前は通天閣で、今回はブリーゼブリーゼ

NEC_0730.jpg NEC_0731.jpg

写真撮影は、前兆12mのマリオネット「ブリチャン」の前で。



今回は、タイトルが示すようにサーファーたちが集まって
いつものごとく何やらドタバタしたコメディになる、予定だそうで。
誰ひとりサーフィンしたことないけれど、
いろんなタイプのサーファーに扮して愉しませてくれるよう。
異様な舞台で、ちょっとSFで、だから近未来で、
時代背景が少しずつ明らかになる仕掛けがある
「ダサかっこいい」人たちが魅せるエンターテインメント
に、なることを期待して。

上田氏曰く。
純粋な娯楽であるサーフィンは、コメディと通ずるところがあるのだとか。
傍から見て、何の役にも立っていない振る舞いは
2時間観ても何の役にも立たないコメディづくりと共感できる。
役には立たないけれど、あるとうれしい。
役に立つことだけが価値じゃない。
ただ愉しむ。
それ以上でも以下でもないコメディを、観たいものです。

ホームである京都の京都府文化芸術会館を皮切りに
東京は本多劇場、大阪がサンケイホールブリーゼ
福岡ももちパレス、広島アステールプラザ大ホール
名古屋のアートピアホールが大千秋楽となります。

NEC_0732.jpg

posted by しがない物書き椿屋 at 18:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年06月18日

リンホア催事

アオザイ&ベトナム雑貨「LinhHoa(リンホア)」の次回催事は
6月23〜29日の1週間、JR三田駅前の三田阪急です。

実家から近いため、期間中、またもや帰省。
期間限定の快適な晩嬢暮らしをしながら
働くことだけに専念する予定です。

ちなみに「晩嬢」とは。
「晩年のお嬢様」の略。
30歳以上の未婚者で、実家暮らしをしている女性を指す。
要するに一昔前の「行かず後家」「オールドミス」「ハイミス」を
現代のライフスタイルに照らし合わせてつけられた新しい呼び名。


というわけで。
昨日、オーナーがベトナム買い付けから帰国したので
今回はかわいい商品がたっぷり山盛りです!
みなさまぜひお誘い合わせの上、ご来店くださいませ☆

posted by しがない物書き椿屋 at 17:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年05月11日

男前な料理本

以前、当ブログでもパンやチロルチョコを紹介した男前豆腐店から
男前豆腐を使った100の料理レシピが掲載されている
「男前豆腐店の実録豆腐料理集 男の100連チャン」が絶賛発売中!

スキャン.jpg

その出版記念パーティに参加してきました。

レシピ本で紹介されている料理を試食したり

NEC_0707.jpg

ジョニーこと伊藤社長がヴォーカルを務めるバンドの生演奏を聴いたり

NEC_0712.jpg

この本の撮影を担当したカメラマンF氏の男前な後ろ姿を激写したり

NEC_0714.jpg

ちなみに、この本を買ったイラストレーター辻ヒロミ嬢
ちゃっかりライター高橋マキさんとジョニーさんの
サインをもらってました(笑)

NEC_0715.jpg

NEC_0708.jpg


紹介されている100のレシピは、
京都で活躍する30名の料理人がこの本のために考案したもの。
中には、ワタシの大家さんでもあるベトナムフレンチ「XUAN」も☆

第一章 俺の奴
第二章 ジョニケン
第三章 サラダと和え物
第四章 煮たり焼いたり炒めたり
第五章 鍋とスープ
第六章 豆腐メシ
第七章 菓子とデザート

といった構成で、料理はカテゴリ別に。
さらには、商品紹介や工場見学、社員食堂といったコラムもあって
男前豆腐のあれこれを網羅した一冊になっています。
ちゃちゃっと簡単につくれる!をテーマに掲げたレシピ本。

豆腐って案外アレンジしないというか、
夏は奴、冬は湯豆腐…でいっか、となりがちなので
ワタシもこの本のレシピをひとつひとつ試してみながら
豆腐料理の腕を磨いていこうと思います。

posted by しがない物書き椿屋 at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年05月03日

月1やさい市

新鮮な大原やさいが劇場に!

スキャン.jpg

大原で有機・無農薬野菜をつくっている
「オーハラーボ」が新鮮野菜を販売する朝市で、
4月から「hanare」がカフェを担当。
5月は休みだが、
6月28日
7月26日
8月23日
9月27日……と
毎月第4月曜日に開催される。
時間は10〜13時頃。

場所は「アトリエ劇研」
京都市左京区下鴨塚本町1
075-791-1966
詳しくは「アトリエ劇研 やさい市」まで。

自転車圏内やし、一度行ってみよう。うん。

posted by しがない物書き椿屋 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年04月20日

コスプレ店員

ベトナムフレンチXUANの奥さんが展開するブランド「リンホア」
催事スタッフとして西宮阪急で「俄か販売員」に成りすまします。

NEC_0683.jpg

21〜27日の10〜20時(最終日は〜17時)で
「京阪神の素敵なお店」の1店舗として
1階催事スペースにてアオザイ&ベトナム雑貨を販売します。
ワタシがアオザイを着て接客しているのは
22、24、26、27日の4日間です。
「アオザイ着るよ」と言ったら、「コスプレやな!」とのレス多数(笑)


お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ遊びに来てください!

NEC_0684.jpg

ちなみに、同じく21〜27日の1週間
神戸大丸でも出店していますので、そちらも宜しくお願いします。


posted by しがない物書き椿屋 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年04月02日

匠の技が光る。

昨年末から関わらせてもらっていた仕事が
無事、カタチになって送られてきた。

「京都匠倶楽部第8号 匠の京都案内」

スキャン.jpg

京都でモノづくりに向き合う匠たちが
「100年後も京都に残したいもの」を通して
他にはない切り口の京都を紹介するムック本。
読みものとしても充分に楽しめる1冊に仕上がっています。

ジャンルは違えど、同じモノづくりに携わる者だからこそ
見えること、感じ入る点から観る新たな魅力=匠ポイントが
そこかしこにちりばめられております。

無骨すぎず、堅苦しさもなく、
でも押えるべきところは押える。
そんな筋の通った本になっていると
手前味噌ながら…思っている次第です。

なぜならそれは、ワタシ以外の
職人ツウなライターさんたちの審美眼に
ワタシ自身が唸らされたから。

ぜひ、お手にとってご覧くださいませ〜。





〜本日のささこと〜
「この思いは和らいでいくのか、深く積もっていくのか。段々と、年と共に心にのし掛かり、いつか夜に、短い叫び声と共に飛び起きることになるのかもしれない。」
「まんまこと」畠中恵(文春文庫)より



※「ささこと」とは、刺さった言葉の略。小説、マンガ、ドラマ、映画、さらには友人知人との会話に至るまで……さまざまな状況で見聞きした言葉の中で、ワタシの心が奮えたものの記録です。

posted by しがない物書き椿屋 at 23:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年02月27日

アオザイ&ベトナム雑貨

100226_2002~01.jpg

2月24日〜3月2日まで、
京都高島屋6階、マピエス売り場にてリンホアが催事中。

リンホアは、「ベトナムフレンチXUAN」のオーナーでもある
シェフの奥様が展開するアオザイ&ベトナム雑貨の新ブランドです。
主軸は、アオザイのオーダーメイド。

ベト好きの方、ぜひお立ち寄りくださーい☆

posted by しがない物書き椿屋 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年02月19日

明日、発売です。

年末年始にがっつり携わっていた
じゃらんムックシリーズ 京都2010−2011」が発売されます。

image.jpg

ワタシが記事を書かせてもらっているのは
京の昼ごはん&夕ごはんの特集ページ。

紹介しているお店のうち何軒かは
ワタシのいきつけだったりします☆

さらに、友人の編集者が死に物狂いで作成したアクセスページは
かなり細かく、お得に使える情報が満載!!
ツアーじゃない京都旅を楽しみたい人には便利だと思いますよ〜。
と、こんなところで地味に友人を労う(笑)

京都に住まう編集者、ライター、カメラマンが総力を結集して
コツコツとつくりあげたガイドブックですので
一度、手にとってみてくださいな。
全国の書店やコンビニで手に入るはず、です。

posted by しがない物書き椿屋 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年02月18日

ポストカード展

すてきな葉書が届く。

表.jpg

友人でもあり、その身軽さにいつも感服させられる仕事仲間でもある
写真家・石川奈都子嬢のポストカード展がはじまります。

その名も、
「Natsuko Ishikawa postcard Exhibition 2010」。

「京都でみつける骨董小もの」(松村美賀子著/河出書房新社刊)のために
撮り下ろした写真から厳選した10枚のポストカードたち。
彼女が撮影の中で美しいと感じた「もの」の引き立つバランスが
一枚のポストカードに閉じ込められていて、
漂う「空気感そのもの」を楽しむための展覧会です。

ちなみに、ポストカードだけじゃなくなったらしいので
そのへんもいまから楽しみ♪

京都はそろそろ梅の季節。
25日には天神さん(北野天満宮)で梅花祭もあるので
ぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょう。


「石川奈都子2010年ポストカード展」
期間:2010年2月20日〜3月7日 ※月火休
時間:11時〜19時
会場:nokiro-art-net ノキロアートネット
場所:京都市上京区仁和寺街道七本松西入ル南側
交通:市バス「千本中立売」から徒歩約6分
TEL:075・464・9622

posted by しがない物書き椿屋 at 18:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年02月17日

テレビに出ます。

長島スパーランドに行ってきた。
ロケで。
仕事ではなく、出演者として(笑)

NEC_0610.jpg

なんと!!
ワタシったら、温泉で婚活なぞしてきましたー。

NEC_0611.jpg

1泊2日、バーベキューあり、観覧車トークあり、浴衣で宴会あり!
という6×6のガチ婚活温泉番組にこっそりエントリーして
ちゃっかり受かっていたというわけなんです。

だから、3日もかけて部屋の大掃除をしたり、
イメチェンで編みまくったヘアスタイルにしたり。

女子はかわいこちゃんばっかり!!
そこにテンション上がりながら、
TKOのおふたりにちゃっかりいじってもらいつつ、
しっかり駆け引きしてきました(笑)

詳しい模様は、
2月28日(日) 深夜24:35〜 関西テレビにて。

さぁて、ワタシはいったい誰と結ばれたのでしょーか?!

TKO婚活_015.jpg
TKOの木本さんも馴染んではります(笑)

posted by しがない物書き椿屋 at 17:59 | Comment(10) | TrackBack(0) | お知らせ
2010年01月14日

絵本作家、誕生。

絵本.jpg

イラストレーター辻ヒロミ嬢の古くからの友人であり、
ファンタジックな画を描くすてきな作家。
矢原由布子ちゃんが絵を担当した絵本が発売されます。

彼女には「こころこむすび」のイメージ画を作成してもらったり、
大阪で開催された個展でポストカードのオトナ買いしたり。
とても好きな作品を描く人なので、これはもう宣伝!宣伝!と。
実話をベースにした「いのちの絵本」らしく、
保健所に送られる犬たちの物語らしいです。

みなさま、ぜひ書店にて手にとってご覧くださいませ。


2010年1月20日発売!
「Wauschwitz(ワウシュヴィッツ)
文=吉川愛歩/絵=矢原由布子
発売元:無双舎
定価:1365円(税込)
posted by しがない物書き椿屋 at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
2009年11月27日

キャンドル、つくりましょう。

「musubi cafe」で毎月開催しているイベント情報☆

来る12月13日の「こころこむすびvol.6」
キャンドル作家nuriさんを迎えての
オリジナルキャンドルづくり体験講座です。

クリスマス前やしね。
日に日に寒くなってきたしね。

candle_fry.jpg

みなさまのご参加、お待ちしてます。
たまたま重なったとはいえ、11〜20日は、嵐山・花灯路も開催中。



※11月29日で満員御礼。
posted by しがない物書き椿屋 at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
2009年11月18日

ミソキョー、絶賛発売中☆

いつもそのお仕事ぶりの幅広さに感服を重ねている先輩ライター
高橋マキさんの著書「ミソジの京都」をやっと拝読。

京都について知りたいこと(知欲)
京都で買いたいもの(物欲)
京都だからこそ食べたいもの(食欲)
京都で暮らすということ(飾欲・生活欲)

という4本柱(5章立て)で書かれた、ミソジーズのための京都本。
なんだかんだ言うても(言われてても)、やっぱ京都はええんよ。
という、京女であるマキさんからの愛に溢れた教えが詰まっています。
もっと知って、もっともっと好きになって、いっそずぶずぶとはまり込んで愛してね。
というメッセージでもあります。
それらは、マキさんの暮らしぶりの端々に当たり前のようにたゆたっている京都愛の証。

そこに暮らすひとの数だけ京都は違った顔を持っているな、と。
先日読破した小雁師匠の著書とあわせて、改めて。

前書きの冒頭に、
「生まれ育ちは京都と大阪、大学時代は神戸暮らし、社会人になって再び京都に舞い戻るという“関西三都物語”な人生」とあって、
「生まれ育ちは神戸、大学時代は大阪暮らし、社会人になるのに京都を選んだ“関西三都物語”な人生」のワタシは妙な共感を抱きつつ、
探せばけっこうおるんやろな〜、ご同類。と思ったのでした。


ミソキョー.jpg
Amazon.co.jp

「ミソジの京都 知る・買う・食べる・暮らす」
高橋マキ著(光村推古書院刊)
ISBN978-4-8381-0415-4

posted by しがない物書き椿屋 at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
2009年11月06日

『世界報道写真展2009』

今年度から週一大学に行きだして、はじめてチャリできた。
けっこうな距離に途中でチャリをかついでバスに乗りたくなったが
着いてみれば、バスよりも早かった。


image.jpg

ところで。
現在、開催中の写真展。
前から気になっていたら、教職員用の招待券が連絡ボックスの中に!
たまにあります、こういう特典。


以下、フライヤーより。

今あなたが息をしているこの瞬間、世界には数え切れないほどの生があり、死があり、愛があり、憎しみがあり、喜びがあり、悲しみがあります。そしてその瞬間を一つでも多く切り取ろうと、シャッターを押し続ける報道写真家たちがいます。今年も世界124カ国、5508人のカメラマンから、96268点もの作品が世界報道写真財団に寄せられました。その中から選らばれた約200点の作品から、世界の今が見えてきます。まだ知らない隣人たちの存在、思いから、どうか目をそらさないでください。


『世界報道写真展2009』
期間:〜2009年11月29日(日) ※11/4、9、16、24は休館日
時間:9:30〜16:30(入館〜16:00)
料金:大人500円、中・高生300円、小学生200円
会場:立命館大学 衣笠キャンパス 国際平和ミュージアム中野記念ホール
場所:京都市北区等持院北町56-1
TEL:075-465-8151

posted by しがない物書き椿屋 at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ